シービーアールイー(CBRE)株式会社の口コミ・評判情報

老後2,000万円問題などで、年金だけでは余裕のある生活が送れないことが浮き彫りになった今の時代、会社員のうちから将来に向けて資産形成を始める人が増えています。中でも不動産投資は会社員にとって取り組みやすい選択肢として、ワンルームマンション投資を中心に人気を集めています。

不動産投資は「難しい」「ハードルが高い」というイメージがありましたが、最近では物件の仲介だけでなく、資金面や管理面、運用面など、不動産投資をトータルサポートしてくれる会社も増えています。ただし、どんな会社に依頼するか、どんな物件を購入するかは重要な問題なので、物件を広く比較、検討することが求められています。

この記事では、事業用不動産の投資サポートを行う「シービーアールイー株式会社(CBRE)」について見ていきたいと思います。事業の内容や扱う物件の特徴などから、どんな会社なのかをチェックしていきましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

シービーアールイー株式会社(CBRE)の会社概要

シービーアールイー株式会社は、世界最大の事業用不動産サービス・投資顧問会社CBREグループの日本法人となる会社です。前身となる生駒商事が1970年に設立されて以来、全国で、地域に根ざしたサービスを展開しています。

大手母体をバックボーンに持つシービーアールイーの事業は不動産賃貸・売買仲介サービスにとどまりません。各種アドバイザリー機能、ファシリティマネジメントなど、17の幅広いサービスを全国規模で展開しています。個人投資家向けというよりは、法人向け不動産のトータルソリューションプロバイダーと言える会社です。

会社名

シービーアールイー株式会社

設立

1970(昭和45) 221

資本金

77,100万円

所在地

100-0005 東京都千代田区丸の内二丁目11号 明治安田生命ビル

代表者

代表取締役社長兼CEO
坂口英治

事業内容

国内及び外資系企業を対象とした事業用総合不動産サービス
・事業用不動産(オフィスビル、物流施設、商業施設等)の売買、交換、賃貸借の代理・媒介、信託受益権の売買の代理・媒介、私募の取扱い
・不動産戦略・投資に関するコンサルティング(投資顧問、鑑定、デューデリジェンス、アセットマネジメント等)
・不動産情報 / データ分析提供・出版、マーケットリサーチ・レポート作成、セミナー開催
・プロパティマネジメント、不動産企画コンサルティング
・企業のCREに関するコンサルティング
・プロジェクトマネジメント
・不動産に関する各種代理・代行業務(契約書管理、施設管理、データベース管理)

所属団体

一般社団法人 不動産流通経営協会
一般社団法人 不動産証券化協会 (準会員)
公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会
公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会
金融商品取引業協会 第二種金融商品取引業:
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
金融商品取引業協会 投資運用業、投資助言・代理業:
一般社団法人 日本投資顧問業協会(JIAA

免許番号

宅地建物取引業 / 国土交通大臣免許 (14) 1075
不動産鑑定業 / 国土交通大臣登録 (3) 261
第二種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業/ 関東財務局長 (金商) 1301
一級建築士事務所 / 東京都知事登録 第57677
警備業/東京都公安委員会認定 第30003852

E-mail

記載なし

電話番号

03-5288-9288

取引金融機関

記載なし

会社HP

https://www.cbre.co.jp/ja-jp/

関連会社

シービーアールイーCMソリューションズ株式会社

シービーアールイー株式会社(CBRE)の特徴

シービーアールイー株式会社(CBRE)のマンションブランド

大手グループを母体に持つシービーアールイー株式会社ですが、自社でマンションやアパートなどのブランドマンションは開発していません。国内及び外資系企業を対象に、オフィスビルや店舗、物流施設、商業施設など、事業用の不動産に特化した売買・仲介が中心です。

主要対応エリア

CBREグループ全体では、全世界で372営業拠点、52,000人以上の専門スタッフを擁し、幅広いニーズに対してグローバル規模で対応しています。日本法人のシービーアールイー株式会社においては、本社のある東京を中心に、全国10箇所に支店・営業所を構え、事業用不動産関連事業を展開しています。

100年以上続く世界最大規模のグループ企業

母体となるCBREは、1906年にアメリカで設立されました。100年以上世界最大手の事業用不動産サービスの提供、投資顧問会社として事業を展開し続けています。フォーチュン500やS&P500にランクインするなど世界規模で知名度の高い企業グループとして知られています。

日本法人であるシービーアールイー株式会社は、1970年に大阪において、貸ビル仲介の専門商社、生駒商事として設立されました。翌年には東京、名古屋、続いて福岡と拠点を広げ、現在の10拠点まで全国ネットワークを拡大しています。シービーアールイー株式会社では、専門知識を持ったプロのスタッフが、積極的にクライアントとの信頼関係を築き上げることに注力しています。クライアント企業の多様な要望に対応し、高品質なサービス提供を強みとしています。世界規模で拡大を続ける大手企業ということもあり、知名度、信頼度は高い会社ですが、最終的にはどんな物件を購入するかが不動産投資の成否を決めるので、物件選びの際は他社とも比較しながら慎重に判断するようにしましょう。

日本最大級の事業用不動産専門情報サイトを運営

シービーアールイー株式会社では、オフィス、物流施設や店舗など、あらゆる分野の事業用不動産に対応しています。物件利用者、オーナー、投資家それぞれのニーズに対応した多様なサービスを提供できる強みがあります。都内をはじめ、全国にある賃貸オフィス、貸倉庫、貸店舗などの物件情報から、全国各地の相場情報や各種不動産ノウハウなど、あらゆる不動産物件の情報提供を行なっています。

