株式会社EDIFIREの口コミ・評判情報

この記事では、不動産投資を全面的にサポートする会社「株式会社EDIFIRE」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、不動産投資を始める上で検討すべき会社かどうか、自身のスタイルに合うかどうかを見極めていきましょう。

田○氏という不動産投資のブローカーが、主に若い世代をターゲットに物件紹介をしているなどして、流行っている会社と聞いています。

キャッシュバック、旅行、飲み会などを通じて若い世代にアプローチしているようです。

それでは詳しくみていきましょう。

マイク
マイク
ブローカーが全部ダメとは言いませんが、集め方がネットワークビジネスのようでちょっと怪しさを感じてしまいます・・・

当ブログの管理人

当ブログの管理人

管理人名

理系出身の現役サラリーマン投資家。40代の独身男性(結婚経験は有)。不動産投資を中心に投資信託や株式投資を実践中。現在、区分マンション11戸・ファミリーマンション2戸・一棟アパート4棟を保有中。投資信託や株で1億円強を運用中。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っています。

不動産投資に対するモットーは『売却益を得られてこその不動産投資』です。
ワンルームマンションであろうが、ファミリーだろうが、一棟アパートであろうが!売り抜いて売却益を得ないことには意味がありません。

・節税
・老後年金
・生命保険代わり
否!!不動産投資は不動産で儲けてこそです!

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


書籍を出版しています。

サラリーマンの資産形成について体系的にまとめていますので、まだ未読の方はぜひ読んでくださいね!

株式会社EDIFIREの会社概要

株式会社EDIFIREは東京港区に拠点を置く、不動産コンサルティング会社です。2024年1月時点で従業員10名ほどと記載されている、いわゆるスタートアップ企業です。

事業内容はコンサルティング業務を中心に、不動産流通プラットフォームの運営や、リノベーションに関する提案、施工なども手掛けているようです。不動産業界のスタートアップ企業として、ITやテクノロジーを活用した、次世代のサービス提供を行っている会社です。

会社名

株式会社EDIFIRE

所在地

106-0032
東京都港区六本木5-2-1 ほうらいやビル5
03-5544-8522
info@edifire.co.jp 

代表者

荒関 勇人

事業内容

不動産投資に関するコンサルティング事業
不動産販売及び買取
マンションの賃貸管理

免許番号

東京都知事(2) 99943

電話番号

03-5544-8522

会社HP

http://edifire.co.jp/

株式会社EDIFIREの特徴

株式会社EDIFIREのマンションブランド

具体的な記載がないのでわかりませんが、おそらく自社ブランドマンションなどの開発、分譲などの事業は手がけていない印象です。事業内容には「不動産販売および買取」と記載がありますが、売買、仲介が中心かと思われます。

主要対応エリア

明確な記載がないのでわかりませんが、会社が東京都港区にあることから、都内を中心に、関東近郊の人気エリアをメインに事業活動を行っているのではないかと推測できます。会社によって対応エリアなどは大きく変わるため、気になる会社がある場合は、直接問い合わせするなどして確認することをお勧めします。

アンバサダーマーケティングを採用

H Pには「実績や経験の少ない者がアウトバンドセールスでの顧客開拓をするのではなく、顧客の付加価値を高め、顧客満足重視、口コミ重視で顧客開拓をしていきます。」という記載があり、アンバサーマーケティングを実施していることが述べられています。

アンバサダーマーケティングとは、購入者、ファンをアンバサダーとして、告知・セールスに活用していく手法で、いわゆる営業マンを使った一般的なセールス手法とは違う考え方となります。不動産業界においては新しい考え方、取り組みともいえ、テクノロジーを活用したスタートアップ企業らしい、新しいスタンスの不動産会社だと言えます。

マイク
マイク
まさに冒頭で紹介した田○氏がこの例でしょうか。ブローカーを多く抱えている不動産会社は集客が安定しない傾向があるので、購入後も不安になってしまいます。。

特殊なサブリース契約

EDIFIREはサブリース契約を基本としているようです。サブリースとは空室保証のことで、一般管理の2~3倍の手数料を毎月支払うことで、万が一物件に入居者がつかなくても家賃を保証してもらえる契約です。入居者がいてもいなくても同じ家賃が受け取れるので、ローン返済がある方には心強いですね。

