株式会社アントレッフェンの評判 | 企業情報・サービスの特徴・口コミを解説

今回は、不動産投資コンサルティング会社の株式会社アントレッフェンの企業情報、サービスの特徴、口コミ・評判について調べてみました

同社は不動産の仲介や開発はおこなわず、不動産投資のコンサルティングやリファイナンスなどを主に提供する企業です。

不動産投資に興味を持つ人の中には、失敗しないためにこうした不動産投資コンサルティングサービスの利用を検討する人もいるでしょう。

フラットな目線で解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

株式会社アントレッフェンの企業情報

株式会社アントレッフェンは、不動産の仲介や媒介は行わず、物件の紹介をする不動産コンサルティング会社です。

株式会社アントレッフェンの会社概要

会社名株式会社アントレッフェン
所在地〒158-0097
東京都世田谷区用賀2丁目29番5号
電話番号未記載
(問い合わせはお問い合わせページのみ対応)
創立年月日2015年1月20日
資本金5,000,000円(2016年12月現在)
代表者溝口 晴康
事業内容1. 不動産コンサルティング全般(物件紹介・ファイナンスアレンジ)
2. 不動産セミナーによる講演活動
3. 生命保険販売
4. 少額短期保険販売
5. M&A仲介業
取引金融機関・りそな銀行 中野支店
・横浜銀行 玉川支店
・西武信用金庫 三軒茶屋支店
法人番号8020001109319
会社HPhttps://antreffen.jp/

2015年設立の若い会社

株式会社アントレッフェンは、主に不動産コンサルティング業を目的とし、2015年1月20日に設立された若い企業です。

2018年1月29日、同社は本店所在地を以下のとおり変更しています。

旧住所:神奈川県川崎市宮前区土橋6丁目1番地9GIステイツ402
移転先住所:東京都世田谷区用賀2丁目29番5号

投資用不動産の売買・ローン借換コンサルティングに注力

会社概要を見る限り、同社は「宅地建物取引業者免許」を取得していません。

このことから、不動産取引の仲介は行わず、投資用不動産の売買やローン借換コンサルティングに注力しているようです。

同社の不動産コンサルティングには、代表の溝口氏の実績から、以下の強みがあると主張しています。

  • 関連業者の強み・弱みを把握しているため、QCD(品質・コスト・納期)にあった業者を割り振れる
  • 不動産投資の購入から売却までの出口戦略をサポートできる
  • 不動産投資ローンの借り換え(リファイナンス)をサポートできる

企業のM&A案件も仲介している

同社は、後継者不足の事業や不動産資産管理法人の譲渡(M&A)案件などの仲介業も展開しているようです。

確かに日本の少子高齢化問題は、後継者不足で廃業や倒産するケースが社会問題化していますので、時流に合ったビジネスといえます。

なお同社は金融商品取引業の認可を受けていないため、M&A仲介業についても株式の取引や募集行為は行わず、紹介に留めていると考えられます。

株式会社アントレッフェンの3つのサービス

株式会社アントレッフェンには、大きく分け以下の3つのサービスがあります。

  • 物件購入サポート
  • ローンの借換サポート(リファイナンス)
  • M&Aの仲介

ここではそれぞれのサービスと料金などの条件を見てみましょう。

物件購入サポート

不動産の購入から同社のサポートを受ける場合、提供されるコンサルティングサービスは以下のとおりです。

  1. 期待のエリア/利回りについて合意する
  2. 都内中心の割安な土地を代行して探す
  3. その土地をフルに活用した建物プランを設計士に依頼する
  4. 建築見積もりを工務店からもらう
  5. 家賃収入を査定する
  6. 利回りを算出して、金融機関を紹介する

これらのサービスに対して、かかるコンサルティング料金は下記のとおり。

コンサルティング料金:着手金 15万円(税別)、 成約時 50万円(税別)

マイク
マイク
同社への報酬はコンサルティング料のみかもしれませんが、不動産の購入にかかる仲介手数料などの費用は別途発生しますから、その点はきちんと押さえておきたいですね。

ローンの借換サポート(リファイナンス)

既存物件を保有している投資家で金利3%以上を負担している場合、より条件の良い金融機関に借り換えをサポートするとしています。

コンサルティング料金:成功報酬 30万円(税別)

マイク
マイク
元々の金利が高ければ借り換えによるメリットは得やすいですが、ローン残高や返済年数によっては削減できる費用に対して成功報酬が見合っていない可能性があります。損益分岐点をしっかり見極めましょう。

M&Aの仲介

企業M&A案件の仲介に関しては、以下のとおり対応するとしています。

  • 不動産資産管理法人の事業譲渡の場合
    コンサルティング料金:総資産×3%(税別)
  • 不動産資産管理法人以外の事業譲渡(異業種)
    コンサルティング料金:別途相談(レーマン方式に則った料金体系)

※レーマン方式とは、M&Aの取引金額などに一定の報酬率を乗じる計算方式です。下表の例のように取引金額が大きくなればなるほど、「報酬率」は低くなるという特徴があります。

<レーマン方式料率例>

報酬基準額料率
1億円以下 に該当する部分3%
1億円超 3億円以下 に該当する部分2%
3億円超に該当する部分1%

サブリース契約は注意が必要

サブリース契約とは不動産投資における家賃保証を意味します。

サブリース業者が、たとえ物件が空室だったとしても、月々の家賃を事前の取り決め通りの金額で振り込んでくれるという契約であり、不動産投資初心者にはとても親切な契約に見えることが特徴です。

しかしながら、サブリース契約にはたくさんの問題点があり、近年トラブルは急増中です。

主なトラブルは、

  • 家賃が一方的に下げられる
  • 入居者の情報が分からない
  • 逆鞘サブリースが行われるリスクがある
  • そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
  • 35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
  • 売却時に売却が下がる要因になりうる
  • 解約したくてもできない

など、色々あります。

トラブルが多いということで、消費者庁も注意喚起しています。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_011/

詳しくはこちらの記事を参照してください。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

株式会社アントレッフェンの口コミ・評判

同社の口コミ・評判について、不動産関連サイト・Googleマップ・XなどのSNS、求人サイトなどでは一切見ることができませんでした。

そこで、代表の溝口氏のFacebookをご紹介します。

(引用元:Facebook

弊社が地元の新聞に取り上げられました!

