北辰不動産株式会社の口コミ・評判情報

年金問題など、将来の不安の大きな今の時代、老後に備えて資産形成を始める人が増えています。不動産投資は、少ない労力で安定した収入も見込めることから、幅広い年齢層から注目されています。

中でもワンルームマンション投資は、低予算から始めることができるため、ローン審査の通りやすい会社員を中心に人気が高まっています。最近では、物件の開発から賃貸管理までをワンストップで行っている会社も増えており、本業が忙しい会社員でも賃貸経営を行うことができる環境があることも、投資人口増加に拍車をかけているようです。ただし、闇雲に不動産会社を選ぶのは危険。まかせて大丈夫かどうか、事前にしっかり調べておく必要があります。

この記事では、自社ブランドマンション開発から不動産コンサルティングなどを行う「北辰不動産株式会社」について見ていきたいと思います。事業や物件の特徴などから、選ぶべき会社かどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

北辰不動産株式会社の会社概要

北辰不動産株式会社は、東京に本社を置く会社です。昭和39年の創立以来、銀座をはじめとした繁華街の商業ビル等を中心にビル賃貸事業をメインとして不動産事業を展開してきました。

最近では、グループ関連会社を含めて事業を拡大しており、投資用賃貸マンション開発から中古ビル再生事業、宿泊事業まで幅広く手がけている老舗企業です。

会社名

北辰不動産株式会社

設立

昭和39922

資本金

220,000,000

所在地

東京都港区西麻布3丁目21

代表者

富田 正樹

事業内容

商業事務所ビル・マンション賃貸、宅地建物取引業

所属団体

記載なし

免許番号

宅地建物取引業者/東京都知事(15)第6864
第二種金融商品取引業/関東財務局長(金商)第1496

E-mail

記載なし

電話番号

記載なし

取引金融機関

三井住友銀行/みずほ銀行/あおぞら銀行/三菱UFJ銀行/日本政策金融公庫/東京シティ信用金庫/オリックス銀行/東京スター銀行/きらぼし銀行/三井住友信託銀行/朝日信用金庫/静岡銀行/りそな銀行/関西みらい銀行/香川銀行

会社HP

https://www.hokushinfudosan.co.jp/index.html

関連会社

(株)アドバンス・シティ・プランニング(略称「ACP」)

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められるということです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

北辰不動産株式会社の特徴

北辰不動産株式会社のマンションブランド

北辰不動産株式会社では、コンパクトで快適な都市型一棟RCマンションの2つのブランド「COCOCUBE」「COCOFLAT」シリーズの開発・販売を行っています。コンパクトな立地に耐震・防音・耐火性に優れた鉄筋コンクリート(RC)造を採用しています。

いずれも都心部まで30分以内にアクセスが可能な好立地が特徴的で、最寄り駅徒歩10分以内にこだわって開発されています。

自社開発マンション一覧

  • COCOCUBE川崎
  • COCOCUBE井草
  • COCOFLAT西荻窪
  • COCOCUBE西蒲田
  • COCOCUBE大泉学園
  • COCOCUBE北千住
  • COCOCUBE西日暮里
  • COCOCUBE東日暮里Ⅱ
  • COCOCUBE新御徒町West/East
  • COCOCUBE江古田South
  • COCOFLAT沼袋
  • COCOCUBE日暮里
  • COCOFLAT小竹向原
  • COCOFLAT阿佐ヶ谷
  • COCOFLAT阿佐ヶ谷
  • COCOFLAT大山
  • COCOFLAT北千住North
  • COCOFLAT北千住South
  • COCOCUBE大森山王
  • COCOCUBE江古田
  • COCOCUBE馬込
  • COCOCUBE大山
  • COCOCUBE門前仲町
  • COCOCUBE江古田North
  • COCOFLAT中村橋
  • COCOCUBE大森
  • COCOCUBE滝野川Ⅱ
  • COCOCUBE平和島
  • COCOFLAT東中野Ⅱ
  • COCOFLAT笹塚Ⅲ
  • COCOCUBE東日暮里
  • COCOFLAT池袋Ⅱ
  • COCOCUBE矢口渡
  • COCOFLAT田端Ⅲ
  • COCOFLAT幡ヶ谷
  • COCOCUBE日暮里公園
  • COCOFLAT田端Ⅱ
  • COCOFLAT田端Ⅰ
  • COCOFLAT大島
  • COCOFLAT武蔵関
  • COCOCUBE稲荷町
  • COCOCUBE蒲田Ⅱ
  • COCOFLAT戸越銀座
  • COCOFLAT笹塚Ⅱ
  • COCOFLAT下北沢
  • COCOFLAT池袋
  • COCOCUBE二葉
  • COCOFLAT三軒茶屋
  • COCOCUBE滝野川
  • COCOFLAT新江古田
  • COCOFLAT板橋
  • COCOFLAT東中野
  • COCOCUBE蒲田
  • COCOFLAT王子
  • COCOFLAT蒲田
  • COCOCUBE池上
  • COCOFLAT笹塚
  • COCOCUBE下丸子
  • COCOCUBE赤羽

