iFree S&P500インデックスとは!?特徴・実績・リスク・始め方について徹底解説!

資産運用を考えている人や、すでに投資を始めている人の中には、iFree S&P500インデックスが気になる方も多いのではないでしょうか。投資信託で資産運用を行うことを検討している方で、その中でもiFree S&P500インデックスはどのようなパフォーマンスなのか、どこで購入できるのかを調べていて、この記事に辿り着いた人もおられるかもしれません。

この記事では、iFree S&P500インデックスがどんなファンドなのか、評価はどうなのかを見ていきたいと思います。iFree S&P500インデックスはS&P500に連動するインデックスファンドです。どんな特徴があるファンドで、どのような運用実績があるのか、手数料や購入方法などを見ていきたいと思います。

当ブログの管理人
マイク

150社以上の不動産業者、管理会社を徹底的に調べ上げた理系出身の現役サラリーマン投資家です。 40代の独身男性(結婚経験は有)。過去友人が不動産会社にいいようにされたことがきっかけとなり不動産投資を開始。

調査と経験から「負けない不動産投資法」があることを導き出しました。様々な不動産の経験から弁護士、税理士、不動産鑑定士など交友関係は広いです。現在は区分マンション8戸、ファミリーマンション2戸、一棟アパート4棟を保有中。投資信託や株で1億円強を運用中。現物資産である不動産と投資信託や株などの金融商品の組み合わせることで相互補完をし、安定的な資産形成を行っています。

座右の銘は「投資は易し、恋愛は難し」。

▶詳細なプロフィールはこちら


友人がいいようにワンルームマンションを買わされた物語

iFree S&P500インデックスとは

iFree S&P500インデックスは、大和証券が扱う人気の高い「iFreeシリーズ」の1つです。その名の通り、自由度の高さをウリにしたファンドで、シリーズでいくつかのファンドが設定されています。iFree S&P500インデックスはS&P500をベンチマークとする投資信託です。

S&P500は、ニューヨーク証券取引所、ナスダックの上場株式などの銘柄で構成されており、S&P500採用銘柄は米国株式の時価総額の8割を占めています。算出開始は1957年と歴史があり、業種も分散された人気の高いインデックスファンドです。S&P500をベンチマークにするインデックスファンドは、他にも多くありますが、その中の人気の高いものがこのiFree S&P500インデックスです。

運用会社について

iFree S&P500インデックスは、大和アセットマネジメントが運用するインデックスファンドです。大和アセットマネジメントは、ご存知の方も多いかと思いますが大和証券の子会社です。

運用会社の大和アセットマネジメントは、丸の内にあるグラントウキョウノースタワーにオフィスを構えています。JR東京駅八重洲方面から駅直結の立地にあり、丸の内線東京駅、東西線大手町駅とも地下から直結しているとても立地の良い一等地です。

大きなオフィスビルなので、セキュリティ面も全く問題なく、その辺りは大手が運用するファンドとしての安心感があります。大手が運用する場合はこうしたところの心配はありませんが、中にはバーチャルオフィスが所在地の怪しい会社もあるので、投資する際にはしっかりチェックするようにしましょう。

iFree S&P500インデックスの特徴

ファンドマネージャーの実績

投資信託はどのよう会社が運用しているのか、その会社のファンドマネージャーはどんな人なのかをチェックしておくことが大切です。

iFree S&P500インデックスの運用会社、大和アセットマネジメントの代表松下浩一氏は、慶應義塾大学卒、1984年大和証券入社、入社後様々な部署を経て今の代表のポジションに就いているようです。入社から代表まで上り詰めた経歴からも、優秀な人物であることが伺えます。

松下浩一
ファンドマネージャー 松下浩一氏

大和アセットマネジメントの公式HPから運用担当者を確認してみると、担当部署はベータ・ソリューション運用部との記載があります。2021年10月29日時点では、ファンドマネージャーは2009年4月入社、運用経験11年以上の人物が担当していることも記載されています。大手運用会社では、しっかり経験を積んだ人物がファンドマネージャーとして担当することが多く、経験、実績の面で特筆する不安要素はありません。

利回り、配当について

期間

騰落率

S&P500指数

1ヶ月

-7.1

-7.2

3ヶ月

-1.8

-2.1

6ヶ月

+6.2

+5.7

1

+30.5

+29.3

3

+82.0

+75.1

設定来

+99.0

+88.5

(2022年1月末時点)

2022年1月末時点での、運用実績は上記の通りです。比較対象として、S&P500指数の同期間の数字と比べてみるとわかりやすいと思います。

ここでの騰落率は分配金再投資基準価格を基に算出、年率換算ではないことにご注意ください。短いスパンで見るとマイナスですが、直近1年、3年で見ると大きなリターンが得られる結果となっています。2021年の米国株の好調に支えられた結果と言えます。設定来で見ても、年平均9%程度成長しており、今後も右肩上がりで伸びていくことが期待されています。

