ミライズライフ株式会社の口コミ・評判情報

老後を豊かに暮らす選択肢の1つとして、投資に目を向ける人が増えています。中でも、不動産投資の注目が高まっています。

ただし、不動産投資で安定収入を得るためには、価値ある物件を購入し、購入後の運用までをしっかりと行っていかなくてはなりません。最近では購入のみならず、賃貸経営のサポートまでを一気通貫で任せられる会社も増え、不動産投資のハードルは低くなりました。

ですが、どんな物件を購入するか、どの会社に依頼するかは重要な問題です。この記事では、不動産投資のトータルサポートを行う会社「ミライズライフ株式会社」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、不動産投資を始める上で検討すべき会社かどうか、自身のスタイルに合うかどうかを見極めていきましょう。

当ブログの管理人

当ブログの管理人

管理人名

理系出身の現役サラリーマン投資家。40代の独身男性(結婚経験は有)。不動産投資を中心に投資信託や株式投資を実践中。現在、区分マンション11戸・ファミリーマンション2戸・一棟アパート4棟を保有中。投資信託や株で1億円強を運用中。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っています。

不動産投資に対するモットーは『売却益を得られてこその不動産投資』です。
ワンルームマンションであろうが、ファミリーだろうが、一棟アパートであろうが!売り抜いて売却益を得ないことには意味がありません。

・節税
・老後年金
・生命保険代わり
否!!不動産投資は不動産で儲けてこそです!

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


書籍を出版しています。

サラリーマンの資産形成について体系的にまとめていますので、まだ未読の方はぜひ読んでくださいね!

ミライズライフ株式会社の会社概要

ミライズライフ株式会社は、2021年に設立された創業間もない不動産売買、開発、仲介などを行う会社です。代表の長谷川氏は2008年に、東京証券取引所プライム市場上場のプロパティエージェント株式会社に入社、アセットプラニング部門、企画開発部門で経験を積んだのち、2021年にミライズライフを設立しています。

ミライズライフでは、不動産開発販売事業、不動産売買仲介事業、プロパティマネジメント事業など、不動産投資を幅広くサポートを行っており、代表の長谷川氏の経験やスキルを活かす形で展開しています。株主にはプロパティエージェント株式会社の代表取締役社長中西氏の名前もあることから、かつて所属していた会社からの出資を受け立ち上げた会社であることがわかります。

会社名

ミライズライフ株式会社

設立

20213

資本金

1000万円(準備金含む)

所在地

105-0011 東京都港区芝公園3-1-14フレックス芝公園4

代表者

長谷川雅也

事業内容

不動産開発販売事業
不動産売買仲介事業
プロパティマネジメント事業

所属団体


公益財団法人 東日本不動産流通機構
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会

免許番号

宅地建物取引業 [東京都知事(1)第106238号]

電話番号

03-6435-7920

取引金融機関

オリックス銀行
きらぼし銀行
芝信用金庫
ジャックス
住信SBIネット銀行
東京シティ信用金庫
日本政策金融公庫
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
(50
音順)

会社HP

https://mirayzlife.co.jp/company/

ミライズライフ株式会社の特徴

ミライズライフ株式会社のマンションブランド

ミライズライフには不動産開発販売事業という事業部があり、

  • 東京の区内を主な供給エリアとして、資産価値の高い物件を選定、仕入
  • 個人投資家の要望をヒアリング
  • 最適な物件を提案し販売、販売後のライフプランのサポート

などを行っています。

開発事業と銘打っていますが、中心は売買仲介であり、自社でのマンションブランドの開発などは行っていないようです。

主要対応エリア

HP上では、主な対応エリアの掲載はありませんでした。前述の通り、中心となる不動産開発事業では東京都内の物件に厳選して取り扱っていることが書かれているため、対応エリアも都内、東京近郊になることが予想されます。

都内や都内近郊の人口の多いエリアは賃貸ニーズの高いエリアとして、不動産投資を始める上で物件を探しやすい地域とも言えます。

マイク
マイク
やはり不動産投資は東京圏、名古屋、大阪、福岡などの主要都市がいいですね。人口流入が続いていますから。
名古屋、大阪、福岡は東京ほど物件が高騰していないので、手が出しやすい側面もありますよ。

顧客や社会の「未来」を大切に考える会社

ミライズライフという社名は『人々の未来を輝かせる、最高の光を提供する不動産会社になる』という想いが込められているようです。不動産を通じて不動産の価値を最大化し、人生、社会、豊かな未来の創造を実現したいと考えているようです。

不動産業界は利益至上主義の社風の会社も多く、顧客を大事にする理念や事業には、好意的な印象を抱く人も多いかもしれません。ただし実際のところどうなのかは、実際に物件を購入してみたり、様々なサービス対応を受けてみないとわからない部分ではあります。どんな会社でも問い合わせをしたり、相談を受けてみることで、その会社の担当者がどんな人なのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

