株式会社シードの口コミ・評判情報

年金や貯蓄だけでは老後を豊かに過ごす上で不安の大きな今の時代、資産形成を行いながら老後に備える人が増加しています。中でも、働きながら資産形成ができる手段として、不動産を購入して運用する、不動産投資の人気が高まっています。

ただし、どんな物件を購入して、どのように運用するのかは、簡単なことではありません。知識を身につけながら、収益を得られるように正しく運用することが求められます。最近では物件購入から賃貸経営のサポートまで、ワンストップで任せられる会社も増えてきました。

そこでこの記事では、不動産投資に必要なことを幅広くサポートする「株式会社シード」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、不動産投資を始める上で検討すべき会社かどうか、自身のスタイルに合うかどうかを見極めていきましょう。

株式会社シードの会社概要

株式会社シードは2018年に設立された、まだまだ創業から若い不動産会社です。ビルマネジメントからリフォーム、不動産コンサルティングまで、不動産に関わることを幅広く事業展開しています。HPで「当社の事業はサブスクリプションです」と記載されていることから、管理事業などを中心に、コンサルティングなどの事業形態も新たな取り組みとしてチャレンジしていることが伺えます。

また、株式会社シードでは飲食店経営も事業の1つとして手掛けています。横浜市中央区にて飲食店『鎌倉CAMPERS』を運営しており、JR関内駅から徒歩5分ほどの好立地にあります。「犬連れO K」「都会でキャンプ料理が楽しめる」などのコンセプトを掲げ、Googleの口コミも好評の声が多く、地域密着型の飲食店として愛されているようです。

会社名

株式会社シード

設立

2018622

資本金

900万円(2018622日現在)

所在地

東京都港区芝公園三丁目623号 光輪会館 5

代表者

宮澤 直幸

事業内容

1  不動産の売買、賃貸およびコンサルティング
2  不動産管理およびビルメンテナンス業
3  建物、建築物設備、住宅設備などの清掃、維持管理に関する業務
4  建物の建築・増改築・リフォーム・建替の施工および請負
5  建物の調査、診断、改修工事の設計
6  広告代理業
7  損害保険代理業
8  食堂料理飲食、喫茶等のサービス業
9  各種食料品、調味料、嗜好品、飲料等の製造加工販売
10 玩具、雑貨、衣料品、日用雑貨等の販売
11 フランチャイズシステムによる飲食店の加盟店の募集および加盟店の経営指導
12 その他上記各号に付随する一切の業務

所属団体

社団法人不動産保証協会東京都本部

免許番号

東京都知事(1)第102596

電話番号

03-6435-7920

取引金融機関

オリックス銀行
きらぼし銀行
芝信用金庫
ジャックス
住信SBIネット銀行
東京シティ信用金庫
日本政策金融公庫
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
(50
音順)

会社HP

https://seed2.tokyo/

株式会社シードの特徴

株式会社シードのマンションブランド

株式会社シードでは、不動産の売買、仲介などがメイン事業となっているため、自社でのブランドマンション開発や販売などは行っていないようです。

仲介、売買の他にも、ビルマネジメント、リフォーム、コンサルティングなどを手がけているようで、横浜で飲食店の運営も行っています。

マイク
マイク
事業の多角化は企業の収益安定に必要な反面、新規事業がおもりになってしまうリスクもあります。
不動産会社とは購入後、管理面で長期的に付き合いになるため、このあたりがどうなのかは少し心配です。

主要対応エリア

明確な対応エリアなどは記載されていませんが、会社のある東京都内近郊、飲食店を経営している神奈川県横浜市近郊、この辺りが主要対応エリアだと予測できます。

これらの地域は賃貸ニーズの高い人気エリアで、不動産投資を始めやすい地域だと言えます。ただし、どんなエリアでも、収益が出る物件をしっかりと見極める必要があるのはいうまでもありません。

マイク
マイク
都内や神奈川など、東京圏は不動産投資のエリアとして間違いありません。一方、どの物件でもOKかというとそんなこともないので、しっかり物件を見極めましょう。

「チャレンジすること」を理念に掲げる会社

HPに掲載されている会社の理念に「チャレンジ」があります。社名の「シード」は、チャレンジこそが成功の萌芽だとなぞらえ名付けたようです。ビルマネジメント、リフォームなどを中心に、新事業としてコンサルティングにも力を入れて事業展開を行っています。