しかし、一見投資家に優しい契約に見えますが、実はサブリース契約は不動産投資の失敗のもとです。絶対にサブリース契約は結んではいけません。理由は後述します。

そしてEDIFIREのサブリースはかなり特殊な形になっていて、なんと空室時の保証賃料が賃貸中よりも10%下がるのです。

例えば、家賃が10万円の場合、空室時の保証家賃は9万円になるのです。常に一定の家賃を受け取れることが唯一最大のメリットであるサブリースの特徴が完全に崩れ去っていますね。

ただでさえサブリース契約はキケンなのに、それ以上に結ぶメリットのないサブリースを提供しているように感じます。。

ITテクノロジーを活用したサブスクリプションモデル

定額で不動産サービスを受けられるサブスクリプションモデルを構築している、とHPに記載があり、一度きりの付き合いではなく、物件購入後もサポートしていくためのサービスを開発、提供しているようです。

具体的な内容は記載がないためわかりませんが、いわゆる管理運用業務がこれに当たるケースが考えられます。購入後の運用サポートは物件オーナーにとって必須のサービスとも言え、詳しい内容などを確認した上でうまく活用していくことは、今後の不動産投資の成功を分けるポイントになるでしょう。

採用活動にも力をいれる

株式会社EDIFIREのHPではリクルートページがあり、セールス、エンジニア、管理スタッフ、アルバイトなど4項目での募集が行われています。いわゆるスタートアップのベンチャー企業という感じで、報酬はパフォーマンス次第で変わっていくことも記載されています。

優秀な人材の確保においては、どの会社も課題を抱えがちです。古い体質の会社もまだまだ多い不動産業界において、次世代型の新しい組織運営を行う会社という印象を受けます。

管理事業について

株式会社EDIFIREでは、不動産管理、管理業務の代行事業も手掛けているようですが、具体的な業務内容の記載はありません。どんなサービス、保証があるのかは、直接問い合わせるなどしてみてください。

一般的な管理業務には以下のような業務があります。

・入居募集
・契約代行
・家賃管理/振込
・明細書送付
・更新手続き​
・契約手続き
・敷金返金
・内装補修
・契約金送付
・クレーム処理
・アフターケア

不動産投資初心者や、副業大家としての活動となると、管理業務の効率化は重要なポイントで、不動産会社選びの際には、管理業務の代行の有無などは必ず確認するようにしておきましょう。会社によって提供サービスや、保証内容が変わってくるため、自分の投資スタンス、目的に合う会社を選ぶようにしましょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

「サブリース」とは、オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸するシステムです。サブリース契約を結ぶと、オーナーに代わり、不動産会社が入居者や物権の管理を行うことになります。また、空室状態が続いていても、オーナーには一定の賃料が毎月保証されます。一見便利な内容に感じる「サブリース契約」ですが、実際には問題点も多いため、契約には注意が必要です。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。近年では、サブリース契約を巡ったトラブルが増えています。提案を受けたら、まずはしっかりと内容を確認しましょう。リスクになる部分も把握することが大切です。全容を正しく理解し、納得したうえで契約することをおすすめします。サブリース契約は、上手に活用すれば、便利な仕組みです。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

株式会社EDIFIRE営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

ホームページ上にはセミナー情報の記載はなく、開催しているかどうかは確認できませんでした。ただし最近ではHPよりもSNSで告知する会社も増えていたりするので、気になる会社がある場合は、様々な媒体をチェックしてみることをお勧めします。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

株式会社EDIFIREのまとめ

東京に拠点を置き、ITテクノロジーを活用した次世代型サービスを提供する株式会社EDIFIREは、不動産業界のスタートアップ企業です。マーケティングやサービス提供の仕組みにもテクロジーを組み込み、これからの時代の新しい形の不動産投資サービスの提供を目指している会社です。

これからの時代はテクノロジーの活用が必須と言えるので、不動産業界においてもITテクノロジーに強い会社に注目するのも面白い視点かもしれません。一方で、どんな会社を見る場合でも、知識、情報を集めて、フラットに判断する目を養う必要があります。営業マンに言われるがままに契約する、人に勧められるままに契約するなどの人任せの判断にならないよう、最終的な判断は自分自身で決めることができるように知識、情報を絶えず取り入れることを意識していきましょう。

株式会社EDIFIREの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社EDIFIREの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。