株式会社パートナーズの口コミ・評判情報

人生100年時代を迎える今、長い老後を豊かに過ごすためにも資産形成する重要性が高まっています。不動産投資は資産形成の手段の一つとして人気を集めており、中でもワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始められることから、幅広い年齢層から注目されています。

最近では物件選びから購入の手続き、購入後の賃貸管理などを一貫してサポートしてくれる不動産会社も増えています。不動産経営に関する面倒な業務を代行してくれるため、不動産投資初心者にはありがたい存在と言えるでしょう。ただし選ぶ会社を間違えてしまうとうまくいかず、赤字になってしまうことも考えられるので、慎重に判断することが求められます。

この記事では、東京エリア、中でも特に人気の高いエリアを中心に、中古ワンルームマンションを売買・仲介、不動産コンサルティングなどを行っている「株式会社パートナーズ」について見ていきたいと思います。会社や事業内容、扱う物件の特徴などから、選ぶべき会社なのかどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社パートナーズの会社概要

株式会社パートナーズは、東京都品川区に本社を置く、不動産トータルサポートを行う会社です。都内人気エリアの中古ワンルームマンションを中心に、売買・仲介、賃貸管理、不動産投資コンサルティングをメイン事業にしているようです。

一般的な不動産事業の他にも、セミナーやイベントの開催、オリジナルキャラクターグッズの企画・販売、クラウドファンディングなど、幅広く事業展開をしていることも特徴的です。

会社名

株式会社パートナーズ

設立

20119

資本金

1億円

所在地

141-0022
東京都品川区東五反田2-8-8 FLEZIO五反田 2F 4F 7F

代表者

吉村 拓

事業内容

不動産に関する売買・賃貸・仲介
不動産に関するコンサルティング
資産運用に関するコンサルティング
住宅ローンに関する相談
不動産賃貸管理
リノベーション
相続に関するコンサルティング
不動産特定共同事業
クラウドファンディング
不動産投資顧問業
セミナー・イベント等の企画及び開催
キャラクターグッズの企画、販売
Webサイトの企画、制作及び運用
インターネットを利用した情報提供サービス
事業継承コンサルタント

所属団体

全日本不動産政治連盟 東京都本部
社団法人 全日本不動産協会
社団法人 不動産保証協会
財団法人 住宅金融普及協会
社団法人 日本レジデンシャルプランナーズ協会

免許番号

宅地建物取引業 東京都知事(2)第93529
不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第126
賃貸管理業者登録 国土交通大臣(1)第3942
住宅宿泊管理業者登録 国土交通大臣(01)第F01666

E-mail

info@partners-re.co.jp

電話番号

03-5488-8770

取引金融機関

【主要取引銀行】
みずほ銀行 三井住友銀行 三菱UFJ銀行 りそな銀行
東日本銀行 城南信用金庫 日本政策金融公庫(順不同)

【提携金融機関】
ジャックス オリックス銀行 イオン住宅ローンサービス
東京スター銀行 SBJ銀行 各種地銀・信用金庫など多数

会社HP

https://www.partners-re.co.jp/

関連会社

株式会社ラピス

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められるということです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社パートナーズの特徴

株式会社パートナーズのマンションブランド

中古マンションを中心に扱っていることもあり、自社で開発しているマンションブランドはありません。主に都心9区(千代田、中央、港、渋谷、新宿、目黒、品川、文京、世田谷)といった人気エリアで、駅徒歩5分以内の中古ワンルームマンションを紹介しています。

その他のエリアに関しては、駅から徒歩1〜3分圏内の好立地に厳選していることも特徴的で、将来性のある優良物件を厳選して紹介しているようです。

主要対応エリア

東京都の中でも特に人気の高い、千代田、中央、港、渋谷、新宿、目黒、品川、文京、世田谷の9区を主要対応エリアとしています。これらの地域は、企業や学校が集中しており、将来性の高いエリアだと言えます。

また、主要ターミナル駅までのアクセスも良好で立地面でも魅力的です。将来にわたって高い需要が見込まれ、安定した家賃収入を得られるエリアに厳選して対応しているという特徴があります。

数多くのメディアで取り上げられている

株式会社パートナーズは、これまでに数々のメディアで取り上げられています。2018年には市場調査会社調べで、「物件満足度」「顧客満足度」「知人に紹介したい不動産投資会社」の3つの部門で第一位に選ばれています。知名度の高さは、不動産投資初心者には安心材料の1つと言えるかもしれません。

