株式会社日本ヴェルテックの口コミ・評判情報

近年、老後の備えとして資産形成を考える人が増えており、その中でも会社員を中心に不動産投資を検討する人が増加しています。特にワンルームマンション投資は、少ない資金、労力で始められる点が魅力として注目が高まっています。

最近では、不動産物件の販売だけでなく、物件管理や資産運用までトータルでサポートしてくれる不動産会社も増えています。ただしどんな会社に任せるかは慎重に判断しなくてはなりません。

この記事では、投資用ワンルームマンション販売を行う「日本ヴェルテック」について見ていきたいと思います。会社や物件の特徴から、投資を検討する価値があるかどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社日本ヴェルテックの会社概要

大阪市北区に本社を置く株式会社日本ヴェルテックは、投資用ワンルームマンション販売を行う不動産会社です。大阪を中心に関西圏に自社ブランドシリーズを多数展開、近年は販売だけでなく、土地の仕入れ・仲介・賃貸管理に至るまで、不動産全般の業務を行っています。

自社ブランドシリーズは独自性の高いマンションシリーズとして知られ、自社ブランドシリーズの展開を中心に、不動産総合ディベロッパーとして事業拡大を進めています。

社名 株式会社日本ヴェルテック(NIHONVERTEXCO., LTD.)
設立 1996年10月14日
所在地 〒531-0072 大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー14階
TEL:06-6359-7800 FAX:06-6359-7811
入居者様・賃貸業者様専用 TEL:06-6359-7887
資本金 90,000,000円
代表者及び役員 代表取締役 平戸 隆利 専務取締役 相川 卓也
事業内容 不動産販売事業
不動産流通事業
不動産賃貸管理業
その他不動産に関するコンサルティング等
免許・登録 宅地建物取引業免許 大阪府知事(3)第55883号
賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第6204号
加盟団体 公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会
公益社団法人 近畿圏不動産流通機構
近畿中高層不動産協会
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会
顧問 高橋典明法律事務所 弁護士 高橋典明
重成法律事務所 弁護士 重成薫
弁護士法人 淀屋橋・山上合同 弁護士 鈴木勝博
税理士法人マネイジブレーン 代表税理士 小笠原博史
取引銀行 三菱UFJ銀行 中之島支店
三井住友銀行 天満橋支店
大阪信用金庫 上福島支店
永和信用金庫 うめきた支店
滋賀銀行 南郷支店
香川銀行 大阪北支店
徳島大正銀行 大阪中央営業部
東京スター銀行 大阪支店
SBJ銀行 大阪支店
提携金融機関
ジャックス
オリックス銀行
東京スター銀行
徳島大正銀行
香川銀行
みなと銀行
SBJ銀行
近畿産業信用組合
定休日 毎週日曜日、隔週土曜日

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められると言うことです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社日本ヴェルテックの特徴

株式会社日本ヴェルテックのマンションブランド

株式会社日本ヴェルテックでは、自社マンションブランドシリーズとして「アスヴェルシリーズ」を多数展開しています。

土地、品質、設計、ステイタスの4つのこだわりを持って展開されており、住む人への配慮だけでなく、投資家の資産形成を支えることを目的とした投資用マンションとして人気を集めています。

アスヴェルシリーズ

  • アスヴェル京都烏丸五条
  • アスヴェル京都堀川高辻
  • アスヴェル梅田W E S T
  • アスヴェル兵庫駅前
  • アスヴェル京都二条駅前Ⅱ
  • アスヴェル京都七条通
  • アスヴェル難波EAST
  • アスヴェルスクエア東大阪
  • アスヴェル京都東山五条
  • アスヴェル梅田北
  • アスヴェル京都西京極
  • アスヴェル京都二条駅前
  • アスヴェル京都外大前
  • アスヴェル東本町Ⅱ
  • アスヴェル京都御所前Ⅲ
  • アスヴェル東心斎橋ステーションフロント
  • アスヴェル心斎橋東Ⅱ
  • アスヴェル京都市役所前Ⅲ
  • アスヴェル京都西陣
  • アスヴェル京都東寺前
  • アスヴェル心斎橋東Ⅱ
  • アスヴェル京都御所前
  • アスヴェル江戸堀
  • アスヴェル京都四条
  • アスヴェル京都御所前Ⅱ
  • アスヴェルタワー大阪城WEST
  • アスヴェル京都河原町二条
  • アスヴェル京都四条烏丸
  • アスヴェル天満橋
  • アスヴェル京都市役所前
  • アスヴェル東本町
  • アスヴェル京都市役所前Ⅱ
  • アスヴェル京都三条通
  • アスヴェルみなと元町
  • アスヴェル神戸元町
  • アスヴェル大阪城WESTⅡ
  • アスヴェル神戸元町Ⅱ
  • アスヴェル京都東堀川
  • アスヴェル南森町
  • アスヴェル神戸元町海岸通
  • アスヴェル神戸駅前
  • アスヴェル京都西大路御池
  • ララプレイス三宮東アスヴェル
  • アスヴェル新北野モスト
  • アスヴェル京都西七条
  • アスヴェル新大阪South
  • アスヴェル阿波座BLUEEARTH
  • アスヴェル京都東寺前Ⅱ
  • アスヴェル京都壬生WEST
  • アスヴェル京都壬生EAST
  • アスヴェル大阪サウスキャナル

