株式会社ラナップコーポレイションの口コミ・評判情報

国の年金制度に不安を感じ「老後のために自力で安定した収入源を確保しておく必要がある」と考える人が増えています。ワンルームマンション投資は、手持ちの資金が少なくても始めることができ、長期的な収入源や資産となりうるため注目されています。

近頃ではマンションの販売だけでなく、長期的な運用を含めたコンサルティングや物件管理も行ってくれる会社も増えています。そのため、これまで敷居が高いと思われていた不動産投資は、誰でも取り組める資産運用としてイメージが変わりつつあります。ただし不動産会社選びは慎重に行う必要があります。

この記事では関西圏で自社ブランドマンションを開発販売している「株式会社ラナップコーポレイション」について見ていきたいと思います。会社や扱う物件の特徴などから、不動産を運用するにあたって長期的にお付き合いできるかどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社ラナップコーポレイションの会社概要

株式会社ラナップコーポレイションは、大阪、神戸、京都エリアの投資用マンションを開発、販売、運用管理など不動産トータルサービスを提供している会社です。業務プロセスを「企画・提案」「販売活動」「フォローアップ」という3つのフィールドに分けたビジネスシステムで「真の不動産価値創造」を提案しています。

会社名

株式会社ラナップコーポレイション

設立

平成9106

資本金

5,000万円

所在地

大阪市北区堂島浜1丁目18号 堂島パークビル6

代表者

柳瀬 俊二

事業内容

分譲マンションの開発・分譲
分譲マンションの販売代理
不動産売買仲介・賃貸仲介
設計・施工
不動産に関する
企画コンサルティング・プロデュース

所属団体

公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会
公益社団法人 近畿圏不動産流通機構
公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会

免許番号

宅地建物取引業/国土交通大臣(5)第5887

E-mail

記載なし

電話番号

06-4799-7771

取引金融機関

三菱UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
関西みらい銀行

会社HP

https://www.runup-gr.com/

関連会社

株式会社ラナップ管理サービス

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められるということです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社ラナップコーポレイションの特徴

株式会社ラナップコーポレイションのマンションブランド

株式会社ラナップコーポレイションでは、大阪・神戸・京都を中心とした関西エリアでマンションを開発販売しています。

自社ブランドの「ラナップスクエアシリーズ」は、的確な市場ニーズと商品開発シーズの融合をコンセプトにした、都市部シングルを対象とした投資型マンションです。エリアの特性や需要予測などから立地選定や設計プランを構築し、資産性と上質な居住空間をセールスポイントとしています。

自社開発マンション一覧

  • ラナップスクエア難波南
  • ラナップスクエア南堀江
  • ラナップスクエア福島
  • ラナップスクエア福島2
  • ラナップスクエア新大阪
  • ラナップスクエア難波2
  • ラナップスクエア阿波座
  • ラナップスクエア大阪城西
  • ラナップスクエア南森町NEXT STAGE
  • ラナップスクエア東天満
  • ラナップスクエア中之島公園
  • ラナップスクエア四天王寺
  • ラナップスクエア同心2
  • ラナップスクエア東梅田
  • ラナップスクエア上本町
  • ラナップスクエア大手前
  • ラナップスクエア天満プライム
  • ラナップスクエア同心
  • ラナップスクエア難波
  • ラナップスクエア野田
  • ラナップスクエア北梅田シティ
  • ラナップスクエア南森町
  • ラナップスクエア新福島
  • ラナップスクエア湊川公園
  • ラナップスクエア神戸ハーバープライム
  • ラナップスクエア神戸県庁前
  • ラナップスクエア三宮プライム
  • ラナップスクエア京都西陣
  • ラナップスクエア京都駅西
  • ラナップスクエア京都鴨川
  • ラナップスクエア京都東山
  • ラナップスクエア京都北野

主要対応エリア

大阪・神戸・京都といった都心の賃貸需要のある関西エリアが主要対応エリアです。いずれのマンションも都市部まで好アクセスの立地となっており、会社員や学生などのシングル層への需要が高い資産性の見込める物件といえます。

