株式会社 atseed(アットシード)の口コミ・評判情報

老後に備えた資産形成の注目が高まる中、本業を持ちながら、不動産投資で副収入を得ようと考える人も増えています。中でも不動産投資は運用次第で、安定的な収入を得ることが可能な手段として人気を集めています。

ただし、初心者が知識のないまま始めても赤字になってしまうケースもあるため、お金を出せば儲かるというものでもありません。最近は、不動産投資を物件購入から賃貸管理、売却までをワンストップでサポートしてくれる会社も増えました。最終的に、どの不動産会社からどのような物件を購入するかを判断するのは自分です。会社選び、物件選びは慎重に見極める必要があります。

そこでこの記事では、東京で不動産業をはじめ、さまざまな事業を展開する「株式会社 atseed[アットシード]」について見ていきたいと思います。会社概要、扱う物件の特徴から、投資を検討する価値があるかどうかを見ていきましょう。

当ブログの管理人
マイク

150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン投資家。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っている。

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

株式会社 atseed[アットシード]の会社概要

株式会社 atseedは、不動産・飲食店経営コンサルティング・システム開発の3つの事業を行っている会社です。不動産事業においては、投資用不動産の売買や賃貸管理事業を中心に展開しています。

全事業でシナジー効果を発揮し、地域社会や顧客のライフスタイルにイノベーションを起こしていけるよう日々挑戦していることを謳っています。2015年の創業以来、売上高は右肩上がりであることをアピールしながら、順調に成長を続けている企業です。

会社名

株式会社 atseed[アットシード]

設立

20154

資本金

1000万円

所在地

153-0043 東京都目黒区東山1-6-2 TPR中目黒ビル6

代表者

代表取締役 時友 辰典

事業内容

不動産コンサルティング業務、不動産の売買・仲介・賃貸及び管理
リノベーション・リフォーム業務、飲食直営店経営、損害保険代理業

所属団体

社団法人 全日本不動産協会、社団法人 不動産保証協会
一般社団法人 東京不動産協会

免許番号

宅地建物取引業者 東京都知事(2)97915
賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(1)6023

E-mail

info@atseed.co.jp

電話番号

03-6416-9674

取引金融機関

ARUHI、イオン住宅ローンサービス、SBJ銀行、オリックス銀行
大東京信用組合、ダイヤモンド アセット ファイナンス、日本政策金融公庫、
みずほ銀行、三井住友銀行  ほか

会社HP

https://www.atseed.co.jp/

株式会社 atseed[アットシード]の特徴

株式会社 atseed[アットシード]のマンションブランド

株式会社 atseedでは、自社ブランドマンションの開発は行っておらず、主に中古マンションの売買仲介をメイン事業としています。

扱う不動産は、ワンルームタイプからファミリータイプの区分マンションが多いことを特徴としています。資産運用を目的とした不動産については、ワンルーム・DINKSタイプのマンションのほか、一棟物件も提案しています。

主要対応エリア

株式会社 atseedは、東京都目黒区を拠点とし、23区を中心とした首都圏エリアに対応しています。販売実績を見ると、東京都内に次いで神奈川エリアも得意としていることがわかります。首都圏エリアは、企業や学校などが集中しているため、人口の流入も多く、賃貸需要が見込めます。将来的にも人口が激減するような可能性は低いとされ、資産価値が下がりにくいエリアともいえます。

ただし、首都圏エリアの不動産なら何でも良いわけではありません。そのなかでも、最寄り駅から近い・都心部へのアクセスが良い・治安が良いなど、好条件の物件を選ばなければなりません。購入を検討する際は、物件の良し悪しを自分で見極めことが何より重要になります。

資産形成のためのさまざまなサポート

株式会社 atseedでは、物件を所有してからが不動産投資のスタートであることを謳っています。将来の資産形成を進めていくうえで、「四種の神器」で資産のバリューアップや見直しをすることをアピールしています。「四種の神器」とは次の4つのサービスを指しています。

・一部繰り上げ返済
将来の金利上昇に備え、支出を減らしたい人へは減額、早期退職に備え、完済期間を早めたい人へは減年を提案しています。

・借り換え
返済額を変えたい人へは、当初借入金利より低い金利での借り換えを、将来的な金利上昇を懸念する人へは、固定金利への借り換えを提案しています。

・所有物件の売却
速やかに物件を売却したい人へは自社での買取を、希望価格で売却したい人へは仲介を提案しています。

・確定申告
日頃忙しいオーナーへ、税理士を紹介し、確定申告をサポートしています。

これらを初心者が自分で行うには、ハードルの高さを感じます。株式会社 atseedでは、ローン、不動産の売却、税務相談などをトータルサポートし、あまり知識のない人でも安心して不動産投資を行える仕組みを構築しています。

初心者にとって、専門知識を持ったプロのサポートはとても心強いサービスといえます。しかし、すべて言いなりになってしまうのは危険です。不動産会社の提案が、今の自分に本当に必要なものかどうかをしっかり考えるようにしましょう。

無理なテレアポや飛び込みは一切なし

株式会社 atseedでは、無理なテレアポや飛び込みを一切しないといった営業スタイルであることをアピールしています。新規開拓についても、既存顧客の紹介のみで行っているため、「しつこい」「強引」といった、不動産会社にありがちな印象はありません。なかには、ノルマを達成するために何度も電話やメールでアプローチしてくる不動産会社もあります。

知識の浅い初心者の場合、営業担当のセールストークを鵜呑みにしてしまうケースも少なくありません。不動産会社を選ぶ際は、その会社の営業方法やセールス担当の対応などもチェックポイントにすると良いかもしれません。