他にも、

  • エヴァシリーズ
  • LAVシリーズ

なども展開しています。

主要対応エリア

メインブランドのアスヴェルシリーズは、関西主要エリアに多数展開しています。大阪、京都、神戸などの関西の都市部に多く、主要ターミナル駅からもアクセスしやすい好立地に厳選しています。

中でも京都エリアには多数展開しており、エリアによって総戸数の多い物件・戸数の数ない小ぶりの物件など様々なタイプの物件を展開しているようです。

販売から管理までワンストップで運用

土地の仕入れから企画、設計、施工、販売から管理まで、不動産投資に関わる全ての業務を自社ワンストップで行っています。自社内ワンストップで行うことで、物件の販売のみならず、その後の運用管理までを一貫でサポートできることに強みを持っています。

ただし、不動産投資は物件を購入してからがスタートです。運用してしっかり利益が出るかどうかは、丁寧で計画的な運用管理が求められます。サービス内容を含めてしっかり精査する必要があります。

オーナーの声を多数掲載

日本ヴェルテックでは、マンションオーナーの生の声をHP上で多数公開しています。(https://vertex-j.com/voice/

職業、名前などは非公開ながら、購入の決め手や、購入後のサポートの生の声が掲載されているので、1つの事例として参考になる情報を入手することもできます。

実際に購入したオーナーの声はとても参考になりますが、あくまでも事例に過ぎません。お客様の声が多いからという理由だけで購入を決めるのは危険ですが、1つの事例としては参考になるので、どんな属性の人がどんな物件を購入したのか、情報収集先として活用するのが良いでしょう。

人それぞれ資産運用に求めるものは異なりますからね。あくまで参考程度にしましょう。

スポンサー、メディア活動も積極的

プロレスラーの長州力がイメージキャラクターをつとめ、H P上ではイメージキャラクターのイラストなども掲載されています。その他にも、ニュースやプロ野球中継のスポンサーを務めていたり、サッカーJリーグのセレッソ大阪のスポンサー、京都水族館のスポンサーを務めるなど、スポンサー活動も積極的です。

他にも立命館大学、ピンクリボン活動、献血サポーターなどの支援活動も行っており、C S R
活動にも力を入れている会社であるという印象があります。

管理事業について

株式会社日本ヴェルテックは、マンション運用に必要な管理業務の代行も行っています。「日本ヴェルテック安心サポートサイクル」と題した管理サービスでは、入居者募集・家賃の集金などのわずらわしい業務をサポートしてくれます。

ニーズに合わせた3つのプランがあるようで、主に以下の業務を代行してくれます。

【プラン内容】
・らくらくプラン
・フリープラン
・おまかせプラン

【主な業務】
・賃貸募集に必要な書類および広告作成
・入居者審査に関する手続き
・代理権による賃貸借契約
・滞納督促
・クレーム処理
・リフォーム手配
・トラブル対応

サブリース契約は注意が必要

近年物件の管理契約において、サブリース契約が非常に多く提案されている印象です。

「サブリース」とは、不動産管理会社がオーナー所有の物件を借り上げ、その管理会社が入居者と賃貸契約を直接結ぶ契約形式を指します。この契約により、オーナーは物件の管理・運営を一括してまかせることができるほか、空室でも一定の金額が毎月振り込まれる家賃保証により、空室リスクを回避できます。

しかし、一見便利に見えるサブリース契約ですが、さまざまな問題点があることで、近年トラブルが急増しています。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

契約内容の理解不足や認識のズレで後悔するオーナーも少なくありません。トラブル回避のためには、契約内容をしっかりと理解しておくことが重要です。

トラブルについては消費者庁も注意喚起をしています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社日本ヴェルテックでは、ワンルームマンションをテーマにした投資セミナーを定期的に開催しています。日程、詳細はHP上に掲載されています。

申し込みは電話、もしくはWEBからでもいけるようなので、興味ある方は日程を確認して参加してみると良いかもしれません。

株式会社日本ヴェルテックのまとめ

関西主要エリアを中心に自社ブランドマンションシリーズを多数展開する日本ヴェルテックは、面倒な賃貸管理までを自社一貫ワンストップで提供しています。実際のオーナーの声も多数掲載されていますので、そういった情報も収集しながら、どんな物件をどのように運用しているのかを見ていくと良いかもしれません。

賃貸管理を代行してくれる場合、大家側はとても楽になりますが、完全に任せきりは危険です。物件購入も、運用管理も、最終的には自分自身で判断できるような知識を身につけておくことが大切です。様々な角度から比較検討できるように、しっかりと情報収集などを行い慎重に判断していきましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。