アムス・インターナショナル株式会社の口コミ・評判情報

 

老後の安心のため、豊かな生活を送るためにと、副業を始める人は増えています。なかでも不動産投資が少ない資金・少ない労力で家賃収入を得られることから、会社員の副業として人気を集めています。

最近では、物件の販売だけでなく、賃貸管理や資産運用、売却までトータルサポートする会社も増えています。ハードルが高いイメージがあった不動産投資も、知識がなくても始められる時代になり、サラリーマン大家も増加しています。ただし、どんな会社に任せるか、どんな物件を購入するかが重要な問題です。

この記事では、サブリース事業をメインに不動産を扱う「アムス・インターナショナル株式会社」について見ていきたいと思います。事業や扱う物件の特徴などから、どんな会社なのかをチェックしていきましょう。

マイク

当ブログの管理人
マイク
150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系国立大学出身の現役サラリーマン。 過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。「負けない不動産投資」がモットー。弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広い。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟不動産4棟を持つに至る。

▶詳細なプロフィールはこちら



友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

アムス・インターナショナル株式会社の会社概要

アムス・インターナショナル株式会社は、1986年にサブリースの専門会社として設立された会社です。現在は10を超えるアムスグループの中核企業として、サブリースをはじめ、不動産流通や資産運用のコンサルティングなど総合的に不動産マネジメント事業を展開しています。

東京に本社を構え、国内中心に事業展開を行っていますが、広島、シンガポールにも支社を置き、3つの拠点による不動産投資サポートを行なっているようです。

会社名

アムス・インターナショナル株式会社

設立

昭和6111

資本金

1億円

所在地

東京都豊島区東池袋1丁目1512

代表者

代表取締役会長 德原 榮輔

事業内容

サブリース事業

不動産流通事業
・土地建物の売買及び仲介
・宅地の開発及び販売
・住宅の建築及び販売
・資産運用、不動産の有効利用に関するコンサルティング業務

サービス・サポートシステム
・デューデリジェンス
・アパート・マンション・ビルの賃料保証及び総合管理
・中高層共同住宅の総合管理
・特定優良賃貸住宅の総合管理

所属団体

公益社団法人 不動産保証協会
公益社団法人 全日本不動産協会
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会

免許番号

宅地建物取引業者 :国土交通大臣(5)5882
マンション管理業者:国土交通大臣(3)033129
賃貸住宅管理業者 :国土交通大臣(1)4671
不動産特定共同事業:東京都知事第50
不動産投資顧問業 :一般不動産投資顧問業 一般-第1217
住宅宿泊管理業者 :国土交通大臣(01)F01059

E-mail

記載なし

電話番号

03-5958-0011

取引金融機関

三菱UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行/りそな銀行/東日本銀行/

会社HP

https://www.amms.co.jp/

関連会社

・アムス・エステート株式会社
・アムスなんでもリース株式会社
・アムス倶楽部株式会社
・ハウス建装株式会社
・Aライフ株式会社
・Aファンド株式会社
・株式会社 カンナリゾートヴィラ
・株式会社キョーエイキャピタル
・株式会社ETSホールディングス
・株式会社 東京管理

アムス・インターナショナル株式会社の特徴

アムス・インターナショナル株式会社のマンションブランド

アムス・インターナショナル株式会社では、プティアムス、アミティエなどのマンションシリーズを展開しています。市場環境の変化をいち早く捉え、需要が増加している低価格賃貸物件として開発を行なっています。

必要最低限の設備を備えた低価格帯のワンルームマンションや、オフィス利用など多目的に使える物件などを企画・設計しています。

アムス・インターナショナル株式会社の開発物件例

・プティアムス 石原
・プティアムス スカイツリー前
・アミティエ川崎
・アミティエ川崎Ⅱ
・アミティエ川崎Ⅲ

主要対応エリア

アムス・インターナショナル株式会社は、主に東京23区、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を主要エリアとして事業展開を行っています。

