富士企画株式会社の口コミ・評判情報

老後の資産形成を考え、投資目的でワンルームマンションを購入する人が増えています。不動産投資は、会社員でも手を出しやすい投資として興味を持つ人も増加傾向にあります。

こうした時代背景もあり、最近ではワンルーマンション投資を勧める不動産会社や不動産投資会社がかなり増えています。物件購入を考える際には、まずどんな会社なのか、任せで大丈夫な会社なのかを慎重に見極める必要があります。

この記事では、不動産投資専門でアドバイスまで行っている「富士企画株式会社」について見ていきたいと思います。どのような事業を行っているのか、どのような特徴があるのかを見ながら、不動産投資を始める価値がある会社なのかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

富士企画株式会社の会社概要

富士企画株式会社は、東京都新宿区にある投資用不動産を専門的に扱う会社です。投資物件、収益不動産など、市場に出回らない投資用不動産の紹介をメイン事業として展開しています。他にも事業承継問題に取り組む投資専門コンサルティング事業なども行っています。

一般公開される前に情報を仕入れ、優良物件を紹介する仕組みに強みを持っているようで、代表取締役の新川義忠氏は不動産投資関連の書籍も多数出版されています。さらに、独自のYouTubeチャンネルを運営するなど、メディア戦略にも注力している会社です。

会社名

富士企画株式会社

設立

201272

資本金

500万円

所在地

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F

代表者

代表取締役 新川 義忠

事業内容

投資用不動産の販売・管理

所属団体

(社)全国宅地建物取引業保証協会

免許番号

東京都知事(2)94763

E-mail

info@fuji-plan.net

電話番号

03-6380-6780

取引金融機関

記載なし

会社HP

https://www.fuji-plan.net/

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められると言うことです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

富士企画株式会社の特徴

富士企画株式会社のマンションブランド

富士企画株式会社では自社ブランドマンションの開発は行っていません。土地、一棟アパート・マンション、区分マンション、一棟ビルなどの収益物件の取り扱いがメイン事業です。

代表取締役の新川氏の独自のパイプで、不動産業者や金融機関、取引業者から、市場に出回る前に優良物件を仕入れることができることに強みを持っています。

主要対応エリア

富士企画株式会社は、全国にある収益物件を扱っていいます。その中でも物件の所在地の多くが、一都三県をはじめとする関東エリアです。会社所在地のある新宿四谷周辺や、全国のタウン情報をブログ形式でホームページ上に公開、スタッフおすすめのグルメ情報などを掲載していることから、会社所在地を中心にした集客を行っていることも見て取れます。

市場に出回る前に優良な物件を紹介

富士企画株式会社の代表取締役新川義忠氏は、1000件以上の売買仲介契約に立ち会うなど、収益不動産の取り扱いに長けている人物として知られているようです。

これまでの経験、実績から不動産業者、金融機関、取引業者からの信頼も厚く、独自の人脈・パイプを築いています。レインズ(不動産業者専用サイト)に掲載される前の情報を入手することで、市場に出回る前に優良物件を抑えることができる点において強みを持っています。いち早く情報を仕入れることができることは、不動産投資においてとても有利です。もちろん早く情報を得られれば成功するわけではありません。早く得た情報からしっかりと判断できる知識を持っておく必要はあります。

メディア戦略にも積極的

富士企画株式会社では独自のYouTubeチャンネルを開設、代表取締役の新川氏自らが不動産投資のノウハウなどを定期的に発信しています。かつてはFMラジオで番組を持っており、アーカイブはホームページから確認できます。

また、雑誌や新聞、ネットニュースなどでも取り上げられることも多く、メディア戦略にも注力しているようです。新川氏は不動産投資関連の書籍も多数出版しており、Amazonや楽天のレビューでは多くの高評価を得ています。各所での情報発信を積極的に行いながら、会社の知名度向上や集客に繋げるメディア戦略に積極的に取り組んでいる会社です。

二人三脚での資産形成のサポート

富士企画株式会社では、「不動産投資をする目的」「将来のビジョン」「夢や希望」などを丁寧にヒアリングし、個々に合った最適なプランを提案しています。提案したプランに沿った収益不動産の紹介、金融機関との交渉といった購入前のサポートから、物件購入後の運用や売却などの出口戦略まで、二人三脚での丁寧なトータルサポートを心がけているようです。

