株式会社インベストオンラインの口コミ・評判情報

少子高齢化が進み、将来的に年金に頼ることが難しくなることが予想される今、資産形成を考える人が増えています。中でも不動産投資は、軌道に乗れば安定した収入が見込めることから、人気を集めています。

特にワンルームマンション投資は、少ない資金で始めることができるため会社員を中心に注目されています。近年は、物件購入のコンサルティング、契約に関するフォロー、賃貸管理などをトータルサポートしてくれる会社も増えていますが、どのような会社に任せるかは慎重に判断する必要があります。

この記事では、東京23区を中心にアパート開発や新築マンションの仲介、コンサルティング、賃貸管理を行う「株式会社インベストオンライン」について見ていきたいと思います。会社や物件の特徴から、投資を検討する価値があるかどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社インベストオンラインの会社概要

株式会社インベストオンラインは、東京都新宿区に本社を置き、首都圏を中心に好立地の新築一棟投資物件の販売をメイン事業としています。土地探しから建物完成までをワンストップでサポートしている不動産会社です。

不動産物件の販売、仲介の他にも、経営コンサルティングや賃貸管理も行っており「IT×不動産」を軸にしたオウンドメディアを運営し、さまざまな情報発信を行っています。

会社名

株式会社インベストオンライン

設立

平成12年6月

資本金

2億2700万円

所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-7 KDX新宿ビル11F

代表者

代表取締役社長 木村彰吾

事業内容

不動産の売買、交換
賃貸借及び管理並びにこれらの代理
媒介及びコンサルティング
インターネットを利用した各種情報サービス業
インターネットサイトの企画・運営・管理

所属団体

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第93178号
一級建築士事務所登録 東京都知事登録 第60305号
不動産特定共同事業法 東京都知事 第 113 号
賃貸住宅管理業者登録制度登録番号 国土交通大臣(1)第4882号
住宅宿泊管理業登録 国土交通大臣(01)第F01883号
プライバシーマーク 第17002494(03)号
インベストオンラインでは不動産特定共同事業法の許認可に則り、電子取引業務を行います

免許番号

公益社団法人全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会加盟事業者

E-mail

記載なし

電話番号

03-3340-0411

取引金融機関

記載なし

会社HP

https://invest-online.co.jp/

親会社

株式会社アエリア

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められるということです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」という勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社インベストオンラインの特徴

株式会社インベストオンラインのマンションブランド

株式会社インベストオンラインは、独自のアパートブランド「Granqual(グランクオール)」を開発しています。

東京23区を中心に、駅近に限定して建てられており、主に一棟アパート投資用として販売しています。また、物件購入後の運用管理面もサポートしています。

自社開発アパート一覧

  • グランクオール代田橋
  • グランクオール明大前
  • グランクオール野方イーストレジデンス
  • グランクオール野方ウエストレジデンス
  • グランクオール野方サウスレジデンス
  • グランクオール野方フロント
  • グランクオール秋葉原
  • グランクオールLehua7
  • グランクオール大山
  • グランクオール小茂根
  • グランクオール板橋本町イーストレジデンス
  • グランクオール板橋本町ウエストレジデンス
  • グランクオール成増
  • グランクオール江古田
  • グランクオール堀切菖蒲園
  • グランクオール新小岩
  • グランクオール青砥
  • グランクオール五反野
  • グランクオール城東
  • グランクオール日ノ出町
  • グランクオール梅島二丁目
  • グランクオール綾瀬
  • グランクオール綾瀬南
  • グランクオール西綾瀬
  • グランクオール西綾瀬1丁目
  • グランクオール西綾瀬2丁目
  • グランクオール浦和西

主要対応エリア

自社物件は東京23区を中心に、不動産投資に適した賃貸需要のあるエリアに限定して建設されています。株式会社インベストオンラインでは不動産の媒介も行っているため、投資家の要望やこだわりなどをヒアリングした上で、立地条件の良い地域を紹介してくれると思われます。

