株式会社クレドの口コミ・評判情報

これからの日本は、会社の退職金、年金だけでは豊な老後を送ることが難しいと言われ始めています。早い段階から将来の蓄えを作っていく意識が重要ですが、資産形成の一貫として不動産投資を始める人が増えています。

不動産投資は幅広い年代から人気を集めていますが、少ない資金で始められるワンルームマンション投資の注目が高まっています。最近では賃貸管理までをワンストップで任せられる会社も増えているのもワンルームマンション投資の人気が高まる背景としてあります。

この記事では、都内の中古区分マンションをメインに扱う「株式会社クレド」について見ていきたいと思います。会社や扱う物件の特徴などから、不動産投資を始めるにあたり、サポートをまかせることができるかどうかをチェックしてみましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社クレドの会社概要

株式会社クレドは、東京都渋谷区にある不動産会社です。主に都内の中古区分マンションを扱っています。物件の販売や賃貸管理だけでなく、コンサルティングなども行うことで、不動産投資をワンストップでサポートしています。

顧客に「永続的に家賃収入を得てもらうこと」を目標とし、「エリア」「家賃設定」「妥当な物件価格」「仲介手数料」の4つのこだわりをもって事業展開していますが、実際に収益性の高い物件かどうかは、投資家自信が慎重に判断していく必要があります。

会社名

株式会社クレド

設立

20111228

資本金

3,000万円

所在地

150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-24-4 ASKビル8

代表者

代表取締役 小松 圭太

事業内容

不動産の売買・賃貸及びその仲介並びに所有・管理 その他

所属団体

社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会

免許番号

国土交通大臣(1)9557

E-mail

記載なし

電話番号

03-5447-6695

取引金融機関

オリックス銀行株式会社
株式会社きらぼし銀行
西京信用金庫
西武信用金庫
大東京信用組合
ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社
東京シティ信用金庫
株式会社東日本銀行
株式会社みずほ銀行
株式会社三井住友銀行
株式会社三菱UFJ銀行
株式会社LIFULL Social Funding

会社HP

https://fudousan-toushi.jp/

関連会社

株式会社クレドマネジメント
ダルマ株式会社

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションのメリット

不動産投資は、主に老後資金の確保だったり、長期的な資産運用という目的で、現在とても注目されています。

不動産投資の中でも、近年人気が高いのは「ワンルーム不動産投資」です。ワンルーム不動産投資の1番のメリットは、手元の資金が少ない人でも始められると言うことです。株や投資信託ではそうはいきませんよね。

戸建て、一棟アパートに比べて価格の安いワンルーム不動産は、多くの資金を用意しなくても投資を始めることができます。不動産投資会社の中には、「資金ゼロで始められる」と言う勧誘をしているところもあります。一方、銀行からの借り入れが必須になるので、主に会社員をターゲットに、ここ数年注目を集めています。

ワンルームマンションのデメリット

注意が必要なのは、不動産投資は知識がないと効率の悪い資産形成になり、最悪赤字収支となります。

ワンルーム不動産投資は、立地、価格、金利、築年数、税金など、様々な条件を検討する必要があります。株や投資信託などの金融商品と違って、少し初めてからすぐ売る、といった流動性はないため、じっくり慎重な判断が求められます。

また、出口戦略についても検討が必要です。出口戦略とは持ち続けるか、売却するか、といった不動産投資の終わりのことを指しますが、不動産投資では購入してから5年以内の売却が損だったり、築15年をすぎると売却価格を下げないといけなかったりと、購入時では分からない色々な制限や縛りがあります。そういった『知識』がない中で不動産投資を始めた際に、いざ問題にぶち当たって後悔する、という人が多く発生している点が、不動産投資の負の特徴と言えるでしょう。

株式会社クレドの特徴

株式会社クレドのマンションブランド

株式会社クレドでは、主に中古の区分マンションの扱いが中心なので、自社ブランドマンションなどの開発は行っていません。

不動産業界のネットワークを駆使し、各エリアの市場調査も徹底的に行なうなどして、資産価値を長期間維持できる中古区分マンションの仕入れを行なっていることをウリにしています。総戸数20戸以上の大手企業が手掛けたブランド力のあるマンションの仕入れなどに力を入れていることも特徴の1つです。

主要対応エリア

株式会社クレドの物件は、東京23区内でも人気の高い、城西・城南地区などに多く、都内人気エリアを主要対応エリアとしています。扱う物件はいずれも「ターミナル駅まで電車で15分以内」「最寄り駅まで徒歩8分以内」といった好立地の物件です。

一方で、利回り重視の人に対しては築年数の古い物件の紹介も行なっており、そのようなケースにおいては都内に限らず、神奈川県の一部まで範囲を広げて物件の案内も行っているようです。

寄り添うコンサルティング

株式会社クレドの強みは、自社のプランナー、業務提携している資産コンサルティングの専門会社などとの連携で、お客様に寄り添ったプランニングやコンサルティングを提供している点にあります。将来像や目標、収入、仕事、家計状況をヒアリングし、最適なプランの提示を行っています。