シービーアールイー株式会社が提供する事業用不動産専門情報サイトでは、賃貸オフィス・貸倉庫・貸店舗・データセンターを探すことが可能です。仲介手数料無料物件、シェアオフィス、居抜きオフィスなどの条件で検索可能です。シービーアールイー株式会社には、事業用不動産に特化し50年にわたってサービスの提供を行なっている、事業用賃貸仲介ノウハウがあります。これまで約9万件にも上る仲介実績があることから、豊富な実績が伺えます。

プロフェッショナルによる不動産投資サポート

シービーアールイー株式会社では、事業用不動産資産を所有する法人、個人をグローバルスケールでのサポートを行なっています。物件の買収、保有、売却といった、不動産投資における3段階のあらゆる側面において独自の専門知識を提供できることに強みを持っています。

アセットマネジメント事業では、顧客の要件に沿った計画を提案・実行。グループの総合力を活用し、投資判断のアドバイス、物件の買収、資産価値の向上、出口戦略まで一貫したサポートを提供しています。さらに、法務・税務・財務関連を含む多岐にわたるアセットマネジメントサービスなどにも特徴があります。

金融サービス部門では、独自のネットワーク、リサーチ力、ノウハウを持った不動産金融の専門家によるアドバイスも行うなど、グローバル規模で展開し、豊富な実績を背景とした不動産投資のトータルサポートに強い会社です。

管理事業について

シービーアールイー株式会社では、各部門と連携し、不動産投資のあらゆるサポートを行なっています。物件やポートフォリオ管理の最適化、賃貸管理事業の支援などを行なっています。

・会計業務
個別にカスタマイズした会計および財務レポート
・事業継続計画に関する業務
緊急時対策の計画とその実施
・省エネ対策およびサステナビリティ計画
業務効率とコスト削減を推進した資産の最適化
・グローバルスタンダード
CBREが管理するポートフォリオ全体にわたり、管理運営手続きをグローバル規模で標準化する
・人事
人材の誘致、新人研修、研修、開発
・学習機会・能力開発
オンライン研修や対面研修コース
・調達
協力会社とのパートナシップ、価格決定及び購買管理
・プロジェクトマネジメント
投資計画および新築プロジェクトの総合管理
・リスクマネジメント
保険および資産保護の管理
・セキュリティ
カスタマイズしたセキュリティ計画、ツール、サービス
・戦略的取引
お客様のニーズに基づく、ポートフォリオ全体にわたるリソースの活用
・テクニカルサービス
メンテナンス、テクノロジー、エンジニアリングサービス
・テナントサービス
テナントとの関係構築およびテナント維持管理
・移管
シームレスな不動産管理業務の移管

上記のように、不動産に関わるあらゆる場面のサポートを行なっており、事業用物件の運営に関する管理業務までを幅広くサポートしています。事業用物件ならではの、さまざまな管理業務の専門知識を持ったプロのスタッフが在籍しているようなので、興味のある方は一度相談してみるのもいいかもしれません。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。オーナー所有の物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸する仕組みを「サブリース契約」と言います。この契約を締結した場合、物件の管理や入居者の対応は不動産会社が行うことになります。オーナーは煩わしい業務から手が離れ、労力をかけない賃貸経営が可能になります。

メリット面だけ見ると、とてもありがたい契約に感じられるかもしれません。しかし、サブリース契約にはデメリットとなる面も多く、後にトラブルに発展するケースも増えています。

主なデメリット面は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。
サブリース契約の内容は会社ごとに異なります。契約を結ぶ前にしっかりと内容を把握し、正しく理解しておくことが大切です。メリット・デメリットを知ることが、トラブル回避の鍵となります。リスクを想定しておくことも、不動産投資を成功させるための第一歩です。

サブリース契約に関するトラブルについては消費者庁も注意喚起しています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

シービーアールイー株式会社では、事業用不動産投資や開発を考える企業向けにセミナーを開催しています。国内の各都市におけるオフィスマーケット動向や、扱う物件の紹介、オフィスの空室問題などに関する情報を、WEBセミナーという形で提供しています。

詳細については、ホームページの「イベント情報」から確認することができます。ただし、シービーアールイー株式会社は事業用不動産に特化した会社です。セミナーの内容も、事業用不動産投資家向きなので注意しましょう。

シービーアールイー株式会社(CBRE)のまとめ

シービーアールイー株式会社は、世界100カ国以上に10万人を超える不動産プロフェッショナルを抱えるアメリカの企業CBREグループの日本法人です。日本では創業から50年以上にわたり、事業用不動産の賃貸・売買仲介、各種アドバイザリー機能やファシリティマネジメントなど、17の幅広いサービスを全国規模で展開しています。

大手ならではの物件情報数、プロフェッショナルによる知識共有、グローバル規模でのサポートを強みとしながら事業を展開しています。実績は申し分ない大手グループの企業ですが、最終的にはどんな物件を選ぶかが重要です。特に事業用不動産は初心者にはハードルの高い物件なので、自分の目的や投資規模にあった物件を、冷静に選択していくことをお勧めします。

シービーアールイー株式会社(CBRE)の物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法ないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたのワンルームマンション投資をより良くすることができるかもしれません。

シービーアールイー株式会社(CBRE)の物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜマンション経営を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。ワンルームマンション投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。