株式会社ボルテックスの口コミ・評判情報

将来もらえる年金、退職金の金額は減少傾向にある今、資産形成の注目が高まっています。自分の力で将来の蓄えを準備しようと、投資を始める人も増えていますが、中でも不動産投資に興味を持つ人が増えています。

不動産投資といえば「ハードルが高い」「管理や運用が難しい」といったイメージがありましが、最近では専門知識を持ったコンサルタントのアドバイスを受けたり、物件購入後の賃貸管理を代行してくれる会社も増えているのでハードルはかなり低くなりました。

とはいえ、会社選びは重要なので、どんな会社なのか、どんなサービスがあるのかはしっかりと見ておく必要があります。

この記事では「区分所有オフィス」を中心に資産形成コンサルティングなどを行う「株式会社ボルテックス」について見ていきたいと思います。どんな会社なのか、投資を検討する価値のある物件を扱っているのか、細かくみていきたいと思います。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社ボルテックスの会社概要

東京都千代田区に本社を構え、北は北海道から南は九州まで、全国各所に支店を展開しています。東京都心の商業地に中規模なオフィスビルを建て、フロアごと・部屋ごとに分譲する形で事業展開を進めています。

物件の取得から不動産戦略の立案、資金調達、プロパティマネジメント、出口戦略までを自社ワンストップで行なっている不動産総合ディベロッパーです。区分所有オフィスに最適化したアセットマネジメントをワンストップで行っています。
※「区分所有オフィス」は株式会社ボルテックスの登録商標です。

会社名

株式会社ボルテックス

設立

1999413

資本金

140,848,000円(2021331日現在)

所在地

102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム22

代表者

代表取締役社長 兼 CEO 宮沢 文彦

事業内容

収益不動産を核とした資産形成コンサルティング
収益不動産の組成、売買および仲介、賃貸、管理
マンション管理適正化法に基づく管理業務
損害保険の代理業

所属団体

公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会
公益社団法人 北海道宅地建物取引業協会
公益社団法人 宮城県宅地建物取引業協会
公益社団法人 新潟県宅地建物取引業協会
公益社団法人 石川県宅地建物取引業協会
公益社団法人 愛知県宅地建物取引業協会
公益社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
公益社団法人 広島県宅地建物取引業協会
公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会
公益社団法人 鹿児島県宅地建物取引業協会
一般社団法人 全国賃貸不動産管理業協会
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 不動産証券化協会(準会員)
一般社団法人 東京ビルヂング協会
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
一般社団法人 不動産特定共同事業者協議会

免許番号

宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8509
マンション管理業 国土交通大臣(2)第034052
一般不動産投資顧問業 一般-第1205
不動産特定共同事業 金融庁長官・国土交通大臣第101
金融商品取引業者登録【第二種金融商品取引業】 関東財務局長(金商)第2952
一級建築士事務所[東京都知事登録]64061
有料職業紹介事業 13-ユ-313532
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(01)第001696

E-mail

記載なし

電話番号

03-6893-5550

取引金融機関

あおぞら銀行
朝日信用金庫
足利銀行
SBJ銀行
NECキャピタルソリューション
愛媛銀行
大垣共立銀行
オリックス銀行
香川銀行
関西みらい銀行
きらぼし銀行
クレディ・スイス銀行
群馬銀行
京葉銀行
高知銀行
西京信用金庫
佐賀銀行
滋賀銀行
四国銀行
芝信用金庫
十六銀行
商工組合中央金庫
城南信用金庫
城北信用金庫
常陽銀行
西武信用金庫
大光銀行
第三銀行
第四銀行
千葉銀行
東京シティ信用金庫
東京スター銀行
東邦銀行
東和銀行
徳島大正銀行
栃木銀行
鳥取銀行
富山第一銀行
西日本シティ銀行
日本政策金融公庫
農中信託銀行
八十二銀行
東日本銀行
百十四銀行
広島銀行
福岡銀行
福邦銀行
芙蓉総合リース
北越銀行
北陸銀行
北國銀行
三重銀行
みずほ銀行
みずほ信託銀行
三井住友銀行
三井住友ファイナンス&リース
三菱UFJ銀行
三菱UFJ信託銀行
みなと銀行
武蔵野銀行
山口銀行
山梨中央銀行
横浜銀行
リコーリース
りそな銀行

会社HP

https://www.vortex-net.com/

関連会社

VRサポート株式会社
株式会社ボルテックス投資顧問
株式会社ボルテックスデジタル
ボルテックス合人社建物管理株式会社
Vortex North America, Inc.