ビルという言葉が頻繁に出てくることから、区分マンションなどではなく、ビル全体のマネジメントや運用を手掛けたり、リフォームでアパート、マンションの価値を上げるなどして、仲介、売買事業を手掛けているようです。

潜在価値を引き出すコンサルティング

不動産の購入時の相談はもちろん、購入後の運用、管理におけるコンサルティングも行っているようです。運用の中では、税金、借入、相続など、専門性の高い悩みが出てきますので、その部分のサポートも含まれているでしょう。

知見、倫理観、実行力をテーマに、関わる人を幸せにするための不動産コンサルティングを手掛けています。不動産投資をゼロから始める人であれば、プロの意見を受けることも重要です。

マイク
マイク
税金周りについては注意が必要です。不動産投資で節税できるというトークもありますが、実際はさほど節税にならなかったり、増税になるケースもあります。気になる方はLINEいただければご説明しますよ。

多様な事業で人材募集も行う

株式会社シードでは、HP上にも掲載されている通り、人材募集を行っています。新卒採用に関しては2023年7月現在募集されていませんが、タイミングによっても変わってくるため、気になる方は定期的にチェックしてみることをお勧めします。

中途採用に関しては、リフォーム施工管理、職人、不動産コンサルティング営業、経理事務などの職種の募集が行われています。HPでは「多様性を重んじ、年齢、性別、国籍などに関係なく柔軟な採用」を行っていることが記載されています。アットホームな雰囲気の職場であることも書かれていますが、どんな人が働いているのか、どんな対応なのか、会社だけでなく担当レベルまでチェックすることも大切です。

管理事業について

株式会社シードのホームページでは、ビルマメジメントを行っていることも記載されています。ビルマネジメントの基本業務として、日常的な清掃や設備点検などを行っているようです。

  • 日常清掃
  • 定期清掃
  • 消防点検
  • 貯水槽点検清掃
  • エレベータ法定点検
  • 浄化槽清掃

これらの賃貸管理業務は、本業を持つ副業大家にとって大きな負担です。オーナー自身で行うのではなく、賃貸管理会社に代行してもらうようにすることで不動産投資を効率化できます。不動産会社を選ぶ際には、どんな賃貸管理サービスを提供しているのかも見ておくようにしましょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

「サブリース」とは、オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸するシステムです。サブリース契約を結ぶと、オーナーに代わり、不動産会社が入居者や物権の管理を行うことになります。また、空室状態が続いていても、オーナーには一定の賃料が毎月保証されます。一見便利な内容に感じる「サブリース契約」ですが、実際には問題点も多いため、契約には注意が必要です。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。近年では、サブリース契約を巡ったトラブルが増えています。提案を受けたら、まずはしっかりと内容を確認しましょう。リスクになる部分も把握することが大切です。全容を正しく理解し、納得したうえで契約することをおすすめします。サブリース契約は、上手に活用すれば、便利な仕組みです。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

株式会社シードの営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

ホームページ上では、セミナーに関する情報はありませんでした。会社によってはSNSで告知したり、他社共催でのセミナーを開催しているケースもあるので、幅広く情報収集を行うようにしましょう。

セミナー以外にも、個別相談などを行う会社もあるので、対応力を見極めたり、会社の雰囲気を調べたりしたい方は、個別に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

株式会社シードのまとめ

株式会社シードは2018年創業のまだまだ歴史の浅い不動産会社です。東京近郊を中心とした、売買や仲介、ビルマネジメント事業、リフォーム、コンサルティングなどを手掛けています。

最近では売買、仲介だけでなく、賃貸管理まで幅広くサポートしてくれる会社が増えているので、不動産投資会社選びでは、購入後の運用サポートまで見据えて探すようにしましょう。ただし、実際のサポート力は運用を任せてみて初めてわかることもあります。任せてから「やめておけばよかった」と後悔しないようにするためにも、事前の情報収集、実際の対応力を自らで見極めるなどして、価値ある物件選び、頼れる不動産会社探しを行うようにしましょう。「

株式会社シードの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社シードの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語