【2022年最新版】1億円あったら何に投資する?投資歴15年以上の投資家厳選の資産運用先15選

あなたが1億円の資産を持っているとしたら、どのような資産運用を行うでしょうか。金融機関に相談すると、様々な投資商品を勧めてくれると思いますが、そうやって勧められる商品はイマイチ良さそうなものがないと感じる人も多いかもしれません。

特に金利に関しては、1億円を運用するとなると、やはりそれなりのリターンを期待したいところです。

ある程度リターンが得られる資産運用先を見つけることができれば、投資のリターンだけで生活していくことも可能になります。1億円を運用して10%のリターンを得ることができれば、年間1000万円の利益を何もせずに得ることができます。

一方、うまくいけばそうした不労所得で生活していくこともできますが、うまくいかなければ資産を減らしてしまうことになります。どこに投資するか、どんな資産運用を行うかがとても重要になるわけですが、私はこれまで投資歴が15年以上あり、様々な資産運用を行ってきました。そこから運用先を厳選することで、今は年利5%以上の配当が得られるようになり、1年間に得られる配当だけで一般的な会社員レベルの収入を得られるようになっています。

もちろん、数多くの失敗もしてきました。私はこれまで数多くの投資を行なってきましたが、その経験から、お勧めできるものとお勧めできないものがわかるようになりました。

この記事では、私が投資してきた経験をもとに、1億円を資産運用する場合のお勧めの資産運用先をご紹介します。

1億円を減らさないために知っておくべきインフレ率について

本題に入る前に、まず大切な資産を守るための話もしておきたいと思います。この考え方が抜けてしまうと、投資で増やす以前に、大切な資産を減らし続けることになってしまうからです。

1億円を持っていてもただ銀行に預けているだけでは損することを知っていますでしょうか? 銀行の定期預金の金利は0.01%程度ですが、毎年2%のインフレが起きているからです。つまり、1億円預けているだけだと、実質200万円減ってしまうということになります。

投資するなら絶対に知っておくべき「インフレ」とは

ニュースなどで「インフレ」という言葉を聞いたことがあると思いますし、すでに投資をしている人であれば、その意味も十分理解されていることだと思います。

インフレとは、インフレーションの略で、物の値段が上がり、お金の価値が下がることを言います。給与は減るばかりなのに、物価は上がり続ける今の時代は、インフレの時代とも言えます。

インフレ率とは、年間どのぐらいのインフレかを示す数値ですが、年間2%インフレを起こした場合は、1億円を銀行に預けるだけでは、実質的に資産は減ってしまうことになります。2%以上の利回りで運用しなければ通貨価値の低下に負けてしまうからですね。

つまり、10年後、20年後をみていくと、資産がどんどん減り続けることがわかります。20年後には6800万と40%弱も減ってしまいます。インフレで資産はこれだけ減り続けるのに、銀行に預けていても資産は一向に増えません。20年経っても、利息は15万9300円にしかならないのです。

銀行に預ける=金利でお金が増える、そう考える人も多いかもしれませんが、実際はインフレによって実質的な資産は目減りしてしまうことをまずは理解しておく必要があります。

特に昨今は物価の上昇や円安によって生活費がどんどん上昇しています。恐ろしい世の中です。

インフレをカバーできる利回りの資産運用を行う

インフレによって資産が目減りすることを理解した上で、改めて資産運用を考えてみると、インフレ率よりも高い利回りで資産を運用しないとお金は増えていかない、ということがわかります。

インフレ率が2%であれば、それ以上の利回りが必要です。利回り3%だとインフレ率を上回りますが、手数料や税金を考えていくと、これぐらいだとほとんど利益は残りません。利回りは運用資金からも考えていく必要がありますが、1億円を運用することを考えると、利回りは年利5%程度は欲しいところです。これ以上を目指しますとハイリスクなものに傾倒してしまうため全財産を失いかねません。欲張りはやめましょう!