マイク
マイク
不動産会社の場合は利益を求めすぎて訴訟沙汰になったりしてる会社もあるので、どの会社に依頼することになっても最低限そういうことが過去起こってないかは調べましょう。

人気エリアでの売買仲介事業

ミライズライフ株式会社では、不動産開発販売事業の他に、不動産売買仲介事業を行っています。多くの不動産投資会社と同じように、売買仲介事業は会社の事業の中でも中心的な事業のはずです。扱う物件は、賃貸ニーズの高い、東京都内の物件が中心のようです。

主に、土地や一棟収益物件を扱うとのことで、最近流行りの区分マンションなどではなく、一棟物件などの規模のしっかりしたものを扱うようです。このことから、対象にしている層は、自己資金を持たない会社員などではなく、自己資金をある程度用意できるような層なのかもしれません。会社によって、どんな物件が得意で、どんな層を対象にしているのかは変わってきますので、ご自身の目的や規模感に合う会社を探すようにしましょう。

プロパティエージェント株式会社からの出資

ミライズライフ株式会社の株主の1社に、プロパティエージェント株式会社があります。代表の長谷川氏はプロパティエージェント出身なので、その関係から、出資を受け独立した経緯が見て取れます。

プロパティエージェントは、東京証券取引所プライム市場上場の会社で、不動産業界の中でもDX化に積極的な企業として知られています。様々なDX事業を推進しており、不動産業界において積極的なデジタル推進を行う企業として躍進しています。長谷川氏はプロパティーエージェント出身なので、ミライズライフでも同じようにDX化に力を入れた事業展開を行うのかもしれません。どんな業界においてもDX化は注目すべきポイントの1つと言えるので、その点でどんな事業展開を考えているのかは、注目してみておきたいポイントかもしれません。

マイク
マイク
大手不動産会社がなぜ他の不動産会社に出資をするのでしょうか。その理由を考えると自ずと色々と見えてくるでしょう。
気になる方はLINEください。

管理事業について

ミライズライフ株式会社のホームページ上では、プロティマネジメント事業の記載があります。不動産投資家の賃貸物件の賃貸管理、建物管理を行っているようです。ただし、どんなサービスで、どのぐらいの費用がかかるかの詳細などは記載されていませんでした。どのようなサービス提供があるかどうかは、直接問い合わせてみると良いでしょう。

一般的な管理会社では、以下のような賃貸管理業務の代行を行っています。

・入居募集
・契約代行
・家賃管理/振込
・明細書送付
・更新手続き​
・契約手続き
・敷金返金
・内装補修
・契約金送付
・クレーム処理
・アフターケア

オーナー自身で行う賃貸管理については、本業を持つ副業大家にとって大きな負担となります。賃貸管理会社に代行してもらうことで、時間やリソースのない投資家でも、少ない労力で運用できるようになります。不動産会社を探す際に差は、賃貸管理の代行有無も見ておくと良いでしょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

「サブリース」とは、オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸するシステムです。サブリース契約を結ぶと、オーナーに代わり、不動産会社が入居者や物権の管理を行うことになります。また、空室状態が続いていても、オーナーには一定の賃料が毎月保証されます。一見便利な内容に感じる「サブリース契約」ですが、実際には問題点も多いため、契約には注意が必要です。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。近年では、サブリース契約を巡ったトラブルが増えています。提案を受けたら、まずはしっかりと内容を確認しましょう。リスクになる部分も把握することが大切です。全容を正しく理解し、納得したうえで契約することをおすすめします。サブリース契約は、上手に活用すれば、便利な仕組みです。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

ミライズライフ株式会社の営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

ミライズライフのホームページ上では、セミナーに関する情報などは掲載されていませんでした。ただし、SNSやセミナーなどの告知サイトでのみ掲載するようなケースもあるため、気になる人は情報収集してみると良いかもしれません。

セミナーの他にも個別相談などをやっている会社もあるため、気になる会社がある場合は、一度問い合わせをするなどして、直接話を聞くようにしておきましょう。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

ミライズライフ株式会社のまとめ

ミライズライフ株式会社は、プロパティマネジメント株式会社出身の代表長谷川氏が設立した会社です。2021年設立と創業間もないですが、開発事業や管理事業など、不動産投資に関わることを幅広くサポートしている会社です。

不動産投資をサポートしてくれる会社は数多くありますが、どこまでサポートしてくれるのか、完全自社サポートなのか、提携会社などでのサポートなのかなど、会社によってサービス内容は様々です。不動産投資の目的やスタイルに合うかどうかも重要なので、どんな会社で、どんな物件を扱うかといった情報収集も行いながら、対応力はどうか、担当者はどんな人かなど、広く様々な視点で見極めていくようにしましょう。

ミライズライフ株式会社の物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

ミライズライフ株式会社の物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語