構成、組み入れ銘柄について

投資信託は、目論見書や月次レポートを見ることで、どのような銘柄に投資しているのかという中身を見ることができます。資産構成や組み入れ銘柄は必ずチェックするようにしましょう。

iFree S&P500インデックスの月次レポートから、組入銘柄を見ていきます。上位10銘柄では、アップル、マイクロソフトなどのアメリカを代表するIT企業の名前があることがわかります。

ISHARES CORE S&P500 ETFという銘柄やS&P500 EMINI FUT 202203といった先物も組み込まれています。基本はS&P500指数に連動するように、資産配分を変えながら投資していくインデックスファンドです。

純資産総額

iFree S&P500インデックスの2022年1月31日時点の純資産総額は451億円と、平均的なファンドよりも規模の大きい、人気の高いインデックスファンドであることがわかります。もちろん規模が大きいファンドであれば必ず安心というわけではないのですが、多くの投資家が投資していることは、ファンド選びの際の1つの指標として考えることができます。

例えば、同じS&P500に連動する人気ファンドとして、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は1月末時点での純資産9376億円、SBI・V・S&P500インデックスファンドは4508億円です。その点ではまだまだこれからとも言えますが、全体的にS&P500に連動するインデックスファンドの人気が高く、2022年も米国株の成長に期待する投資家は多く、ファンド選びにおいても最優先でチェックするファンドの1つと言えるでしょう。

iFree S&P500インデックスの投資額や手数料などについて

最低投資額

iFree S&P500インデックスの最低投資額は100円以上からとなっています。100円以上、1円単位から購入することが可能で、スポット購入や積立購入ができます。

これから投資を始める人にとっても、少額から始められる点は安心材料になるでしょう。利益重視のヘッジファンドや私募ファンドなどでは、大きな投資額が費用になることもあります。いきなり1000万円以上の投資は怖いと感じる人も多いはずなので、まずはこうした少額から始められるものを選択するようにしてみてください。

手数料

投資信託の手数料は、大きく分けて3種類あります。

  • 購入時手数料
  • 信託報酬(運用管理費用)
  • 解約手数料(信託財産保留額)

投資信託を選ぶ際は、パフォーマンスに加えて、手数料の料率も見ておく必要があります。手数料が高いものを選ぶと、利益が残らないからです。iFree S&P500インデックスの手数料は、投資信託全体と比較してどうかを見ていきたいと思います。

購入時手数料

購入時手数料:無料

購入時手数料のかからない投資信託をノーロードと呼びます。iFree S&P500インデックスは、販売会社ごとに販売手数料を設定することができますが、どの販売店でも購入手数料を取っていないのでノーロードの投資信託と言えます。

最近はノーロードの投資信託も増えていますが、購入時に手数料がかかるようだと、実質の投資効率が悪くなってしまいます。購入する際は、購入手数料がかかるのかどうか、かかるとしたらどのぐらいなのかをチェックしておくようにしましょう。

信託報酬

配分先

配分

委託会社

0.012

販売会社

0.08

受託会社

0.025

投資信託の保有では、運用管理費用と呼ばれる信託報酬を負担する必要があります。投資信託を持つための手数料というイメージですね。iFree S&P500インデックスの信託報酬は、上記表の通りです。

税抜表記になりますが、税込で0.2475%となっています。ファンドの信託報酬は、基本的に毎日計上され、毎計算期間の6ヶ月終了時、毎決算期末、信託終了時に、ファンドから支払われる仕組みとなっています。ファンド側で計算して徴収される形なので、投資家が後から払う形ではないことも知っておきましょう。

参考として、S&P500指数に連動する他の人気インデックスファンドとの比較も載せておきます。比較するとわかりますが、同様のファンドと比べて信託報酬は高めになっていることがわかります。信託報酬は、同様の商品が増えると引き下げるところも出てきます。ただしどこまで下がるかは未知数なので過度な期待は禁物です。

ファンド

信託報酬

iFree S&P500インデックス

0.2475

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

0.0968

SBIVS&P500

0.0938

解約手数料(信託財産保留額)

解約手数料(信託財産保留額):無料

信託財産保留額は、解約手数料、換金手数料と考えるとわかりやすいかもしれません。投資信託によっては、手数料がかかるものもあります。1%以下であっても、投資金額が大きな場合は、それなりの手数料がかかることになります。

長期で持っておくスタイルの投資をされる場合は大きな影響はないかもしれませんが、短期で売買する投資を行う場合は、ここで手数料がかかるようなファンドだと投資効率が悪くなるので必ずチェックしておくようにしましょう。