WEBを活用

株式会社インベストオンラインでは、サービスごとに専用のサイトを設け、WEB媒体からさまざまな情報を発信しています。オウンドメディア「INVEST ONLINE」では、最先端のIT技術を利用し、最新の不動産情報やノウハウを発信しています。不動産鑑定士や税理士、一級建築士などの有識者によるコラムもあり、不動産投資家、これから不動産投資を始める人などに幅広く役立つ情報が網羅されているメディアです。

株式会社インベストオンラインのメイン事業でもある新築一棟投資法や、土地買取などに関するサイトも展開しており、WEBを活用した幅広い情報発信を行っています。

不動産投資における実際の収支も公開

不動産投資を考える人にとって、実際の「収支」は気になるポイントです。株式会社インベストオンラインでは、自社物件・他社物件にかかわらず、実際に不動産投資を行っている人にインタビューを行い「どのくらい儲かり、どのくらい経費がかかるのか」といった収支情報を公開しています。

月間の収支内訳だけでなく、オーナーが月に不動産経営に関する業務にかけた時間から参考時給を換算しているのも、これから不動産投資を始める人にとって役立つ情報です。投資家それぞれの「投資を始めたきっかけ」「物件を選んだポイント」「現在の物件管理や運用」「失敗したと思うこと」など、生の声も参考になるのではないでしょうか。

親会社は東証JASDAQ上場企業

株式会社インベストオンラインは、ITサービス事業やコンテンツ事業を行っている東証JASDAQ上場企業株式会社アエリアの連結子会社です。親会社を中心にした関連グループ会社との連携で、土地の仕入れや開発・集客を行っています。

グループで連携した共同事業を行うことで、それぞれの会社の持ち味・強みを発揮できる仕組みがあり、安定した事業展開ができる点に強みがあるようです。上場企業を母体としている点においては、株式会社インベストオンラインの経営面については、一定の信頼が置けるとも言えそうです。

管理事業について

株式会社インベストオンラインでは、自社取扱の新築アパートなどの賃貸管理業務の代行も行っています。運用管理におけるバックアップ体制も整えているようですが、媒介物件については詳細の記載がないので確認が必要です。

一般的な賃貸管理では、以下の業務の代行を行うケースが多くあります。

  • 入居者募集
  • 入居者審査
  • 賃貸契約書作成
  • 賃貸契約締結
  • 入居者管理
  • クレーム処理
  • 建物管理
  • 家賃集金業務
  • 滞納催促
  • 家賃滞納保証
  • 入居立ち会い
  • 退去後の修繕手配

株式会社インベストオンラインでは、どこまで代行してくれるのか、興味がある場合は詳細を問い合わせてみる必要がありそうです。

サブリース契約は注意が必要

「サブリース」とは、不動産管理会社がオーナー所有の物件を借り上げ、その管理会社が入居者と賃貸契約を直接結ぶ契約形式を指します。この契約により、オーナーは物件の管理・運営を一括してまかせることができるほか、空室でも一定の金額が毎月振り込まれる家賃保証により、空室リスクを回避できます。

しかし、一見便利に見えるサブリース契約ですが、さまざまな問題点があることで、近年トラブルが急増しています。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

契約内容の理解不足や認識のズレで後悔するオーナーも少なくありません。トラブル回避のためには、契約内容をしっかりと理解しておくことが重要です。

トラブルについては消費者庁も注意喚起をしています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社インベストオンラインでは定期的に無料のWEBセミナーを開催しています。スケジュールはHP上から確認できます。また、申し込みフォームも設置されているので、都合の良い日時を選んで参加してみると良いでしょう。

株式会社インベストオンラインのまとめ

株式会社インベストオンラインは、新築の一棟アパート投資法を主軸に事業展開していますが、「IT×不動産」を軸に、WEBでさまざまな情報を発信しています。これから不動産投資を始めようと考えている人の情報収集先として、役立つ内容が発信されています。

上場企業を親会社に持ち、連結子会社と共同事業を行っていることから、経営母体は安定していると見ることもできます。ただし、不動産投資はあらゆる角度から慎重に見極める必要があります。サポート体制が万全だとしても、それで任せっきりにするのは危険です。最終的には自分自身で判断できるよう知識を身につけ、様々な角度から比較検討できるよう情報収集を行うなどして、良い物件を購入できるようにしましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。