株式会社ボンズ・ジャパンの口コミ・評判情報

老後のため、早期リタイアFIREのためにと、近年では様々な目的で資産形成に目を向ける人が増えています。中でも会社員を中心に、ここ数年人気を集めているのが不動産投資です。

不動産投資は安定した収入源になるとして、老後の安定収入のために早くから始める人が増えています。当然ながら価値ある物件に投資することが必須と言え、そのためには物件を見極める目利き力が求められます。最近では不動産投資を幅広くサポートしてくれる会社も増えているので、物件だけでなく、会社選びも重要なポイントと言えます。

この記事では、東京を中心に自社開発の投資用物件を扱う会社「株式会社ボンズ・ジャパン」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、不動産投資を始める上で検討すべき会社かどうか、自身のスタイルに合うかどうかを見極めていきましょう。

当ブログの管理人

当ブログの管理人

管理人名

理系出身の現役サラリーマン投資家。40代の独身男性(結婚経験は有)。不動産投資を中心に投資信託や株式投資を実践中。現在、区分マンション11戸・ファミリーマンション2戸・一棟アパート4棟を保有中。投資信託や株で1億円強を運用中。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っています。

不動産投資に対するモットーは『売却益を得られてこその不動産投資』です。
ワンルームマンションであろうが、ファミリーだろうが、一棟アパートであろうが!売り抜いて売却益を得ないことには意味がありません。

・節税
・老後年金
・生命保険代わり
否!!不動産投資は不動産で儲けてこそです!

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


書籍を出版しています。

サラリーマンの資産形成について体系的にまとめていますので、まだ未読の方はぜひ読んでくださいね!

株式会社ボンズ・ジャパンの会社概要

株式会社ボンズ・ジャパンは、投資用不動産の開発、仲介、売買、コンサルティングを行う総合不動産会社です。自社ブランドマンション「BONDS JAPANシリーズ」を手掛け、都内人気エリアに多数展開しています。

自社ブランドマンション開発、販売に加えて、投資用マンション事業では購入後のアフターフォローにも力を入れており、コンサルティング事業なども行っています。バリューアッド型のウェアハウジング投資事業、自社ブランドの新築分譲事業、リノベーション事業、戸建て事業など、住まいに関わること、不動産投資に関わることを幅広く手掛ける会社です。

会社名

株式会社 ボンズ・ジャパン

設立

201411

資本金

5,000万円

所在地

【東京本社】
150-0043 東京都渋谷区道玄坂
1丁目23 渋谷フクラス17
TEL03-5458-5597 FAX03-5458-5598

【宮崎本社】
880-0805 宮崎県宮崎市橘通東
3丁目619 EST2ビル6
TEL0985-65-8300 FAX0985-35-6581

【福岡支店】
812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前
1丁目1520 NMF博多駅前ビル4
TEL092-433-5597 FAX092-433-5598

代表者

金澤 淳

事業内容

投資用、居住用不動産の売買・媒介
投資用不動産の自社開発・企画開発分譲
不動産総合コンサルティング
損害保険代理業
賃貸管理業
前各号に付帯する一切の業務

免許番号

国土交通大臣(2)8968

会社HP

HOME

株式会社ボンズ・ジャパンの特徴

株式会社ボンズ・ジャパンのマンションブランド

株式会社ボンズ・ジャパンでは、自社ブランドマンションシリーズ「BONDS JAPANシリーズ」を、都内人気エリアを中心に展開しています。高級ブランドマンションシリーズとして、立地は都内23区の人気エリアが中心となっていて、アクセスの良さも魅力として打ち出しています。

BONDS JAPANシリーズ以外にも、都内人気エリアにおけるマンション開発を実施。一部福岡県でも新築物件の開発を行うなど、事業エリアの拡大も図っているようです

主要対応エリア

会社のある都内23区、賃貸ニーズの高い都心の人気エリアを主要対応エリアとしています。実績を見ても、練馬区、北区、豊島区、渋谷区といったような人気エリアが多くあります。

賃貸ニーズの高い都内の物件は人気が高いことから、相場より価格が高くなってしまうこともあります。同エリアの他物件とも比較しながら、相場より価格が高く収益性の低い物件に手を出さないように注意しましょう。

マイク
マイク
近年、上記のようなエリアは非常に不動産価格が高騰しています。資産としては盤石である一方、投資効率が悪くなってしまうため、サラリーマン投資家が狙うべきはそこからすこしずらしたエリアになるでしょう。

購入から運用までをワンストップでサポート

株式会社ボンズ・ジャパンでは、物件購入後の賃貸管理までを自社一貫のアフターフォロー体制でサポートしています。元々ボンズ・ジャパンは、不動産金融、医療福祉、アメニティ及び教育関連事業を全国展開するLALLグループの中核を担う真和エンタープライズの九州支店として設立された会社です。2010年に福岡県に設立され、2013年6月宮崎にオフィスを開設、2015年4月には (株)九州真和エンタープライズの社名で法人化し今日に至っています。