その他の手数料など

上記で挙げたものが、代表的な手数料の種類ですが、投資信託の保有、購入にはそのほかにも様々な費用がかかります。

その他の代表的な費用、手数料には以下があります。

  • 監査法人に支払われるファンドの監査費用
  • 法定書類(目論見書、運用報告書等)の作成・印刷・交付にかかる費用
  • 外貨建資産の保管に要する費用
  • 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料
  • 信託事務の処理に要する諸費用

その他の費⽤、手数料は、運用時期、運用状況で変わります。一概にこれだけかかります、と料率が決まっているわけではないのでチェックが必要です。

こうした費用は、決算期ごとに運用報告書を見て確認できます。ちなみにiFree S&P500インデックスの前期のその他費用は0.018%となっています。

税金について

投資を行う際必ず考えておかないといけないのが「税金」です。知識があるかどうかで残るお金が大きく変わります。例えば、個人で投資するのか、法人で投資するのかでも税率は変わります。どのようにすればお金が多く残せるのかは、税理士に相談する必要も出てきます。

個人で投資を行う場合は、税制優遇制度の活用も大切です。iFree S&P500インデックスはつみたてNISAでの購入もできます。年間20万円以下の利益を除き、確定申告を行うことも考え、うまくお金を残すようにしておきましょう。

投資信託などの投資への課税は以下のように行われます。

  1. 分配時:配当所得として、普通分配金に対して20.315%の課税
  2. 換金(解約)時及び償還時:譲渡所得として、換金時及び償還時の差益に対して20.315%の課税

投資信託への投資を行い、換金時に利益が出た場合は、利益に対して20.315%の税金がかかるということです。課税対象になる場合でも、使う口座で確定申告の有無が変わります。

口座を開設した金融機関が損益計算をしてくれて、利益がある場合には源泉徴収もしてくれます。原則として確定申告不要ですが、年度をまたいでの繰越控除や複数口座の損益通算など、状況によって確定申告をしたほうが得になる場合があります。
開設した特定口座内にある投資信託については損益を通算した上で、確定申告に必要な書類を作成してくれます。なので確定申告は自分自身でする必要があります。
損益の計算を自身でして、確定申告もする必要があります。

お勧めは、特定口座(源泉徴収あり)を使うようにすることです。確定申告が原則必要なく、源泉徴収などの手間も最低限で済みます。NISAの範囲の場合はその枠を使い、そうじゃない場合は特定口座(源泉徴収あり)を使うようにすることをお勧めします。

破綻リスク

投資信託は基本的に元本保証ではないので、破綻時のリスクも考えておく必要があります。投資信託は投資した資金が分別管理することが法律で定められています。ですので、破綻して資金を失うことについては心配する必要はありません。

iFreeシリーズにおいては、こうした破綻リスクはかなり低いと言えそうです。ただし、損失が出ることはあります。これは運用次第と言えるわけですが、必ずしも利益が出るものではありません。分別管理によって投資したお金は守られることになりますが、運用次第で失う可能性があることは理解しておく必要があります。

iFree S&P500インデックスの始め方

iFree S&P500インデックスへの投資を始める場合は、まず取り扱い金融機関を探して、そこから購入する必要があります。iFree S&P500インデックスは多くの金融機関で取り扱いがあるので、購入しやすいでしょう。

地銀などでも扱っているので、地方の方でも購入しやすく、大手では楽天証券、SBI証券などの主要なネット証券会社でも購入できます。まずはこうした大手ネット証券で口座開設して購入することをお勧めします。扱う金融機関が多いため、ご自身が利用やすいところで購入する形でも大丈夫です。

換金、解約時

iFree S&P500インデックスの換金は、15時が締め切り時間となっています。15時をすぎると翌日扱いになるので注意しましょう。

なお、受渡日は申込受付日から起算して5営業日目となっています。換金を行う際には、信託財産留保額のロックアップ期間の有無を確認しておきましょう。iFree S&P500インデックスはロックアップ(購入したあとに換金できない)期間がありません。売買しやすい投資信託と言えますが、どの投資信託を購入する時でも、税金、換金についてはしっかり確認しておきましょう。

iFree S&P500インデックスのまとめ

S&P500指数に連動するiFree S&P500インデックスは、大和アセットマネジメントの人気シリーズとなるファンドの1つです。昨今信託報酬の低いファンドも増えているので、その点においてはイマイチですが、扱う金融機関が多く、売買しやすい手軽さがあります。

特に2021年以降、アメリカ株式が好調で、S&P500の人気が高まっています。S&P500指数に連動するインデックスファンドは他にも多数あるので、しっかり比較するなどして、調べるようにしましょう。

多くの資産を運用する場合や、大きなリターンを狙う場合には、他のファンドも比較検討するなどしていく必要があります。国内にはさまざまなファンドがあり、目的や運用額によってもどのファンドに投資すべきかが変わります。優秀なファンドに投資できるよう、知識を身につけていきましょう。