株式会社フロンティアハウスの口コミ・評判情報

老後に向けた資産形成の手段として投資に目を向ける人が増える中、ここ数年、会社員を中心に特に人気を集めているのが不動産投資です。不動産投資は家賃収入という安定収入を得られるため、老後の年金がわりとして期待する人も多くいます。

当然ながら、良い物件を購入するためには目利き力が必要になりますし、様々な知識を身につける必要があります。どんな会社からどんな物件を購入するかは、様々な情報を集めながら、多くの物件や不動産会社を比較し、慎重に検討する必要があります。

この記事では、投資用不動産の仕入れからアフターサービスまでワンストップでトータルサポートする会社「株式会社フロンティアハウス」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、不動産投資を始める上で検討すべき会社かどうか、自身のスタイルに合うかどうかを見極めていきましょう。

当ブログの管理人

当ブログの管理人

管理人名

理系出身の現役サラリーマン投資家。40代の独身男性(結婚経験は有)。不動産投資を中心に投資信託や株式投資を実践中。現在、区分マンション11戸・ファミリーマンション2戸・一棟アパート4棟を保有中。投資信託や株で1億円強を運用中。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っています。

不動産投資に対するモットーは『売却益を得られてこその不動産投資』です。
ワンルームマンションであろうが、ファミリーだろうが、一棟アパートであろうが!売り抜いて売却益を得ないことには意味がありません。

・節税
・老後年金
・生命保険代わり
否!!不動産投資は不動産で儲けてこそです!

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


書籍を出版しています。

サラリーマンの資産形成について体系的にまとめていますので、まだ未読の方はぜひ読んでくださいね!

株式会社フロンティアハウスの会社概要

株式会社フロンティアハウスは、不動産投資を物件購入から購入後の運用まで、ワンストップでサポートする総合不動産会社です。事業用不動産の売買仲介・賃貸仲介・ビル管理事業からスタートし、令和4年12月に東京証券取引所TOKYO PRO Market市場へ上場しています。

平成11年の設立から順調に業績を伸ばし、事業内容も収益物件の企画、開発、建築などを手掛けるなど多岐にわたります。100年企業というビジョンを掲げ、変革とチャレンジを恐れない組織として事業推進を進めていることがHPにも記載されています。

会社名

株式会社フロンティアハウス

設立

平成11年(1999年)4

所在地

220-0012 横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい 8F
TEL045-319-6345(代) FAX045-319-6349

開発事業部
TEL045-319-6416 FAX045-319-6418 フリーダイヤル:0120-435-399

賃貸管理部 PM
TEL045-548-6359 FAX045-548-6391 フリーダイヤル:0120-126-359

賃貸管理部 リーシング課
TEL045-624-9190 FAX045-548-6391 フリーダイヤル:0120-918-857

代表者

代表取締役社⻑CEO 佐藤 勝彦

事業内容

収益物件の企画・開発・建築/不動産有効活用・収益物件の総合コンサルタント/不動産の売買・仲介・買取り・リノベーション/不動産の賃貸及び管理/建物の新築・増改築・建て替え及びリフォーム/マンスリー事業/コインパーキング事業/損害保険代理業

免許番号

宅地建物取引業/国土交通大臣(4)第7325
建設業/神奈川県知事 許可(特-4)第69497
第二種金融商品取引業/関東財務局長(金商)第1492
賃貸住宅管理業/国土交通大臣(02)第002760
一級建築士事務所/神奈川県知事登録 第16818

電話番号

TEL045-319-6345(代) FAX045-319-6349

会社HP

https://www.frontier-house.co.jp/

取引銀行

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、横浜銀行、きらぼし銀行、群馬銀行、北陸銀行、静岡銀行、オリックス銀行、SBJ銀行、東日本銀行、神奈川銀行、大光銀行、静岡中央銀行、香川銀行、山梨中央銀行、湘南信用金庫、横浜信用金庫、かながわ信用金庫、さわやか信用金庫、城南信用金庫、城北信用金庫、世田谷信用金庫、横浜幸銀信用組合、オリックス株式会社、SMBCファイナンスサービス株式会社、ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社、三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社、商工中金、日本政策金融公庫(順不同)

株式会社フロンティアハウスの特徴

株式会社フロンティアハウスのマンションブランド

新築一棟収益マンションとして「フロンティアコンフォート」シリーズ、新築一棟収益アパートとして「フロンティアアパートメント」シリーズを展開しています。

どちらも都内、神奈川県などの都心に近いエリアかつ、最寄駅からも程近い好立地に展開しています。自社ブランドシリーズの他にも、プロデュース物件や分譲マンションなども扱っているようです。

主要対応エリア

HP上に明確な記載はありませんが、実績などの項目を見ている限りでは、本社のある神奈川県を中心に物件を展開しています。他にも賃貸ニーズの高い都心部、都内好立地エリアにも物件を展開しているようです。