大手のバックボーンやネットワークを使いながら、自社グループ内で不動産投資をワンストップでサポートしています。投資家にとっては、賃貸管理までを一貫して依頼できることは大きなメリットと言えます。どんなサービスがあるのか、サービスの質はどうなのかを詳しく調査した上で検討しましょう。

各種イベント開催にも力をいれる

2023年9月現在は、先のコロナ以降からイベントの自粛を行っているようで、現在進行形で行なっているイベントは見つかりませんでした。ただ、コロナ以前はセミナーなどイベントの開催にも積極的だったようです。

セミナーや勉強会、相談会などは、会社やサービスの宣伝告知を兼ねているものの、その会社の社風や雰囲気を知ることができる良い機会でもあります。ボンズジャパンに限らず、気になる会社がある場合は、セミナーなどのリアルの場に参加して、その会社がどんな社風でどんな雰囲気を持っているのか、自分の目で直接確かめに行くのもとても有意義です。

マイク
マイク
見に行くのは全然良いですが、営業に推し負けないようにしましょう。物件は誰から買うかではなく、どの物件を買うかが重要です。
しっかり物件をジャッジしましょう。

福岡、宮崎など九州エリアを中心に事業展開

本社は東京にあるものの、先に述べたように、元々は真和エンタープライズの九州支店として設立された会社でもあることから、福岡県や宮崎県などの九州エリアを中心に事業活動を行っています。

不動産投資は、都心と郊外で、似たような物件でも相場や収益性が変わります。どのような物件を選ぶかは、資金や投資スタイルによって変わります。どのエリアでどんな物件を購入するのか、購入後の運用についても考慮しながら、様々な条件、物件を比較し、検討するようにしましょう。

管理事業について

ボンズ・ジャパンでは、物件購入後の賃貸管理についても一貫したサポート体制が用意されているようです。ただしどんなサービスがあって、どこまでサポートしているかは詳しい記載がありません。気になる方は、直接問い合わせるなどして確認するようにしてみてください。

一般的な賃貸管理業務としては、以下のようなものがあります。

・入居募集
・契約代行
・家賃管理/振込
・明細書送付
・更新手続き​
・契約手続き
・敷金返金
・内装補修
・契約金送付
・クレーム処理
・アフターケア

これらの賃貸管理業務は本来オーナー自身が行うべきものですが、賃貸管理事業を代行依頼できる会社に依頼することで、賃貸管理の負担を軽減することができます。特に働きながら不動産投資を行う副業大家の場合は、時間もなく、管理業務に時間をかけることができません。物件購入時は、購入後の賃貸管理のサポートを依頼できるかもしっかりと確認しておくようにしましょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、転貸する契約を「サブリース」といいます。この契約を結ぶことで、オーナーは入居者や物件の管理を、不動産会社に一任することができます。さらに、入居状況に関係なく、一定の賃料が毎月保証されます。煩わしい雑務を手放せるだけでなく、賃料保証があるため、一見便利な契約に感じられます。

しかし、サブリース契約には問題点も多く、近年ではトラブルに発展するケースも増えています。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。トラブルに巻き込まれないようにするためには、安易に契約を結ばないことが大切です。まずは内容をしっかり確認し、リスクとなる部分についても把握するようにしましょう。サブリース契約を理解し、上手に活用すれば、安定した賃貸経営につなげることができます。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

株式会社ボンズ・ジャパンの営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

ホームページにはセミナー情報などの記載がありませんでした。コロナ以降自粛している旨が掲載されていますので、元々はセミナー、個別相談なども積極的に開催されていたのかもしれません。

最近ではホームページだけでなく、SNSで告知する会社も増えているので、気になる方はSNSなどで情報を集めてみるのも良いでしょう。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

株式会社ボンズ・ジャパンのまとめ

株式会社ボンズ・ジャパンは、不動産、金融、医療福祉、アメニティ及び教育関連事業を全国展開するLALLグループの中核を担う真和エンタープライズの九州支店として設立された会社で、福岡、宮崎エリアを中心に不動産投資事業を行っています。不動産会社の中には、得意なエリア、主な活動エリアが決まっている場合もあります。同時に、得意な領域も会社ごとに様々なので、ご自身の目的や投資スタイルに合う会社を探すようにしましょう。

不動産投資は知識、情報がとても重要です。専門家である不動産会社から情報を仕入れていくことはもちろん、ご自身でも広く情報収集を行いながら、価値ある物件に正しく投資できるスキルを高めていきましょう。

株式会社 ボンズ・ジャパンの物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社 ボンズ・ジャパンの物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語


不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。