プロフィール

名前:
年齢:40代(独身※過去に結婚経験はアリ)
出身:親が転勤族だったため地元が存在しない
大学:京都の国立大学(工学部)
職業:インフラ系のサラリーマン
保有資産:約2.6億円
年間不労所得金額:不動産投資だけで年収の2倍弱

海外で生まれたためミドルネームが外国人みたいになっていますが、普通の日本人です。

このブログでは不動産投資を中心に書いています。

特に負けない堅実な不動産投資について書いています。

読んでくれた人にお役に立てば幸いです。

管理人の投資スタンス

堅実に資産を増やす方法が好きです。
株なども行いますがあくまでも余剰金の範囲です。
ギャンブルのような投資は苦手です。

基本は鉄板の都心部の不動産投資と堅い投資信託で資産を着実に作りながら、遊び程度で株などの金融商品の投資を行います。
遊び程度でしたがいつの間にか1億円近くの金融になっていました(驚)!!
最近は現物資産にも投資しています。

不動産は基本的にサラリーマン属性を使い融資を活用します。給与や不動産投資から得られたキャッシュフローで投資信託をドルコスト平均法を活用し、毎月一定額を積み立て続けます。

堅実に投資を続けた結果、2024年3月現在で2.6億円以上の資産を作ることができました(投資信託などは時価総額、不動産は現在売却したときの利益で計算:税引前)。

不動産を中心としているため、多少金融商品でリスクを抱えてもリカバリーが可能です。
リカバリーができるため全力で投資することができます。

不動産投資に対するモットーは『売却益を得られてこその不動産投資』です。
ワンルームマンションであろうが、ファミリーだろうが、一棟アパートであろうが!売り抜いて売却益を得ないことには意味がありません。

・節税
・老後年金
・生命保険代わり

否!!不動産投資は不動産で儲けてこそです!

不動産投資との出会い

不動産投資との出会いは私の高校時代の友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけです。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

いいようにとは簡単に言うと不動産業者に半分騙されて買わされたことです。

そのときの私には知識や経験不足から友人を救うことができませんでした。

救うことができなかった私は、徹底的に不動産投資の仕組み、販売する不動産会社、管理体制の仕組みの追求に時間を費やしました。
元々理系の院卒で研究畑出身ですので真理を追求することは好きなのです。
150社以上の業者を回りました。

真理が分かれば友人がいいようにされることはなかったはずです。

真理追求のための行動しました。
そして負けない不動産投資を追求するために自ら物件を購入し、オーナーとなりました。
管理会社の仕組みを経験するために管理会社なしの自主管理物件も経験しました。
売却から管理会社変更など様々な経験を積みました。

正直な話、負けない不動産投資はありました。

業者巡りや管理体制の追求が必要ではなく、良い物件・業者と巡り合うことができれば不動産投資は成功するという結論に至ったのです。

その間に買わなくても良かった物件を購入し、赤字で売却もしました。

しかし、成功する不動産とも出会いました。
この不動産(ワンルームマンション)は実はすでに売却しましたが、株で失敗した赤字を相殺どころか大幅に超える黒字を出してくれました。

成功する不動産投資は理解しましたので現在は順調に増やしています。

投資信託との出会い

大学のゼミの教授が株や投資信託投資をしており、当時で数千万円の利益があると飲み会のたびにドヤっていたのがきっかけです。
そんなにお金が増えるの?と半信半疑でしたが、証券口座を作りました。

この当時は少し買ってみたものの、すぐに増えることもなく微妙だったので辞めてしまいました。

その後もボーナスなどまとまったお金が入ると、ついつい株や他の金融商品を買った経験もあるのですが、、、
リーマンショックで一気に半分の価値になったり、そもそもほぼ紙切れになった経験も、、、
不動産同様に勉強しましたが、不動産業界のような業者と投資家との情報格差を見つけることはできませんでした。

それに比べてリーマンショックを経験しても投資信託は手堅く推移していました。

この株で損した経験から2010年に本格的に投資信託に鞍替えしました。
自分にはコツコツ型の投資信託が向いていたわけです。

管理人の投資の歴史

・2005年:株式投資開始
・2009年:リーマンショックの影響で株価が大暴落
・2010年:投資信託開始
・2012年:区分マンション投資開始 3戸購入
・2013年:区分マンション 2戸購入
・2014年:一棟 2棟購入
・2015年:一棟 4棟購入
・2016年:区分マンション 2戸購入
・2019年:区分マンション 1戸購入
・2020年:ファミリーマンション 1戸購入 区分マンション 1戸売却
・2021年:区分マンション 4戸購入 一棟 3棟売却
・2022年:ファミリーマンション 1戸購入 一棟 1棟購入 区分マンション 1戸売却
・2023年:区分マンション 1戸購入

