OMパートナーズ株式会社の口コミ・評判情報

人生100年時代と呼ばれるようになり、本業を持ちながら副収入を得たいと考える人が増えています。早くから資産形成を考える人も多く、中でも不動産投資は毎月安定した収入が見込めることから、会社員の副業として人気を集めています。

20代、30代の若い世代でも、サラリーマン大家を目指す人が増えていますが、不動産投資にはさまざまな知識が必要です。闇雲に始めてしまうと、間違った物件を選んでしまったり、うまく運用ができなかったり、最悪の場合赤字経営になってしまうこともあり得ます。そんな中、最近では不動産投資をトータルサポートしてくれる不動産会社も増えてきました。どんな会社から、どんな物件を購入するかが、不動産投資の成否を左右します。

そこでこの記事では、主に収益不動産を中心に扱う不動産会社「OMパートナーズ株式会社」について見ていきたいと思います。会社概要や扱う物件特徴などから、どんな物件を扱っているか、サポートの質はどうかを見ていきたいと思います。

当ブログの管理人
マイク

150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン投資家。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っている。

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

OMパートナーズ株式会社の会社概要

OMパートナーズ株式会社は東京に本社、名古屋に支社を構え、不動産投資に特化したビジネスを展開している会社です。収益物件に特化しており「1棟収益物件」を自社で仕入れ、リフォーム後に自社ブランド名をつけて再販するビジネスモデルが特徴です。

年収600万円台の30代などの若年層から、年収1500万円以上の富裕層まで、不動産投資を幅広くサポートしています。代表の不動産投資経験で培ったノウハウをもとに、物件引き渡し後も安定した賃貸経営を進められるよう、不動産に関わることを広くサポートしています。

会社名

OMパートナーズ株式会社

設立

200681

資本金

代表取締役 三木 浩之

所在地

106-0031
東京都港区西麻布4丁目1130号 小針ビル5

代表者

3,500万円

事業内容

不動産の仲介、賃貸管理業務及び売買
不動産の証券化に関する業務
不動産投資顧問業
不動産の投資及び再生事業
賃貸建物の所有者に対する空室期間の家賃保証に関する業務
法人向け社宅代行サービス
賃貸住宅のサーブリース
マンスリー事業
不動産に関するコンサルティング業務
損害保険の代理業務及び生命保険の募集に係る業務
損害保険に関するコンサルティング業務
土木工事業
資産運用及び投資に関するコンサルティング業務
発電所の設置、運営及び発電.売電事業
書籍、印刷物の企画、編集、制作、印刷、出版業務
セミナー、講演会等の企画、立案、制作及び実施
前各号に附帯又は関連する一切の業務

所属団体

公益社団法人 全国建物取引業協会連合会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
東京都不動産政治連盟
公益財団法人 東日本不動産流通機構

免許番号

宅地建物取引業【東京都知事 第96262号】

E-mail

info@omp-s.co.jp

電話番号

03-5488-7737

取引金融機関

みずほ銀行
SMBC三井住友銀行
りそな銀行
関西みらい銀行
SBJ銀行
千葉興業銀行
三十三銀行
芝信用金庫
日本政策金融公庫
大東京信用組合

会社HP

https://omp-s.co.jp/

OMパートナーズ株式会社の特徴

OMパートナーズ株式会社のマンションブランド

OMパートナーズ株式会社では、「本当に良い」と思う物件を自社で購入し、リフォームしたうえで自社ブランドとして販売しています。コンパクトかつ高品質を兼ね備えたオリジナルブランド、「OMレジデンス」シリーズを、北海道から九州まで全国規模で展開しています。