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められるということです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社ボルテックスの特徴

株式会社ボルテックスのマンションブランド

株式会社ボルテックスは、物件を一棟で仕入れ、区分化した後、区分所有オフィス「VORT」というブランドシリーズとして販売を行なっています。一棟仕入をすることで、バリューアップ工事、区分化、管理組合の組成や遵法性の確保、長期修繕計画の策定や省エネ化すべてを自社グループ内で行えることを強みとしています。

自社取扱オフィスビル一覧

  • VORT秋葉原
  • VORT渋谷神泉
  • VORT麻布十番
  • VORT白金台
  • VORT外苑前I
  • VORT恵比寿Dual’s

主要対応エリア

東京都心の商業地を中心に物件展開を行なっています。都内中心部の商業地で中規模なオフィスビルを仕入れ、自社ブランド「VORT」シリーズとして売り出しています。実際に物件の所在地を見てみると、千代田区、港区、渋谷区などといった、オフィスが集中する地域が多く見受けられます。

不動産を小口化、ハードルを下げて提供

株式会社ボルテックスでは、都心商業地の中規模オフィスビルを1フロアごとに小口化して販売を行なっています。そこからさらに小口化した、複数のオーナーでオフィスを共有する「Vシェア」という商品の提供も行なっています。

個人単位では購入することが難しい都心の商業地にある中規模オフィスビルを、共有持分として500万円から所有することができるサービスです。

管理や運営は株式会社ボルテックスが行うため

  • オフィスビルを持ちたいけど資金が足りない
  • 管理や運営に費やせる時間がない
  • いきなりオフィスビルを一棟購入するのは不安

といった人でも少ない資金でオフィスビルに投資することができます。

動画・コラムなどで情報発信

株式会社ボルテックスは不動産投資初心者に必要な知識を動画、コラム、WEBマガジンなどで発信しています。動画では「収益不動産を検討する際に持つべき視点」「不動産のリスク」といった、不動産投資に必要な基礎知識が学べる内容が多くあります。

コラムでは不動産投資の細かな知識も詳しく解説されており、これから不動産投資を始める人にとっては役立つ情報が多く掲載されています。WEBマガジンはサイト上にバックナンバーが用意されているので、不動産投資の知識を身につける上で参考にしてみると良いかもしれません。

スポンサー活動も積極的

株式会社ボルテックスでは、有名俳優を起用したCMの配信を行なっており、他にも女子プロゴルファーのスポンサー活動にも力を入れています。著名人を会社の「顔」として起用するには、多額な資金が必要になりますが、会社の信頼性、イメージアップにも繋がる活動にも積極的な印象です。

「売上高」「経常利益」「保有物件金額」「純資産」「総資産」といった、会社の財務・実績情報のほか、企業としての行動計画などは、全てH P上で確認することができます。不動産投資のサポートを依頼して良い会社かどうかをか判断する材料になるので、必ずチェックするようにしましょう。

管理事業について

株式会社ボルテックスでは、オーナーの負担を軽減するため、不動産物件購入後の、賃貸管理・運営システムを導入しています。

  • 収支管理の報告
  • テナントに対する機能的な管理業務
  • 各種クレームへの迅速・真摯な対応
  • 賃料の値上げ交渉
  • 管理組合へのバリューアップ等の提案

などの管理業務の代行が可能なことなどが、ホームページ上に記載されています。グループ会社である「VRサポート株式会社」では家賃保証サービスをも提供しています。

物件オーナーにとってわずらわしい雑務、管理業務を代行してくれるので、効率的に賃貸経営ができるようになるのは大きな魅力です。詳しい管理業務や保証内容が知りたい人は、直接問い合わせてみることをお勧めします。

サブリース契約は注意が必要

近年、ワンルームマンションの提案はサブリース契約ありきと言っていいほど、サブリース契約をお勧めされます。

「サブリース」とは、不動産会社がオーナー所有の不動産を一括借り上げし、転貸する契約を指します。入居状況にかかわらず、事前に取り決めた賃料を保証してくれるほか、賃貸経営業務を代行してくれます。本来オーナーが行わなければならない賃料の回収やクレーム処理なども、サブリース契約を結ぶことで代行しもらえるため、忙しい人には助かる仕組みといえます。

しかし、賃料が全額保証されるわけではなかったり、物件の管理状況や周辺の状況変化によっては賃料を下げざるを得なかったり、さまざまな問題点があります。近年ではサブリース契約を巡ったトラブルも増えています。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

オーナーが契約締結時に内容をきちんと把握していないことや、理解不足によってトラブルへと発展することも原因のひとつとされています。契約する前にしっかりと内容を確認し、把握しておくことが重要です。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておきましょう。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社ボルテックスでは、相続、資産運用などをテーマにしたセミナーを定期的に開催しています。いつでもどこでも気軽に参加できる動画セミナーも配信しているので、情報収集をしたい方は見ておくと良いかもしれません。

セミナーや動画の詳しい情報はホームページに記載があるので、興味のある人はチェックしてみると良いでしょう。

株式会社ボルテックスのまとめ

株式会社ボルテックスは、東京都心エリアの商業ビルを自社で仕入れ、区分オフィスとして販売しています。小口化することで区分所有オフィスへのハードルを下げる取り組みと行うなど、予算が少ない人でも気軽に不動産投資に取り組めるサービス提供も行なっています。

不動産投資を購入から運用までサポートしてくれる会社は増えていますが、どんな会社に任せるかはとても重要な問題です。物件、サービス内容などを比較検討しながら、価値ある物件に投資できるようになるための知識を身につけ、情報収集なども積極的に行いながら慎重に判断するようにしましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。