なお、株式会社 atseedでは、「無理なテレアポ」は行わないことを謳っていますが、テレアポをしないわけではないため、その点についてはあらかじめ理解しておきましょう。

入居者の確保力・資産管理に強み

株式会社 atseedでは、物件を購入した後のプロパティマネジメントに強みを持つ会社です。圧倒的な入居者の確保力を誇り、ただ管理するのではなく、オーナーの状況を理解し、把握しながら安定した賃貸経営のサポートを行っていることをアピールしています。

オーナーが所有する物件の地域性や、入居属性を精査し、ターゲットを絞ったリノベーションのプラン作成も行っています。さまざまな根拠に基づき、コンセプトを設定したリノベーションを行うことで、物件のバリューアップを提案できることを謳っています。

不動産投資では、日々の賃貸管理業務はもちろん、将来的な売却を考えた場合、物件の維持管理も重要です。長期的な目線で、オーナーにとって最適なプランニングを行ってくれる不動産会社を選ぶと良いでしょう。

管理事業について

株式会社 atseedでは、上述の通り、物件購入後のプロパティマネジメントも行っています。オーナーに代わり、さまざまな賃貸管理業務を行っています。なお、賃貸管理サービスは、「家主代行システム」「マスターリースプラン」の2つがあり、それぞれサポートの範囲が異なるため、ホームページから詳細を確認してみてください。ホームページ上に記載されている、主な賃貸管理サービスは次のとおりです。

募集業務
・募集計画
・募集案内の作成
・募集媒体の手配

審査、賃貸借契約業務
・入居審査
・保険加入手続き
・賃貸借契約書の作成、締結
・更新契約手続き

会計業務
・集金業務
・敷金の保管管理
・滞納者への催促
・会計業務

入居者管理業務
・問い合わせ対応
・クレーム対応
・鍵の管理保管
・設備トラブルへの対応
・退去時の立会い
・点検

建物管理業務
・定期清掃
・法定点検
・設備修繕
・大規模修繕
・室内クリーニング
・原状回復

こうした業務は、本来は物件を所有するオーナーの仕事です。しかし、初心者や忙しい人にとって、賃貸管理業務や建物管理業務は大変な労力となります。不動産会社に代行してもらうことで、オーナーは煩わしい業務を手放すことができ、安心して賃貸経営を行うことが可能となります。

なお株式会社 atseedでは、不動産会社・入居者・オーナーが簡単、気軽に繋がるシステム「LinQuick(リンクイック」を開発・提供しています。これにより、スムーズな賃貸管理を行えることをアピールしています。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

「サブリース」とは、オーナーが所有する物件を、不動産会社が一括で借り上げ、第三者に転貸する仕組みを指します。オーナーは、入居者や物件の管理を不動産会社に一任できるほか、入居状況に関係なく、毎月一定額の賃料保証を受けることができます。不動産会社によっては「マスターリース」や「家賃保証サービス」といった呼び方をする場合があります。

一見するとメリットの多そうな契約ですが、サブリースには問題点も多いため、注意が必要です。

サブリース契約には、主に次のような問題点があります。

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却価格が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

最近では、サブリース契約を巡ったトラブルも急増しています。マスコミに取り上げられたり、消費者庁が注意喚起を行ったりしているので、ネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。ですが、メリットだけでなく、リスクとなる部分についても正しく理解しておけば、サブリースは便利に活用することができます。
提案を受けたら、まずは内容をしっかり確認するようにしましょう。

サブリース契約に関するトラブルは消費者庁も注意喚起を行っています。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

株式会社 atseed[アットシード]の営業社員の評判は!?

不動産投資業界には、顧客に寄り添い、親身になってサポートしてくれる営業マンがいる一方、売ることだけ熱心で、販売後は対応が雑になる営業マンもいらっしゃいます。営業を経験されたことがある方ならそうなるのも仕方ないのはわかりますよね?ノルマありますからね。

営業マンをかばうわけではありませんが不動産業界はかなりノルマがきつい業界です。営業マンにおんぶにだっこではなく自分自身の足で立てるようにしましょう。自分の周りに先輩投資家などがいると気軽に聞けるので営業マンの負担をかけずに済むでしょう。

セミナー情報

株式会社 atseedでは、「前のめり不動産セミナー」というテーマで、いくつかジャンル分けしたセミナーを開催しています。実際に不動産投資に取り組みたい人向けや、金融知識を養いたい人向け、富裕層向けなど、顧客層に合わせたセミナーを特徴としています。

現在(2022年3月時点)では、すべてオンラインでの実施となっているため、遠方に住んでいる人でも気軽に参加することができます。セミナーの詳細や申し込みについては、ホームページを確認してみてください。

株式会社 atseed[アットシード]のまとめ

株式会社 atseedは、東京都目黒区を中心に、東京23区と周辺のエリアを対象に、事業を展開しています。不動産事業では、中古マンションの売買仲介やプロパティマネジメントを得意としています。近年では、不動産会社・入居者・オーナーを簡単に結ぶ賃貸管理システムの開発や提供も行っており、「不動産×サービス×テクノロジー」をアピールしています。

ローンの相談も得意としており、物件購入後の繰上げ返済や借り換えの相談にもきめ細かく対応できることを強みとしていますが、不動産投資初心者にとってプロのアドバイスや意見は、どれも正しく感じてしまいがちです。ですが、全てを鵜呑みにするのはとても危険です。投資は自己責任だということを忘れず、大切な判断は必ず自分で行うようにしなければなりません。そのために、日頃の情報収集を習慣づけ、知識を養う努力もしましょう。

株式会社 atseed[アットシード]の物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法はないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたの不動産投資をより良くすることができるかもしれません。

株式会社 atseed[アットシード]の物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。不動産投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。