現在の投資先(詳細はLINE友達限定ページに記載)

不動産


・区分マンション:11戸
・ファミリーマンション(DINKS物件含む):2戸
・一棟アパート:4棟

・区分1:桜木町20平米
・区分2:川崎20平米→売却(売却益750万円
・区分3:東日本橋22平米
・区分4:栄町24平米
・区分5:心斎橋25平米
・区分6:笹塚20平米
・区分7:白金高輪24平米→売却売却益480万円
・区分8:博多20平米
・区分9:塚本20平米
・区分10:三ノ宮24平米
・区分11:鶴舞20平米
・区分12:天神18平米
・区分13:新大阪25平米
・ファミリー1:西川口60平米
・ファミリー2:高槻58平米
・一棟1:藤が丘9戸
・一棟2:新神戸8戸→売却(売却益-220万円
・一棟3:横須賀6戸→売却(売却益400万円
・一棟4:高崎7戸→売却(売却益±0円
・一棟5:金沢文庫7戸
・一棟6:蘇我8戸
・一棟7:札幌10戸

 

区分マンションの売却したときの記事はコチラ↓です。
区分マンションの売却益が480万円でした!実質は600万円以上の利益!

金融商品

投資信託

■投資信託A:インデックス系
・2010年7月から毎月5万円積立開始
・2010年7月に300万円購入
・2013年7月に100万円購入、現在の購入口数は819万口
出資総額は2024年5月時点で1,230万円
基準価格は64,719円なので約5,300万円。利益は約4,000万円

推移は↓グラフ。

■投資信託B:外国株系
・2010年1月から毎月5万円積立開始
・2010年1月に200万円購入現在の購入口数は890万口
出資総額は2024年5月時点で1,060万円
基準価格は43,055円なので約3,800万円。利益は約2,700万円

推移は↓グラフ。

■投資信託C:日本株系
・2010年7月から毎月5万円積立開始
・2010年7月に300万円購入
・2016年7月に200万円購入現在の購入口数は887万口
出資総額は2024年5月時点で1,320万円
基準価格は39,299円なので3,400万円。利益は約2,100万円

推移は↓グラフ。

A~Cの具体的な名称はLINE友達限定ページで記載しています。

株式・その他

他にも株や変額保険などに出資しています。

クラウドファンディングやソーシャルレンディング、ベンチャーキャピタルもしましたがうまく行きませんでした。

現物資産


■金(ゴールド)
ボーナスが出た際にデパートでオリンピックの記念メダルなどを購入しています。
デパートで黄金展などたまに開催していますよね。

実はこの金のメダル購入実績が腕時計にも響いて来るのですが、書くと長くなるのと規制が入りそうなので詳細が聞きたい人は連絡ください。

■腕時計
ロレックスやグランドセイコーなどの資産性が高いものを保有しています。
正規店での購入のみで取り組んでいます。
販売店との付き合い方(←ここがキーポイント)が重要です。

メッセージ

不動産投資はきちんと向き合えば必ず投資で成功します。

手前味噌ですが、2015年に不動産によるキャッシュフローだけで自分の給与収入を越えることができました。
不動産投資を開始して5年での達成です。
現在はサラリーマンの給与所得の2倍弱にまで年間キャッシュフローは増えてきました。
最近は普遍的なキャッシュフローに興味があるため、そのための不動産に資産の入れ替えも行っています。

と偉そうなことを言いましたが、私もまだまだ発展途上の人間です。
投資に関してももっともっと成果を出していきます。

『売却益を得られてこその不動産投資』

・物件を買うなら、優良な物件を扱っている
・保有しているなら物件の成長を促してくれる
・売却するならコチラ目線に立ってくれる

一緒に優良物件を見つけ、物件を育てながら売却タイミングを見計らってく業者との出会いが成功の鍵になっていきます。

堅実な投資しか私は興味がありませんが、私の経験や知識がお役に立てるのであれば幸いです。

ブログでは発信内容に制限が多いため、ブログで書けない話や裏情報は公式ラインから発信します。

→ライン登録はコチラから!

よくある質問(FAQ)

私の活動に関する質問についてまとめています。

当サイトへのよくある質問