このように、資産運用は「利回り」だけでなく「インフレ」についても正しく理解しておかなければ、増えているつもりが目減りしていたということになりかねません。

資産1億円を賢く運用するための4つのポイント

インフレを理解した上で、次に資産1億円という資産を運用する際に、賢く運用するためのポイントをお話ししていきたいと思います。私が資産運用を行う中で、とても大事にしている4つの考え方のポイントがあります。

この4つはどれが欠けてもダメで、全て常識的なことではあるのですが、正しく理解して行動できている人が少ないポイントでもあります。資産を増やすことはもちろん、無駄に失わないようにするためにも、この4つのポイントをしっかりと覚えておくことをお勧めします。

  1. ギャンブルではない「投資」を行うようにする
  2. 営業マンの話に惑わされないようにする
  3. 元本保証に踊らされない
  4. 分散投資を行う

それぞれのポイントを詳しくみていきましょう。

1:ギャンブルではない「投資」を行うようにする

資産運用を始めて資産を増やそうと考える人の中には、投資を始めたはずなのに、気がつけばそれがギャンブルになってしまうことがあります。これはよく「投資」と「投機」の違いというテーマで語られる話です。

投資とは、資産を運用することで着実にリターンが得られるもののことを言います。一方、投機は投資と違い、未来の予測が困難でリターンが読めないもののことを言います。投資は利益を見込んで行うものですが、投機は利益が得られるかどうかがわからないものです。

例えば、株式投資を行う場合でも、しっかり知識を得て利益が得られる見込みがあると判断したものに投資するのは「投資」です。一方で、内容もよくわからず、直感で投資したりするのは投機、ギャンブルです。

多くの人は「自分は投資している」と思い込んでいるのが実情で、実態は「ただの投機に過ぎない」ということが多くあります。

2:営業マンの話に惑わされないようにする

資産運用を始めようとする場合、多くのケースでは銀行や証券会社などの担当者に運用の相談を行うことになります。どのような商品にどう投資すればいいかを営業担当に相談すると、お勧めの商品などを紹介してくれますが、この時には、営業マンの話を鵜呑みにしないことが大切です。営業マンに勧められて投資先を決めるのではなく、最終的な判断は自分自身でできるようになる必要があります。

なぜなら、営業マンは必ずしもあなたの資産を増やすための最善の提案をしてくれるわけではないからです。営業マンは「投資家が儲かる商品」を勧めるよりも、「自分が売りたい商品」を勧めてくることがほとんどです。理由は、リスクの高い商品ほど、営業マンに入る紹介料が高いからです。

私の知り合いの営業マンに話を聞いたのですが、営業成績の兼ね合いもあり、時にこうしたリスクの高い商品を勧めることもあるようです。それを知識のない素人が鵜呑みにして投資するほど怖いことはないですよね。

投資先を選ぶ際は、必ず自分自身で判断できるようになりましょう。営業マンの話を鵜呑みにしてしまうと、大切な資産を目減りさせてしまう原因になってしまうかもしれません。

3:元本保証に踊らされない

資産運用先を考える中で「元本保証」という言葉を見ることがあると思います。元本が保証されるということは損をしないことでもあるので、魅力的な条件に思えますが、結論としてはこの言葉に踊らされないようにすることが大切です。

理由は、元本保証だと資産は増えていかないことがほとんどだからです。例えば銀行預金や日本国債などが元本保証の代表的なものになります。元本は保証されていても、それぞれ利回りは0.01%0.05%です。安心感はあるとしても、1億円を運用して年間1~5万円程度しか増えないとしたら、1億の資産を運用することを考えるとあまりに非効率です。

ハイリスク・ハイリターンを求めるのも危険ですが、あまりにもローリスクにこだわると、利益を得る機会を逃してしまいます。リスクはできるだけ低いものを選びつつ、リスクとリターンのバランスを考えながら選択していくことが大事です。

逆に高利回り(年利5%以上)商品で元本保証をしているものがあればほとんどが詐欺に近いでしょう。

4:分散投資を行う

資産運用で大事なのはもちろん資産を増やすことですが、それ以上に大事なのは減らさないことです。そのために必要になるのが「分散投資」の考え方を持つことです。

なぜなら、優秀な投資先を見つけても、そこに資産を集中させてしまうと、その投資先のパファーマンスが落ちた場合に、一気に資産を失ってしまうことがあるからです。

投資の世界には「卵は1つのカゴに盛るな」という格言があります。1つのカゴに全部入れていると、それを落とした時に全部割れてしまうからですね。いくつかのカゴに分散させておくと、万が一の際のリスクを下げることができます。

もちろん分散投資を考える場合も、ただ投資先を増やせばいいわけではありません。しっかりパフォーマンスの良いものを選んで、かつ自身で管理できる範囲で投資を行う必要があります。

私も分散投資を常に心がけていますが、時には勢いのある投資先で多くの資産を動かすなどして、タイミングを見ながらメリハリをつけて運用しています。基本は分散投資、時流を見ながらメリハリつけて運用するなどしていくことが、効率的な資産運用といえるでしょう。

 

資産1億円の運用先を選択する際の「3つの基準」

大切な資産を減らさないための考え方についてお伝えしてきましたが、最終的にはどのような運用先を選ぶかが重要なポイントになります。そこでここからは、資産1億円の運用を考える際の、運用先の選択基準を3つお話しします。