ただし、メディアに掲載されることやランキングの高評価イコール「優良企業」とは一概にはいえないこともあります。安心材料の1つとして、不動産会社選びの1つのバロメーターとして考えておくのが良いでしょうか。知名度もそうですが、どんなサービスを行っているのか、サポートの質はどうかという点も合わせてみておきましょう。

特に不動産投資は、最終的には物件の良し悪しが資産価値を左右します。かならず、複数社の物件を見比べた上で判断するようにしましょう。

クラウドファンディングなども積極的に利用

株式会社パートナーズは、WEBサイト上で不動産投資が行えるクラウドファンディング形式の事業展開も行っています。投資家から資金を集め、その資金を元に不動産を取得・運用するといった、他ではあまり耳にしない投資の仕組みです。投資家から集めた資金で不動産を取得、運用し、運用の中で得られた利益を投資家に配当として還元する仕組みになっています。

投資家は1万円から始められる気軽さがあり、不動産投資のハードルを極限まで下げたユニークな仕組みとして注目を集めています。他にも、自社オリジナルキャラクターを企画したり、グッズの販売やイベント開催したりと、ユニークな事業も積極的に展開している会社です。

環境保護活動にも注力

クール・ウォームビズ、節電、エコドライブ、グリーンカーテンなど、さまざまな取り組みを行う温暖化防止の国民運動「Fun to Share」に参加し、地球環境保護活動にも力を入れているようです。

一見、不動産投資と関係のない活動のようにも思えますが、環境を保護することは、居住地域を快適な街へと発展させることに繋がります。住みやすい環境づくりを行うことは、不動産事業においても重要なポイントであるといえ、環境保護活動に積極的に取り組んでいる会社であると言えます。

管理事業について

株式会社パートナーズでは、賃貸経営管理・賃貸管理・建物メンテナンスといったプロパティマネジメントも行っています。

賃貸管理業務では、オーナーに代わり、以下の業務の代行を行なっています。

  • 募集条件査定
  • 入居者募集・審査
  • 入居中修繕対応
  • 家賃管理
  • 契約更新業務
  • 解約、退去立会

賃貸管理代行では、本来ならオーナー自身が行わなければならない手間のかかる雑務をまかせることができます。遠方に住んでいる人や、本業を持っている人でも安心してマンション経営を行うことができます。

サブリース契約は注意が必要

近年、不動産投資ではサブリース契約が一般的になってきています。ただこの契約は一見リスクなく投資ができそうに見えて、実は落とし穴のある契約です。

サブリースとは、オーナーが所有するマンションを不動産会社が一括して借り上げて運営する仕組みです。オーナーは不動産会社に手数料を支払うことで、賃貸管理や家賃保証などのサービスを受けられます。これにより、空室状態が続いても家賃収入を得られるほか、入居者のクレーム対応も自身で行わずに済みます。

一見親切な内容に思えるサブリース契約ですが、家賃が全額保証されるわけではなかったり、さまざまな問題もあるので注意が必要です。

主な問題点は、

  • 家賃が一方的に下げられるリスクがある
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

など色々あります。このような問題点から、不動産会社とオーナー間でトラブルに発展するケースも急増しています。後悔しないためには、内容を事前にしっかりと理解し、納得してから契約しなければなりません。

トラブルが多いということで、消費者庁も注意喚起しています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社パートナーズでは、不動産投資や資産形成に関するセミナーを定期的に開催しています。オンライン・オフライン同時開催のセミナーもあるようなので、遠方に住んでいる人でも参加できます。気になる方は、ホームページの「セミナー」ページからチェックしてみると良いでしょう。

株式会社パートナーズセミナーページ

株式会社パートナーズのまとめ

株式会社パートナーズは、都内の人気エリアを中心に、将来にわたって需要が見込める物件を紹介しています。売買だけでなく、物件購入後の賃貸管理もサポートしてくれるので、不動産投資初心者も安心してマンション経営に取り組みやすい環境があるようです。

クラウドファンディングやオリジナルキャラクターの企画などのユニークな事業も展開しており、メディアにも多数掲載されるなど一定の知名度もある会社ですが、「有名企業だから」「クチコミで高評価だったから」などは企業の表面的な部分にすぎません。不動産を購入し、その後のサポートをまかせる会社として適切かどうかを総合的にみていきながら判断しましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。