主要対応エリア

北辰不動産株式会社の物件は、主に東京都心部を中心に展開されています。他にも、札幌、福岡などにも展開しており、今後は全国の中心エリアへの進出も視野に入れているようです。

自社ブランドマンションシリーズに関しては、東京23区・神奈川エリアなどの首都圏人気エリアを中心に開発されており、利便性の高い地域の立地が目立ちます。

グループ全体で様々な事業展開を進める

北辰不動産株式会社は、建築用地の仕入れから設計監理、竣工後の賃貸付けや建物の維持管理までグループ内で実施できる不動産ディベロッパーとしての総合力をアピールしている会社です。物件購入後の賃貸管理、物件のメンテナンス、資産運用のためのコンサルティングまで、自社一貫してサポートしてくれることは投資家側にとっては安心材料と言えます。

昭和39年から続く老舗企業であることから、実績やノウハウの豊富さも強みとしています。最近では宿泊事業ブランドの立ち上げ、中古物件にリノベーションやコンバージョンを施す再生事業などにも力を入れています。

情報発信にも注力

北辰不動産株式会社では、無料のメールマガジンの発行のほか、不動産投資など役立つテーマを発信するブログ「C+ONE」を運営しています。リアルタイムに返信してくれるチャット機能もあり、記事を読んで気になることがある場合は回答をもらうこともできるようです。

東京を中心としたエリアで 不動産投資を検討している人向けのポータルサイト「COCO ASSET i」も運営し、投資に役立つ時事情報の他にも、販売中の収益一棟RCマンション情報などの情報を掲載しています。メルマガ、ブログなど様々な媒体で情報発信を行なっており、不動産関連情報や知識の入手における参考サイトとしてみておくのも良いかもしれません。

会員制度での手厚いサポート

北辰不動産株式会社では、50年を超える経営実績、グループ全体での多様なノウハウを活かし、不動産投資やビルマネジメントを高いレベルでサポートする会員制度を用意しています。会員になると、収益物件情報や自社ブランドシリーズマンションの先行公開物件情報などが入手できるようになります。

希望に合う物件を個別に提案してもらえるため、「不動産投資を始めたいけど、どの物件が良いか悩む」という人にとっては、投資を始める上での時間短縮にも繋げられそうです。限定の情報入手や特典を受けられるプレミアム会員制度もあり、会員への手厚いサポートをウリにしているようです。

管理事業について

北辰不動産株式会社のH P上では、管理業務についての詳細は記載がありませんが、グループ会社である「株式会社アドバンス・シティ・プランニング」にて不動産物件の一般的な管理事業を行っています。

・入居者募集
・入居者審査
・賃貸契約書作成
・賃貸契約締結
・入居者管理
・クレーム処理
・建物管理
・家賃集金業務
・滞納催促
・家賃滞納保証
・入居立ち会い
・退去後の修繕手配

一般的な賃貸管理では上記業務の代行をしてくれる会社が多く、オーナーが行うべき管理業務を一任することができます。本業で忙しい人でも安心して賃貸経営を行える仕組みですが、北辰不動産株式会社がどのような管理業務を行っているのかは、直接問い合わせてみると良いでしょう。

サブリース契約は注意が必要

近年、サブリースありきのワンルーム不動産投資の営業が非常に多いです。

不動産会社がオーナーの所有する不動産を一括して借り上げ、一戸単位で入居希望者に貸し出す契約を「サブリース」といいます。オーナーに代わって入居者管理など賃貸経営に関する業務を不動産会社が行ってくれるほか、空室があっても一定の賃料を支払う家賃保証もあります。

オーナーにとってはありがたい契約に見えるサブリースですが、実際にはさまざまな問題点もあります。近年ではサブリース契約をめぐったトラブルが急増しており、マスコミに取り上げられることもあります。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

トラブルに発展したケースでは、内容を把握しないままに契約してしまったり、契約内容を勘違いしてしまったり、オーナーに原因があるパターンもあります。契約する前に必ず内容を理解しておくことが大切です。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておきましょう。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

セミナー情報については、ホームページ上には記載がありません。北辰不動産株式会社では無料のメールマガジンやブログ、不動産投資ポータルサイトなどで情報発信を行なっています。今後セミナー情報なども発信されるかもしれませんので、定期的にチェックしてみると良いかもしれません。

北辰不動産株式会社のまとめ

北辰不動産株式会社は、業界で50年以上続く老舗企業として、豊富な実績、ノウハウを武器に関連グループ会社とともに事業展開を拡大しています。自社ブランドマンションシリーズでは、経験、実績を活かし、収益性の高さや安定性をウリにしています。

不動産投資では最終的にどんな物件を購入するかが重要です。ノウハウや実績が豊富でも、任せきりではいけません。価値ある物件に投資するためにも、自分自身で判断できるレベルの知識をしっかりと身につけるようにしましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。