自社開発物件は、最寄り駅から徒歩10分圏内の好立地に厳選して建設されています。企業や学校、商業施設などが集中する都心にアクセスしやすい地域でもあり、賃貸需要の高いエリアに絞っていることが見て取れます。

好立地の物件は物件価格が相場よりも高くなりがちです。不動産投資では物件価格は何よりも重要なファクターですから、好立地だからといって盲目的になるのは危険です。

サブリース事業中心

アムス・インターナショナル株式会社は、1986年の創業以来、30年以上にわたってサブリース事業を中心に事業を展開してきたサブリースのパイオニア企業と言える会社です。賃貸経営におけるリスク「空室」や「滞納」を保証するサービスとして、サブリース事業を行っています。

アムス・インターナショナル株式会社が提供する保証システムは、多彩なプランに分かれており、ニーズに合わせて保証内容を選べる点が特徴的です。初心者であれば、空室状態でも家賃が保証されるプラン、慣れているオーナーであれば家賃滞納を保証してもらえるプランなど、自身の不動産投資レベルに合わせて選ぶことができます。ただし、サブリース契約については問題点も多くあります。特に家賃は全額保証されるわけではなく、そのほかのデメリットについても慎重に検討する必要があります。

サブリースの実績を活かした事業展開

アムス・インターナショナル株式会社は創業以来、不動産流通だけでなく、自社開発や証券化事業など様々な事業展開を行っています。

・不動産開発事業
投資型収益マンションの開発・企画・販売など、不動産への投資や売買、運用のコンサルティング業務

・証券化事業
不動産関連の権利を証券として発行し、債券の流動化やリスク分散をすることで、投資家に安全で安定した高利回りの投資機会を提供

上記2つの事業を中心に、サブリース事業で培ってきたノウハウをもとに、オーナーや投資家に、安全で安定したビジネスチャンスを提供できることを強みとしています。単に不動産を販売し、賃貸経営をフォローするだけにとどまらず、更なるビジネスチャンスの提供という形で顧客を集めています。

証券ビジネスに関しては、投資先のリスクを投資家が直接負担しなければならないデメリットもあるため初心者は慎重にみていく必要もあります。

グループ会社が生み出すシナジー効果

アムス・インターナショナル株式会社には、合計10社以上のグループ会社があります。アムスグループは主に「サブリース」「インフラ/建物維持管理」「サービス・観光」の3つの事業から成り立っています。グループ会社が一丸となりシナジー効果を生み出していることも、アムスグループの会社の特徴と言えるでしょう。

アムスグループの3つの事業
・サブリース事業:住環境をハード面で支える
・インフラ/建物維持管理事業:住環境を裏方より支え価値向上を計る
・サービス・観光事業:住環境をソフト面で支える

それぞれに特化したグループ会社があるため、幅広くサポートを受けることもできますが、最終的にはどんな物件を購入するかが重要なので、サポート重視で選ぶ場合でも、他社物件含めて慎重に判断することが求められます。

管理事業について

アムス・インターナショナル株式会社では、グループ会社のハウス建装、東京管理、アムス・エステートと連携し、賃貸管理事業を行っています。

賃貸借契約の代行だけでなく、物件のメンテナンス、入居・退居時のクリーニング業務や経年劣化によるリフォームプランなど、建物の維持管理にまつわる業務の一切を行っています。

賃貸借契約に関する管理業務といえば、下記が一般的です。

・入居者募集
・入居者審査
・賃貸契約締結
・更新
・家賃請求
・入金管理
・滞納催促、回収
・入居者トラブル、クレーム対応
・退去立ち会い
・退去後の修繕手配

アムスグループとしてトータルサポートが受けられるため、本業を持っている人でも賃貸経営を手間なく行うことができます。管理業務についての詳細が気になる人は、ホームページから確認するか、直接問い合わせてみると良いでしょう。