林業単体の厳しさを実感してますが、カーボンクレジット販売なども出来るようになってますので、環境問題に関心が強い企業さま、連携していきましょう!

まずは茨城県・栃木県中心の山林を取得しておりますが、相続で困っている山林あれば買取もしております。

こちらは、不動産関連のお仕事に関するコメントでした。

先週金曜に三軒茶屋の30坪の土地・建物を売却。

本日、茨城県大子町の60haの土地・山を購入。

日本山林再生株式会社(オレら)は、山の時代を創る。

これからも山情報あれば、バンバン回してください!

同氏は、日本山林再生株式会社の経営にも参画しているようです。この社名で検索してみると以下のサイトがありました。

引用元:日本山林再生株式会社公式

このなかで、同氏はCFO(財務担当役員)として紹介されていました。

引用元:日本山林再生株式会社公式

株式会社アントレッフェンについて

株式会社アントレッフェンについてまとめましたので、参考にしてください。

同社の取り扱い物件にはどのようなものがあるか?

同社は、不動産会社ではなく、不動産会社やその物件を顧客に紹介する会社で、いわゆる不動産コンサルティング会社です。

そのため、同社が扱う物件は同社が連携している不動産会社の取扱物件に依存しています。それらの物件や連携している不動産会社は未公開なため、詳細は不明です。

同社の仲介手数料はいくらか?

同社は、宅建免許を取得していないため、不動産取引の仲介業務は提供していないと考えられます。

その代わり、同社は不動産コンサルティング業を営んでいるため、利用には以下のコンサルティング料が発生します。

不動産の購入から売却(出口戦略)まで着手金 15万円(税別)

成約時 50万円(税別)

不動産投資ローンの借り換え成功報酬 30万円(税別)

仲介手数料は、これらとは別に不動産会社に対して下の表の範囲で発生します。

取引物件価格(税抜)仲介手数料の上限
400万円超取引物件価格(税抜)×3%+消費税
200万円超~400万円以下取引物件価格(税抜)×4%+消費税
200万円以下取引物件価格(税抜)×5%+消費税

仲介手数料は法律で上限が定められていて、上限を提示するのが一般的です。

マイク
マイク
個人的に、そもそも不動産投資にコンサルティングが必要なのか、という点は疑問です。不動産投資で大切なことは良い物件に出会えるかどうかですから、コンサルティングの内容などよりも、良い物件を紹介する会社と繋がることを意識したいですね。

同社は設立8年と業歴が浅いが倒産リスクはないのか?

東証一部上場会社でも倒産・破産する時代ですから、民間企業で倒産リスクがない企業など存在しないのではないでしょうか。

ただ、同社の場合、不動産仲介・媒介取引に必要な宅建業免許を取得していないため、手付金や建築の中間金などを預かる権限がありません。また、賃貸管理や建物管理業務も行えない業態です。

つまり、同社は投資対象物件とその仲介権限をもつ不動産会社を紹介し、アドバイスするのみの立場です。もし同社が倒産したとしても、同社が負う債務は道義的な紹介者責任しか残りません。

つまり、紹介された物件に関する責任は同社ではなく、売主や不動産仲介業者にあるということです。

裏返せば、同社が万一倒産しても大した影響は受けない分、同社に依存しすぎて利害関係や責任の所在を見誤ると、本質的なリスクを見失ってしまいます。これらの点には、注意してください。

サブリース契約を解除したい方へ!

サブリース契約は先述の通り、一度契約するとまさに蟻地獄。空室になることもほぼない上に、割高な管理手数料をずっと搾取され続けます。その上、賃料も下げられていく・・・。

かといって、普通の方法ではオーナーからの解約はもちろんできません。

しかし、サブリース契約が絶対に解除できないかというとそうでもありません。実は方法があります。

私も解約経験ありますし、友人のサブリース解約を手伝ったこともあります。

ちなみにサブリース契約って法律的には借地借家法によってサブリース会社が守られるため、弁護士事務所に駆け込んでも意味ないのです。。サブリース会社は法律を味方に付けてますから。。

とはいえ、そんな困ったオーナーの味方をしてくれる弁護士もいるにはいます。そういう力を借りていくことで、解約も不可能ではありません!

LINEいただけたら解約した時の話とかもできますよ。

マイク
マイク
サブリース契約は解除できます!

株式会社アントレッフェンの評判 | まとめ

株式会社アントレッフェンの企業情報、サービスの特徴、口コミ・評判について、解説しました。

同社と取引する場合は、以下の点に注意してください。

  • 同社に払うコンサルティング料以外に、仲介手数料が必要になる
  • 紹介された物件の瑕疵や不具合などの責任を同社は負わない
  • 同社が負う責任はあくまで紹介者責任までである

不動産投資は物件の立地条件や土地・建物の質で成功するか否かが決まります。

高いコンサルティング料を支払ったとしても、物件の価値が向上するわけではありません。投資は最終的には自己責任で行わなければいけませんから、くれぐれも慎重に判断しましょう。

物件の評価などで迷ったら、不動産投資歴20年以上のマイクにLINEしてくださいね。

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。