株式会社エストアンドカンパニーの口コミ・評判情報

老後に備え、資産形成を始める人が増えています。中でも会社員などの若い世代を中心に、今不動産投資に注目する人が増加しています。ワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始めることができるため、20代〜30代の若い人たちからも人気を集めています。

最近では不動産投資を購入から運用までワンストップでサポートする会社も増えました。物件の選定から賃貸管理、アフターフォローなどを一貫して行ってくれるため、これから始める初心者にとっては安心材料になるわけですが、どんな会社にお願いするのかは慎重に見極める必要があります。

この記事では東京都内を中心に投資用不動産販売・仲介・コンサルティングを行う「株式会社エストアンドカンパニー」について見ていきたいと思います。事業内容、扱う物件の特徴などから、どのような会社なのかをチェックしていきましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社エストアンドカンパニーの会社概要

株式会社エストアンドカンパニーは、東京都港区に拠点を置き、都内を中心にした不動産投資のトータルサポート事業を行う会社です。主に東京都内の収益物件の紹介・販売、賃貸管理、資産運用コンサルティングサービスを提供しています。

中でもコンサルティングに強みを持っているようで、これまでの常識を覆す新しい形のアドバイスができる点をウリにしているようです。実際にどんなアドバイス、サポートなのかは、口コミなどを含めて慎重に見極める必要がありますね。他にも最近流行りのIoTを導入したマンションの企画・販売などにも力を入れています。

会社名

株式会社エストアンドカンパニー

設立

2017126

資本金

50,000,000

所在地

108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル24F

代表者

代表取締役 櫻井祐輔

事業内容

不動産投資コンサルティングサービス
資産形成・運用コンサルティングサービス
投資用不動産販売・仲介

所属団体

社団法人全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
一般社団法人不動産テック協会

免許番号

東京都知事(1)第100392

E-mail

記載なし

電話番号

03-6453-7038

取引金融機関

株式会社アプラス
オリックス銀行
香川銀行
きらぼし銀行
ジャックス株式会社
西京信用金庫
西武信用金庫
ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社
千葉銀行
東日本銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社
三菱UFJ銀行
楽天銀行
りそな銀行

会社HP

https://estac.co.jp/

関連会社

株式会社エストマーケティング

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められると言うことです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社エストアンドカンパニーの特徴

株式会社エストアンドカンパニーのマンションブランド

株式会社エストアンドカンパニーでは、資産価値や差別化の維持が難しい中古物件に、IoT(Internet of Things)を導入した物件の販売を行っています。

自社マンションブランドとして「レトロフィットIoT」シリーズの販売を行っています。同シリーズでは、スマートロック、家電や照明のリモート操作など、IoTの設備・サービスを備えています。見た目だけのリノベーションではなく、安心・安全・便利を追究した物件の提供を目指しています。今後は株式会社エストアンドカンパニーの投資物件すべてにIoTを導入することを目標としているようですが、IoTが導入された物件は往々にして価格が高くなることがあります。設備面だけでなく、価格の正当性やバランスなどもみながら判断するようにしましょう。

主要対応エリア

株式会社エストアンドカンパニーでは、東京都内の人気エリアと言える23区内を主要対応エリアにしています。一般に流通していない立地・利回り・グレードを厳選し、資産価値の高い物件のみを紹介しているようです。特にマーケティングには力を入れており、長期にわたってリスクの少ない物件を選定する点をウリにしています。ただしこれはどの会社にも言えることですが、任せっきりは危険です。営業担当の話だけでなく、自分自身でもしっかり収益性や土地の将来性などを見て判断するようにしましょう。

新しい形のコンサルティング

株式会社エストアンドカンパニーはコンサルティング力に自信を持つ会社ですが、特徴として従来の枠にとらわれない新しい形のコンサルティング「IRIAコンサルティング」を掲げています。「IRIAコンサルティング」は、顧客一人ひとりの投資目的や資金状況、リスク許容度にマッチした物件のみを厳選して紹介しています。「最悪の場合どうなるか」といったネガティブシミュレーションを行ったうえで、効率的な投資方法の提案を行なっているようです。

顧客サービスを第一に考え、大きな在庫を抱えないように運営している点も特徴的だと言えるかもしれません。また、質の高いコンサルティングも重要ではありますが、最終的にはどんな物件を購入するか、が大事です。他社も含めて比較検討しながら、慎重に判断するようにしましょう。