サブリース契約は注意が必要

昨今サブリース契約が不動産投資と一緒に提案されるケースが増えています。

オーナーの賃貸住宅を不動産会社が借り上げ、第三者に転貸することを「サブリース」といいます。物件や入居者の管理だけでなく、契約によっては空室状態でも家賃の保証を受けられるなどのメリットがあり、利用するオーナーも多いです。

サブリース契約は、日頃忙しい人や遠方に住んでいる人にとってはとてもありがたい内容に感じられるかもしれません。しかし問題点も多く、トラブルに発展するケースも少なくありません。過去にはマスコミに大々的に取り上げられたこともあり、消費者庁も注意喚起を行っているほどです。

主な問題点は、

・家賃が一方的に下げられる
・100%の家賃が保証されるわけではない
・入居者の情報が分からない
・逆鞘サブリースが行われるリスクがある
・そもそもオーナーの収支が悪くなるサービスである
・35年間、安定的な賃貸運営ができる保証ではない
・売却時に売却が下がる要因になりうる
・解約したくてもできない

などが挙げられます。
トラブルに巻き込まれないためには、契約内容をしっかりと把握しておく必要があります。知識を持たないまま、促されるがままに契約してしまうのは危険です。サブリースだけでなく、不動産投資全般にいえることですが、知識があればリスク回避や軽減できる可能性が高まるということを覚えておきましょう。

消費者庁によるサブリース契約に関する注意喚起はこちらから確認できます。

セカンドオピニオン必須!サブリース契約は不動産会社に有利な契約!解約も売却もできないケースも!

セミナー情報

アムス・インターナショナル株式会社のホームページ上で、セミナーに関する情報は確認できませんでした。しかしネット情報によると、過去にはセミナーを開催していたようです。今後またセミナーを開催する可能性もありますので、気になる人は定期的にホームページをチェックしてみると良いかもしれません。

アムス・インターナショナル株式会社のまとめ

アムス・インターナショナル株式会社は、サブリースをはじめ、不動産流通事業を展開してきた老舗企業です。10社を超えるグループ企業と連携し、ワンストップで資産運用をサポートしています。30年以上続く企業ということで豊富なノウハウを強みとしており。近年では海外(シンガポール)にも支社を設立し、グローバル展開も進めています。

ただし、最終的にはどんな物件を購入するかが重要なので、サポート力はもちろん、物件選びも慎重にみていく必要があります。自分自身で物件を選ぶ目を養うためにも、知識のインプットや情報収集を行うなどして、冷静に物件を選べるようにしていきましょう。

アムス・インターナショナル株式会社の物件を検討している方へ

・提案されている価格は妥当なのだろうか?
・もっと値引き交渉はできないのだろうか?
・設定家賃は適正なのか?
・契約書の内容に落とし穴はないのだろうか?
・もっと収支を上げる方法ないのだろうか?
・必要以上の保証になっていないか?
などありましたら気軽にご連絡ください。
もっとあなたのワンルームマンション投資をより良くすることができるかもしれません。

アムス・インターナショナル株式会社の物件を保有している方へ

・サブリース契約を解除できない
・購入したが不安が残る
・売却相談したが希望の価格にならない
・今保有している物件が適正価格なのか知りたい
・毎月の収支をもっと良くしたい
などありましたら気軽にご連絡ください。
まだ間に合います!管理手法や相談する業者を変えれば収支アップや希望価格での売却も可能です。

思い出してください、なぜマンション経営を始めようと思ったのですか?
あなたの勇気ある決断を放置しないでください。ワンルームマンション投資は正しい方法で行えば非常に有益な資産形成方法です。

わたしが、多少なりとも力になれることはあるかと思います。

わたしの友人のような人を1人でも無くすことがわたしの使命ですから。

友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

不動産投資でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

本記事を読んで何か気になることがあれば、私のLINEまでお気軽にご連絡ください。 LINEをしていない方はメールでも大丈夫です。