専門性・効率化を実現する循環型ビジネスシステム

「システム発想で拓く新次元の不動産ビジネス」というテーマのもと、

・PLAN(企画・提案)
・SALES(販売活動)
・OPERATION(フォローアップ)

と、3つの柱となる業務を循環させる独自のシステムを採用しています。独自システムの採用により、それぞれの業務に専門性、効率化が期待できます。エリア特性や需要予測に則った立地選定、広告宣伝、入居率維持などを実現し、資産価値の高い不動産の提供を行っています。

経営の相談から保険のコンサルティングまで

不動産投資は物件を購入してからがスタートです。その点で、どのように管理、運用していくかは重要な問題となります。ラナップコーポレイションでは、マンション経営に関する質問や不安などの相談窓口を用意し、オーナーが安心してマンション経営を行うためのシステムを用意しています。

相続対策、節税対策などのコンサル、保険会社との提携による各種保険のコンサルティングサービスなど幅広いサポート体制が用意されています。不動産投資全般で相談をしたり、アドバイスをもらえるのは投資家にとって安心材料だと言えます。

ハード・ソフト、両面のサポート

日常的な点検や美化・清掃から綿密な長期修繕計画の立案や大規模修繕工事の実施など、充実した建物管理を行うことで賃貸管理の代行なども行っています。快適で美しいマンションとしての価値を長期的に実現することをウリにしています。

安定したマンション経営を行うため、オーナー業務を代行する賃貸管理システム「APT」を提供しています。「すべてを代行して欲しい」「一部分だけまかせたい」といった、オーナーの要望に応えるための4つのプランを用意しています。他にも、空室の有無にかかわらず、家賃を保証してくれるサービスもあるので、ハード、ソフト両面からのサポートが期待できます。

管理事業について

株式会社ラナップコーポレイションでは、賃貸管理をメインに行うグループ会社「株式会社ラナップ管理サービス」と連携し、次のような管理事業を行っています。

  • 入居者募集
  • 入居者審査
  • 賃貸契約書作成
  • 賃貸契約締結
  • 入居者管理
  • クレーム処理
  • 建物管理
  • 家賃集金業務
  • 滞納催促
  • 家賃滞納保証
  • 入居立ち会い
  • 退去後の修繕手配

株式会社ラナップコーポレイションでは、独自の管理プログラムを用意しています。選ぶプランによってはオーナー自身で対応しなければならないため、自身に合ったプランを事前にチェックしておきましょう。

 サブリース契約は注意が必要

近年、ワンルーム不動産投資ではサブリース契約がとても流行っています。

サブリース契約とは賃貸経営における空室リスクを回避する手段のひとつです。

物件の空室状態が続いても、事前に取り決めた賃料を毎月保証してくれるという契約です。不動産投資初心者にとっては、一見親切な契約に感じられるかもしれません。しかし、サブリース契約にはたくさんの問題点があり、近年トラブルは急増中です。

主なトラブルは、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

など、色々あります。

トラブルが多いということで、消費者庁も注意喚起しています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社ラナップコーポレイションのセミナー情報は現在HP上には記載されていません。

WEBサイトにはこれから公開を予定しているコンテンツもいくつかあるようです。定期的に訪れて、最新情報が更新されていないかチェックしてみると良いかもしれません。

株式会社ラナップコーポレイションのまとめ

株式会社ラナップコーポレイションは、大阪・神戸・京都といった関西の主要都市を中心に、多数の自社ブランドマンションを展開しています。専門的かつ効率的な独自のビジネスモデルを用い、需要性・資産性の高い物件を提供しているのが特徴です。

長期的な資産運用を考える人であれば、物件購入の選択肢の一つとして考えてみるのも良いかもしれませんが、投資は自己責任なので慎重に検討する必要があります。ワンルームマンション投資は少ない資金で将来に備えることができるため、人気が高まっていますが、知識がないと資産形成どころか赤字運用となってしまうこともあります。しっかりと情報収集をし、最低限の知識なども身につけるようにして慎重に判断しましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。