株式会社TFDコーポレーションの不動産ってどうなの?口コミ評判は?

こんにちは!

今回は、「株式会社TFDコーポレーション」について取り上げます。

評判、口コミ、不動産管理(建物修繕管理、賃貸管理)、スタッフサービス、会社概要など詳しくまとめているので、不動産投資で失敗しないためにもぜひご覧ください!

当ブログの管理人
マイク

150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン投資家。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っている。

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

総合ディベロッパーのTFDコーポレーション

TFDコーポレーションは、数少ない土地開発から行う総合ディベロッパーの一社です。

総合ディベロッパーとは、土地仕入れから建物建設、販売、管理までを行っている会社のことですが、都内でも20社ほどしかないと言われています。

TFDコーポレーションの特徴は、何と言っても都内23区内という立地へのこだわりです。

しかも、建物・賃貸管理はともにTFDコーポレーションなので、購入から管理まで一貫して任せられます。

では、そんなTFDコーポレーションについて詳しく見ていきましょう!

TFDコーポレーション(ルーブルシリーズ)の会社概要

会社名株式会社TFDコーポレーション
代表取締役船間 隆行
設立1977年
資本金8000万円
免許番号034736
所在地東京都港区赤坂4丁目2番6号 住友不動産新赤坂ビル8階
TEL03-3582-2111
URLhttp://www.tfd-corp.co.jp/

1977年創業とかなり長い歴史があるので、売上規模も毎年安定しています。

バブル崩壊やリーマンショックなどの大不況を乗り越えて存続している会社です。

株式会社TFDコーポレーションの会社としての特徴は?

TFDコーポレーションは細く長く経営をしてきた印象です。また、あえて上場を狙っていないように思います。株式に頼らず内部留保で会社を運営できる黒字企業の典型例と言えそうです。

土地開発、購入、管理まで一元サポートが可能です。

TFDコーポレーション(ルーブル)の物件の特徴は?

TFDコーポレーションは、東京23区内に都市型の「ルーブルマンションシリーズ」を展開しています。

23区の中でも特に城南エリア(港区、品川区、目黒区、大田区)、城西エリア(新宿区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区)にこだわりを持っているようです。

現在までに以下のマンションを建設し、これまで15,000戸以上の販売実績があります。

  • ルーブル 早稲田
  • ルーブル 生駒
  • ルーブル 白金高輪
  • ルーブル 武蔵小杉
  • ルーブル 大森
  • ルーブル 中野坂上
  • ルーブル 学芸大学
  • ルーブル 練馬沼袋
  • ルーブル 東馬込
  • ルーブル 練馬
  • ルーブル 武蔵小山
  • ルーブル 東中野
  • ルーブル 池袋
  • ルーブル 泉岳寺

オートロックや宅配ボックスは標準装備されていて、熱感知器や地震の時に閉じ込められない設計の耐震ドアなど最新の設備を採用しています。

最近は都内でも一等地ではなくその付近や川崎などへも進出しています。

こういったTFDコーポレーションが選ぶような立地の物件も、昨今の不動産の値上がりの影響を受けています。物件の価格は投資対効果に直結するので、あまり高い物件は避けたいものですね。

株式会社TFDコーポレーションの管理・サポート体制はどうか?

TFDコーポレーションの独自システム「ASSTEM(アステム)」では、物件購入後の賃貸管理業務をサポートしています。

入居者募集から家賃の集金、部屋のメンテナンス・クレーム対応など煩雑な業務はすべて丸投げ可能です。オーナーの仕事と言えば、固定資産税の支払いと確定申告くらいですね。個人で確定申告を行う方が柔軟に対応できるのでむしろメリットは高いです。

また、不動産の企画開発、物件調査や近隣住民への説明などは、各分野の専門スタッフがサポートしています。

土地開発は周辺住民の反対を受けやすいのですが、地域の人の理解のもと建設されるので後々トラブルになりにくいので長期に渡って安心です。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

「サブリース」とは、簡単にいうと賃貸管理会社に物件を転貸する契約のことです。管理会社はオーナーから物件を一括借り上げすることで、入居者対応や賃貸管理の一切を行います。オーナーは賃貸管理を行う必要がなくなります。さらに、空室状態が続いても、毎月一定の金額が振り込まれる家賃保証も受けることができます。

一見ありがたい契約に見えるサブリースですが、問題点も多く存在し、最近ではトラブルになるケースも増えています。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

サブリース契約を結ぶ際は、しっかりと内容を確認するだけでなく、正しく認識することも大切です。後々トラブルに巻き込まれないようにするためにも、契約は慎重に行うようにしましょう。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておくことをおすすめします。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社TFDコーポレーションのセミナー情報については、ホームページ上では確認ができませんでした。過去にはセミナーを行っていたようで、SNSなどで告知も行っていたようです。

今後セミナーを行う可能性もあり得ますので、気になる人は定期的にホームページやSNSをチェックしてみると良いでしょう。

株式会社TFDコーポレーション(ルーブル)口コミ評判まとめ

株式会社TFDコーポレーションは、土地仕入れから建物建設、販売、管理までを行う総合ディベロッパーです。建物・賃貸管理はともにTFDコーポレーションなので、購入から管理まで一貫して任せられるし、歴史のある会社なので安心感があります。

もちろんそれだけで不動産投資が成功するわけではありません。投資に「絶対」や「100%」はありませんので、自分自身でたくさん情報を集め、正しい判断ができる知識をしっかりとつけていきましょう。

株式会社TFDコーポレーションの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法ないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?

などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたのワンルームマンション投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社TFDコーポレーションの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい

などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜマンション経営を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。ワンルームマンション投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。