東京、神奈川などの人口が多く賃貸ニーズが高いエリアは、入居者づけもしやすく不動産投資を始めやすい立地とも言えます。一方、相場より価格が高い物件も多くなるので、価格、エリア、条件面など、広く情報収集を行いながら検討するようにしましょう。

不動産投資をワンストップでサポート

フロンティアハウスでは、不動産物件の売買、仲介、建築、販売、賃貸募集、賃貸管理、買い替え、買い増しなど、販売からアフターサービスまでをワンストップで提供しています。オリジナルの自社ワンストップサポートがあることを売りにしたトータルサポートを提供しているようです。

独自ネットワークで土地の取得を行い、適正な宅地として開発を実施。土地の取得、建築から、購入後の賃貸運用まで、幅広いネットワークを活かし、オーナーの安心に繋がるトータルサポートを行う会社です。

自社開発物件を積極的に展開

前述の通り、フロンティアハウスでは自社ブランドマンションシリーズを積極的に展開しています。収益マンション、投資用アパート、自社ブランド分譲マンション、一戸建てなど、多様な物件を開発・展開しています。

立地、環境、時代のニーズに合わせて、多彩な商品バリエーションを用意しているようです。お客様それぞれの不動産投資の目的、投資スタンスに合わせた、理想の住まい探しをサポートしています。

CSR・SDGs活動などにも力をいれる

フロンティアハウスでは、CSR・SDGs活動にも力を入れ、積極的に取り組んでいることがHPにも記載されています。地域に根差した住環境の創造・仲介・管理を行うことや、顧客・地域社会・従業員・協力会社など、当社を取り巻くステークホルダーとの良好な関係を維持しながら、地域社会と共に発展する企業で有り続けることをビジョンとして掲げています。

不動産投資において直接的に関係する内容ではありませんが、こうした活動から企業の姿勢や、将来の方向性を読み取ることもできます。不動産会社選びの際の1つのヒントとして、企業活動などもチェックすると良いでしょう。

管理事業について

株式会社フロンティアハウスでは、物件購入後の賃貸管理業務なども広くサポートしているようです。賃貸募集から賃貸管理まで、物件購入後のサポートにも力を入れていることかが記載されています。どこまで行っているのかHP上では確認できませんでした。不動産会社によって、サポート内容は異なるため、必ず確認するようにしましょう。

賃貸管理業務では下記のような業務の代行を行っているのが一般的です。

・入居募集
・契約代行
・家賃管理/振込
・明細書送付
・更新手続き​
・契約手続き
・敷金返金
・内装補修
・契約金送付
・クレーム処理
・アフターケア

これらの賃貸管理業務は、本来オーナー自身が行う必要のあるわけですが、不動産会社に代行を依頼することで、作業負担を軽減できます。働きながら資産形成を行う副業大家ともなると、管理業務の効率化は必須です。不動産会社を選ぶ際のチェックポイントの1つとして、しっかり確認するようにしましょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸する契約を「サブリース」といいます。この契約を結ぶことで、オーナーは入居者や物件の管理を、不動産会社に一任することができます。さらに、入居状況に関係なく、一定の賃料が毎月保証されます。煩わしい雑務を手放せるだけでなく、賃料保証があるため、一見便利な契約に感じられます。

しかし、サブリース契約には問題点も多く、近年ではトラブルに発展するケースも増えています。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。トラブルに巻き込まれないようにするためには、安易に契約を結ばないことが大切です。まずは内容をしっかり確認し、リスクとなる部分についても把握するようにしましょう。サブリース契約を理解し、上手に活用すれば、安定した賃貸経営につなげることができます。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

株式会社フロンティアハウスの営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

株式会社フロンティアハウスのホームページでは、セミナーに関する情報の掲載はありませんでした。ただし最近ではSNSで募集、告知を行う会社も多いため、様々な媒体、メディアをチェックしましょう。

セミナーの他にも、個別相談などでも会社の対応を知ることはできます。どんな会社なのか、どんな対応なのか、自分の肌で感じておくこともとても大切です。

また、他社との共催でセミナーを開催していたりすることもあるため、情報は幅広くチェックしましょう。気になるセミナーや会社がある場合は、直接問い合わせるなどして情報収集はこまめに行うようにしましょう。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

株式会社フロンティアハウスのまとめ

株式会社フロンティアハウスは、東京、神奈川などの都心部、好立地エリアを中心に、不動産投資をトータルサポートする総合不動産会社です。自社ブランドマンションシリーズなども多数展開し、不動産投資を様々な面から支援しています。

不動産会社は、会社ごとに得意な領域やサービス内容が異なります。どんな物件を扱い、どこまでサポートしてくれるか、物件はもちろんのこと、会社ごとのサービス内容はしっかりと把握し、十分比較検討するようにしましょう。

株式会社フロンティアハウスの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社フロンティアハウスの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。