自社ブランドマンション一覧

・OMレジデンス南九条
・OMレジデンス山鼻
・OMレジデンス円山
・OMレジデンス宮の森
・OMレジデンス宮の森II
・OMレジデンス石山通
・OMレジデンス栄町
・OMレジデンスN23
・OMレジデンス北39条
・OMレジデンス北24条EAST
・OMレジデンス琴似
・OMレジデンス山の手
・OMレジデンス発寒北
・OMレジデンス札幌石山
・OMレジデンスSinkawa
・OMレジデンスN36
・OMレジデンス北大前
・OMレジデンスN35
・OMレジデンス新琴似
・OMレジデンス札幌篠路
・OMレジデンス新川駅前
・OMレジデンス新琴似駅前
・OMレジデンス北十七条
・OMレジデンス札幌大学前・山友マンション
・OMレジデンス白石
・OMレジデンス東札幌
・OMレジデンス南郷20
・OMレジデンス北郷8条
・OMレジデンス野幌
・OMレジデンス塩釜駅前
・OMレジデンス金沢十三間町
・OMレジデンス大泉
・OMレジデンス土浦
・OMレジデンス水戸
・OMレジデンス宇都宮
・OMレジデンス八幡山公園
・OMレジデンス本庄
・OMレジデンス 一ツ家
・OMレジデンス八王子
・OMテラスみなみ野
・OMレジデンス京王八王子
・OMテラス日野
・OMレジデンス沼津
・OMテラス上飯野
・OMレジデンス植田
・OMレジデンス上飯田
・OMレジデンス名西
・OMレジデンス本陣駅前
・OMレジデンス岩倉
・OMレジデンス尾張旭
・OMレジデンス瀬戸南
・OMレジデンス瀬戸
・OMレジデンス瀬戸Ⅱ
・OMレジデンス西岐阜
・OMレジデンス岐阜北一色
・OMレジデンス岐阜都通
・OMレジデンス近島
・OMレジデンス北方
・OMレジデンス千里
・OMレジデンス橿原
・OMレジデンス茨木追手門前
・OMレジデンス総持寺
・OMレジデンス萱島
・OMレジデンス上新庄駅前
・OMレジデンス西加賀屋
・OMレジデンス今里
・OMレジデンス白鷺
・OMレジデンス八戸ノ里
・OMレジデンス柏原
・OMレジデンス柏原II
・OMレジデンス姫路
・OMレジデンス熊本大学前
など

物件立地は、地方都市を中心に取り扱っている印象です。地方都市ですと今後開発が期待されている福岡、大阪、名古屋、東京あたりはこれからも人口が増加していくと考えられます。一方、日本全体では人口減少期にはいっていますから、物件購入の際は立地をかなり見極めないと危険です。一度立ち止まって冷静になり、しっかり検討しましょう。

主要対応エリア

OMパートナーズ株式会社は、本社と支社のある東京・名古屋を軸に、全国の不動産を扱っています。管理は、札幌・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)・名古屋・岐阜・京都・大阪などの地域で対応しています。

いずれも人口が集中する大都市となっており、賃貸需要の高い地域をメインに活動していることがわかります。賃貸経営において、不動産会社の対応エリアは重要です。きちんとサポートしてもらえるエリアかどうか、事前に調べておきましょう。

顧客最優先のビジネスモデル

OMパートナーズ株式会社では、物件を自社で購入し、再販するビジネスモデルを採用しています。物件の売主と買主が直接取引するのではなく、OMパートナーズ株式会社が間に入ることで、売主にはよりスムーズな換金を、買主には購入交渉や金融機関との融資交渉の手間を省力化しています。

またOMパートナーズ株式会社では、徹底した物件調査も行っています。中古物件については、所有者からの情報を鵜呑みにせず、自ら調査していることをアピールしています。所有者へのヒアリングはもちろん、公的証明、物件に関する資料一式、現地調査、現在から見た未来動向まで、可能な限りの情報収集を行っています。「自分だけが儲かるためのエゴでは商売が成り立たない」というOMパートナーズ株式会社の理念に則り、常に顧客の利を考えた活動をしていることが見て取れます。

リスク管理への徹底的なこだわり

物件の売買だけでなく、リスク管理にも徹底的にこだわっていることをアピールしています。顧客の利益を最大限にすることを最優先にしながらも、不動産投資に必要なリスクを最小限に抑える取り組みに注力しています。個人で対応できないような経済リスク、物件の劣化リスクに対しては、会社全体として様々な面から対応を行っています。リスク管理については、以下のような取り組みを行っています。

・信頼できる物件情報の提供
常に鮮度が高く、長期的な視点で不動産投資効果が見込める物件情報を紹介

・賃料100% 保証制度
不動産運用開始から1年間、空室に対して「100%」の賃料を保証

・物件管理代行
入居者の斡旋・審査から建物の清掃管理・設備交渉やリフォームまでをグループ企業で一元管理し、建物を常に最高の状態をキープ

・最適な保険を提案
地震、火事、そのほかの天災など、避けられない災害リスクへの対策として、物件価値に相応しい保険を提案

不動産投資にはさまざまなリスクがあります。あらかじめリスクを想定し、対策することで、リスク軽減・回避が可能になります。

多岐にわたるサービス展開

OMパートナーズ株式会社は、不動産を軸としたさまざまな事業を展開しています。支社のある名古屋エリアでは、マンスリーマンションの運営を行っています。「空室期間をうまく活用したい」「入居者トラブルの対応をしたくない」「リフォーム後に借り手が決まるか心配」といったオーナーに対し、OMパートナーズ株式会社が物件を借り上げ、マンスリーマンションとして転貸する仕組みです。入居者や物件の管理はすべてOMパートナーズ株式会社が行ってくれるため、オーナーは労力を使わずに収入を得ることが可能です。