不動産投資を始めようか悩んでいる初心者層には、無料の個別相談も実施しています。不安や疑問を解消し、失敗しない不動産投資の実現へ導くことを目的としています。そのため、

  • 無理な資金計画のアドバイス
  • 強引なセールスや売り込み
  • 悪いことこそ伝えるべきなのに良いことばかり強調する

といったことはないようなので、迷っている人は一度相談してみても良いかもしれません。

管理事業について

富士企画株式会社では、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城などの関東圏を中心とした物件管理を行っています。自社管理物件の入居者募集の際には、WEBサイト掲載とは別に、地元業者へ直接足を運んで客付け依頼をしているようです。

独自のネットワークにより、関東圏に限らず各エリアの様々な管理会社を紹介することも可能なようです。自社で全てを管理しているわけではなく、多くの管理会社の利用が可能ということは、当然ですが質の差は出てしまいます。富士企画だから大丈夫だろうと判断せず、紹介してくれる管理会社がどのようなものなのかは、慎重に見極めましょう。

賃貸管理事業内容についての詳細はホームページ上に記載はありませんでしたが、一般的なところでは、下記のような業務代行を依頼するケースが多くあります。

  • 入居者募集
  • 入居者審査
  • 賃貸契約書作成
  • 賃貸契約締結
  • 入居者管理
  • クレーム処理
  • 建物管理
  • 家賃集金業務
  • 滞納催促
  • 家賃滞納保証
  • 入居立ち会い
  • 退去後の修繕手配

富士企画株式会社では、24時間365日の運用管理の対応を心がけており、代表取締役自らが入居者対応を行うこともあるほど、ある意味でアットホームな対応なども期待できます。実際にどこまで管理業務を行ってくれるのかは、直接問い合わせてみると良いでしょう。

サブリース契約は注意が必要

「サブリース」とは、管理会社がオーナーから物件を一括で借り上げ、入居希望者に転貸する契約を指します。サブリース契約の内容には、空室状態でも管理会社が毎月一定の金額をオーナーに支払う家賃保証や、賃貸経営のさまざまな管理業務の代行などがあります。

一見ありがたい契約に思えるかもしれませんが、サブリース契約には問題点も存在します。最近ではトラブルに発展し、マスコミにも取り上げられるケースも増えています。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などの問題点が挙げられます。

サブリース契約は、会社ごとに内容が異なります。事前に内容をしっかりと確認し、正しく認識しておく必要があります。トラブルに巻き込まれないために、情報収集は必ず行うことをおすすめします。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておきましょう。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

富士企画株式会社では、定期的に不動産投資関連セミナーを開催しています。これまでの経験、実績をベースにした不動産投資の知識、ノウハウを活かし、「ネットではわからない」「教科書にはのっていない」レベルの不動産投資情報を提供する場として情報発信を行なっています。

富士企画株式会社のホームページのセミナーページからセミナー情報は確認できますが、公式LINEに登録すると、いち早く入手することもできるようです。各種イベントも随時開催しているようなので、気になる方はホームページやSNSをチェックしてみると良いでしょう。

富士企画株式会社のまとめ

富士企画株式会社は、代表取締役の新川氏による人脈や独自のパイプで、一般公開前の優良物件情報を入手できることが最大の特徴です。不動産投資専門の会社だけあって、さまざまな知識やノウハウを蓄積していることも強みといえます。メディア戦略にも注力しており、YouTubeチャンネルや書籍出版なども積極的に行っていることから、これからに知名度・認知度が高まる会社として見ることができるかもしれません。

メディア戦略によって会社や新川氏の認知度が上がる一方で、若干これまでの実績がどうなのかがわかりづらい点もあります。YouTubeやホームページによって良い印象を受けたとしても、実績確認は怠らないようにしましょう。

いち早く情報を手にすることが、不動産投資を成功させるためにもとても有利です。ただし、一般に出回っていないレアな物件情報を入手できるといっても、それらすべてが優良物件とは限りません。提示される物件が本当に良いものなのかどうかは、自分自身で見極める必要があるため、そのための知識・情報収集も怠らないようにしましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。