若い世代をターゲットにした事業展開

株式会社エストアンドカンパニーでは未公開物件なども扱い、頭金0円から投資できる点もアピールしています。主に中古区分マンションの提案が多く、20代〜40代をターゲットに堅実な投資ができることをアピールしています。

ただし、中古区分マンションのような中古物件は、中古物件特有のリスクもあります。リノベーションなどでデザイン性をカバーしても、築年数から来るリスクのカバーは容易ではありません。安いから、手軽に買えそうだから、という判断で選ぶと後悔する可能性もあります。営業マンの営業トークは話半分で聞くようにして、自分自身でもしっかり情報収集を行うようにしましょう。

豊富なユーザーボイス

株式会社エストアンドカンパニーのホームページでは、これまでに扱った事例紹介として、顧客の生の声を掲載しています。性別、年代、年収、職業などから、実際に不動産投資を始めた人たちのインタビューを読むことができます。

投資を始めるきっかけや目的は人それぞれです。どのような経緯で不動産投資を始めたのか、なぜ株式会社エストアンドカンパニーを選んだのか、どのような要望があるのかといったストーリーを紹介しています。もちろん同じようにすれば成功できるというわけではないのですが、あくまでも1つの参考事例として見ておく分には参考になるかもしれません。

管理事業について

株式会社エストアンドカンパニーでは、集金代行・空室保証・オール借り上げプランなどのサービスがあり、購入後の物件の賃貸管理業務の代行も行っています。

どのような管理業務を行なっているか、詳細はホームページ上に記載がありませんが、一般的には以下のような業務の代行をお願いできることが多くあります。

・入居者募集
・審査
・賃貸借契約
・家賃の収受
・滞納督促
・トラブル対応
・契約更新
・解約受付
・退去立会
・修繕リフォーム

株式会社エストアンドカンパニーではどのようなサービスを行なっているかは、直接問い合わせてみると良いかもしれません。賃貸管理の代行を利用することは、本業を持つサラリーマン大家にとって効率的な不動産投資に必須と言えますが、利用料がかかります。必要なサービスを精査して、収益性を見ながら依頼することが大切です。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

管理会社が一括借り上げした賃貸物件をオーナーに代わって入居者に転貸する契約を「サブリース」といいます。この契約により、物件の管理は管理会社が行うことになるため、オーナーは煩わしい業務を手放すことができます。また、空室状態が続いても、家賃保証として毎月一定の金額を受け取ることができます。

「サブリース契約」は不動産投資初心者にとっては、心強い契約に感じられるかもしれません。しかし、実際には数々の問題点も存在しています。問題を原因としたトラブルも急増しているため、契約の際には注意が必要です。

主なトラブルの原因となる問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。

トラブルに発展するケースでは、「契約内容を把握していない」「契約内容を正しく認識していなかった」など、オーナーが原因であることも少なくありません。契約をする前にしっかりと内容を理解しておくことがトラブルを防ぐことに繋がります。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておくことをおすすめします。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社エストアンドカンパニーでは、不動産投資初心者向けの無料セミナーを開催しています。不動産投資の基礎知識やメリット、「失敗例」から失敗しないためのノウハウやリスク対策、物件選びのポイントなどをテーマにした、初歩的な知識を学べる場になっているようです。

株式会社エストアンドカンパニーのまとめ

株式会社エストアンドカンパニーは、独自スタイルのコンサルティングが特徴的な不動産会社です。一人ひとりの状況や目的に合わせた投資のアドバイスをセールスポイントに、顧客に寄り添ったアドバイスをウリにしています。

ただし、自己資金が少なくても不動産投資ができることを謳っている点においては、慎重な判断が必要です。自己資金がない場合は、その全てをローンで賄うことになるわけですが、収益性の低い物件を購入してしまうと、持ち出しが発生してしまうケースもあります。中古区分マンションは、価格は安くても中古物件ならではのリスクもあります。最終的にはどんな物件を購入するのかが重要なので、他社物件と比較するなどして慎重に判断するようにしましょう。

株式会社エストアンドカンパニーの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法ないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたのワンルームマンション投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社エストアンドカンパニーの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜマンション経営を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。ワンルームマンション投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。