その特徴は「一生涯の付き合い」を前提にしたサービス提供を行う点にも現れています。不動産オーナーの状況や悩み、要望などを汲み取れるよう、定期的に各オーナーとスタッフの食事会なども開催しているようです。密なコミュニケーションをとることで、オーナーは不安や不満などを伝えやすくなり、安心してマンション経営を継続することができます。オーナー同士の情報交換ができる交流会を開催することで、不動産投資家のメンタル面のサポートにも努めているのが特徴的です。

4つのこだわり

株式会社クレドは、顧客に「永続的に家賃収入を得てもらうこと」を目標としたサービス提供を行い、「エリア」「家賃設定」「妥当な物件価格」「仲介手数料」の4つのこだわりで物件を厳選しています。

・エリア
「駅から徒歩8分以内」「東京23区以内の人気エリア」「利便性」の3つに当てはまる空室率の低い物件

・家賃設定
現状の入居家賃と、退室後の妥当な相場賃料を併せて提示し、運用にズレが生じない家賃を設定

・妥当な物件価格
中古物件のみを扱い、建築費用や人件費などのさまざまな費用をコストカットし、妥当性のある価格で売買

・仲介手数料
扱う物件はすべて株式会社クレドが売主であるため、仲介手数料なしで物件を紹介することが可能
(※仲介手数料の上限は「物件の価格の3%+6万円+税」)

ホームページではさまざまな情報を発信

株式会社クレドのホームページでは、マンション投資を中心に、資産運用のノウハウ、ライフスタイルなどのカテゴリーに分けたコラムを掲載しています。読み応えのある記事も多く、多様な情報が得られます。不動産投資の基礎から専門的な内容なども、初心者でもわかりやすく書かれています。

ホームページからは「お役立ち資料」として、資産運用に関する資料をダウンロードすることができますが、こうした資料は集客目的のものでもあります。その後物件やサービスの勧誘を受ける可能性があることを踏まえて、個人情報の入力には進むようにしましょう。

管理事業について

株式会社クレドでは、オーナーが安心して不動産投資を行うための、物件購入後の賃貸管理業務の代行も行っています。

主な管理業務としては、

  • 入居者の募集、斡旋
  • 集金代行
  • 退去手続き
  • 更新業務
  • 物件の修繕手配
  • 入居者のクレーム対応
  • 契約書や必要書類の作成
  • 管理組合対応業務

など、本来オーナーが行う必要がある賃貸管理業務の代行を行っています。煩わしい雑務が手から離れるため、本業が忙しいオーナーでも安心して賃貸経営を行うことができます。

また株式会社クレドでは、3つのサービス保証として「3ヶ月間完全空室保証」「3ヶ月間設備負担なし」「1年間管理費・修繕積立金の金額保証」が付いていますが、詳しい条件、内容など、詳細は必ずチェックするようにしましょう。

サブリース契約は注意が必要

不動産会社がオーナー所有の物件を一括で借り上げ、入居希望者に転貸する仕組みを「サブリース契約」といいます。サブリース契約を結ぶと、不動産会社がオーナーに代わって賃貸経営を行います。さらに、家賃も保証されるため、空室状態が続いても、オーナーは毎月決まった金額を受け取ることができます。

しかし一見親切な契約に感じるサブリース契約ですが、問題点も多く、トラブルに発展することも少なくありません。

主なトラブルの原因は、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

などが挙げられます。

トラブル回避のためには、メリットだけでなく、デメリットもしっかり把握しておくことが重要です。契約を結ぶ前にきちんと内容を理解しておきましょう。あらかじめ起こりうるトラブルを知っておくことが、不動産投資を上手に進めるためのカギとなります。

トラブルについては消費者庁も注意喚起していますので確認しておくことをおすすめします。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

株式会社クレドでは、不動産投資初心者でも気軽に参加できるセミナーなど、毎月さまざまなテーマでセミナーを開催しています。マンション投資に限らず、物件オーナーによる投資体験、FP講師による資産運用など、不動産投資に関わる幅広い知識を得ることができます。

ただしこの手のセミナーの多くは、自社物件、サービスの勧誘目的がほとんどです。セミナー当日や後日、売り込みを受ける可能性はあります。情報収集目的など、気軽に参加するとあとで後悔するようなケースもあるので、評判やクチコミなども調べた上で申し込むようにしましょう。

株式会社クレドのまとめ

株式会社クレドは、東京23区の中でも需要の高い人気エリアの中古マンションを中心に扱っています。4つのこだわりで厳選した物件のみ仕入れを行い、一人ひとりの状況、目的に合わせた資産運用コンサルティングを特徴としています。

不動産投資初心者にとって、サポートしてくれるコンサルタントは心強い存在ではありますが、中古の区分マンションは扱いが難しく、初心者が手を出すと収益が出ず後悔するようなケースも珍しくありません。投資は自己責任です。あとで後悔することのないように、他社物件、サービスと比較しながら、価値ある物件に投資できるようにしていきましょう。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。