また、OMパートナーズ株式会社では医師専門の不動産投資もサポートしています。2016年には、医師向けの不動産投資情報サイト「ドクターパートナーズ」を開設しています。そのほかホームページでは、不動産ニュースやスタッフブログで不動産投資に関連する情報を発信しています。

さらにOMパートナーズ株式会社では、非公開物件を閲覧できる無料の会員サービスや、最新の不動産情報や、不動産投資に役立つ情報を入手できるメルマガサービスも提供しているので、気になる人はホームページからチェックしてみると良いでしょう。

管理事業について

OMパートナーズ株式会社では、関連会社と連携した賃貸管理事業を行っています。入居者の斡旋・審査から建物の清掃管理・設備交渉やリフォームなど、賃貸経営にかかわるあらゆる業務を全面的にサポートしています。

細かいサービス内容は確認することができませんでしたが、一般的な賃貸管理サービスには以下があります。

・入居者募集
・入居者審査
・賃貸契約書作成
・賃貸契約締結
・入居者管理
・クレーム処理
・建物管理
・家賃集金業務
・滞納催促
・家賃滞納保証
・入居立ち会い
・退去後の修繕手配”

これらの面倒な雑務を代行してもらうことで、オーナーは労力を使わずに賃貸経営を行うことができます。初心者、遠方に住んでいるオーナー、複数の物件を所有しているオーナーにはありがたいサービスといえます。OMパートナーズ株式会社の賃貸管理事業については、直接問い合わせてみることをおすすめします。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、入居希望者に転貸する仕組みを「サブリース契約」といいます。

サブリース契約を結ぶと、入居者や物件の管理を不動産会社が行うことになります。オーナーは賃貸経営に関するさまざまな業務を手放すことができます。さらに、空室状態が続いても、毎月一定額の家賃保証を受けられる契約もあります。

一見、オーナーにとってはありがたい契約に感じられますが、実はサブリースには多くの問題点があります。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。こうした問題点から、トラブルに発展するケースも急増しており、消費者庁も注意喚起を行っています。トラブルに巻き込まれないためには、事前に内容をしっかりと理解しておくことが重要です。メリットだけでなく、デメリットにも目を向け、正しく内容を把握するようにしましょう。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

OMパートナーズ株式会社では、不動産投資に関するセミナーを不定期で実施しています。過去には、不動産投資入門セミナーや、満室経営対策セミナーなどを開催していたようです。

初心者から経験者まで、不動産投資のレベルに合わせた内容となっているため、自分に合いそうなテーマのセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。今後のスケジュールなどは、ホームページやメルマガなどで案内があるかと思います。気になる人は定期的にチェックしてみると良いでしょう。

OMパートナーズ株式会社のまとめ

OMパートナーズ株式会社は、東京と名古屋にオフィスを構え、全国の収益不動産を扱う不動産会社です。自社で物件を購入し、リフォーム後に自社ブランドとして再販するビジネスモデルを特徴にしています。不動産投資に取り巻くリスク対策にも注力しており、1年間の家賃保証や、最適な保険プランの提案などを行っています。医師向けの不動産投資サポートや、マンスリーマンションの運営など、不動産投資を軸としたさまざまな事業を展開していることも特徴です。

近年、多くの不動産会社では、物件選びから物件管理、売却までをトータルサポートしてくれます。初心者でもハードル低く不動産投資を始めることができるわけですが、サポートに頼りきりになるのはとても危険です。投資は自己責任なので、アドバイスをもらいながらも、最終的には自分自身で判断することが大切です。日頃からさまざまな情報をキャッチできるよう、情報収集を怠らないようにしながら、価値ある物件に投資できるよう努力していきましょう。

OMパートナーズ株式会社の物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法ないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

OMパートナーズ株式会社の物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。