  1. 利回りがインフレ率よりも高い投資先を選択すること
  2. できるだけリスクの低い投資先を選ぶこと
  3. なるべく手間がかからない投資先を選ぶこと

この3つは、私が資産1億円を運用する際の必須の基準となります。言い換えれば、この3つの基準に当てはまらないものは、投資先として選択しないということです。

下手な投資先を選んでしまって無駄に資産を失わないようにするためにも、ぜひこの3つの基準を参考にしてみてください。それぞれのポイントをもう少し詳しくお話ししていきたいと思います。

1:利回りがインフレ率よりも高い投資先を選択すること

この記事の最初でもお話ししましたが、利回りがインフレ率より低いと、資産が増えるどころから結果的には目減りすることになります。投資先を選ぶ際には、利回りがインフレ率よりも高い投資先を選択することが大切です。

利回り5%程度を目指すわけですから、安全性が高い利回りの低い商品(例えば都心部の不動産)とリスクはあるが高利回りの商品(例えばアクティブな投資信託)を組み合わせて5%を目指します。

2:できるだけリスクの低い投資先を選ぶこと

リスクと聞くと怖い印象を受けるかもしれませんが、資産運用のリスクはある程度コントロールすることができます。知識を持って、正しく選択し投資することで、リスクを許容できるようになるわけですね。

その際には、以下の3つのポイントをしっかりと見ていくようにしましょう。

リスクヘッジできるか?

どんなリスクがあるのか、そのことをまずは把握する必要があります。どんなリスクがあるのかが分かれば、対策できるからです。例えば、勢いのある金融商品があったとしても、運営元の実績が浅く、会社として不安が残るようであれば、そうした投資先は見送る、もしくは投資する場合でも少額にする、という選択を取れます。これがリスクヘッジです。

リスクと言っても、倒産リスク、下落リスクなど様々なものがあるので、まずはどんなリスクがあるのかをしっかりみていくようにしましょう。

実績の確認

投資先の運用実績もしっかり確認しておきましょう。当然ですが、運用実績のないものは、実際どうなるかわかりません。そのようなものに投資する行為は投棄でしかありません。

運用実績があれば、例えば長期的な運用だとどうか、パフォーマンスが落ちた時の対応はどうかなどもみていくことができるので、ある程度判断がつきやすくなりますよね。ギャンブル的な投資にならないようにするためにも、実績のあるものを選びましょう。

運用会社の信頼性を見る

ニュースなどでもよく目にする「投資詐欺」などは、運用先が怪しい会社の案件がほとんどです。つまり、運用会社の信頼性をしっかりみておくことで、こうしたリスクを回避できます。

例えば会社の所在地や連絡先は正しいか、実際に電話してみたり、会社があるかを自分の目で確認するなどして、ちゃんとした運用会社なのか確認することもできますよね。

3:なるべく手間がかからない投資先を選ぶこと

資産運用を行う上で「手間」を考えることはとても重要です。なぜなら、忙しい私のようなサラリーマンだと、手間がかかる投資は続かないからです。例えばよくあるのが、FXなどの投資で24時間チャートと睨めっこするようなスタイルの投資です。労働集約型の投資だと、自分が動けなくなると資産運用も止まります。とてもリスクの高い投資と言えます。

私は長く資産運用を行なってきましたが、最終的な結論としては、自分が動くより「ほったらかしで資産が増える投資先」こそが最も効率的で、最もリスクの低い投資になることを感じています。長く資産運用を続けるのであれば、手間のない投資を行うことを意識してください。

手間を掛けるなら本業のサラリーマンで出世を目指したり、残業したほうが良いかもしれません。

資産1億円を運用する!投資先15種類の徹底比較

ここからは、私が資産運用を続ける中、様々な投資先に投資してきた経験を元に、おすすめの投資先を15種類ご紹介します。

ここまでお話ししてきた「リスク」「手間」「利回り」といった視点から、資産1億円を運用する投資先としてお勧めなもの、そうじゃないないものを、ランキング形式でご紹介します。

種類利回りリスク手間おすすめ度
区分不動産投資(都心部)

3~∞%

かからない

9/10
投資信託

インデックス型

-10~10%

やや低

少しかかる

8/10
投資信託

アクティブ型

-20~20%

少しかかる

8/10
変額保険

0~15%

低い

かからない

7.5/10
ロボアドバイザー

-10~8%

少しかかる

7/10
ETF

(上場投資信託)

-10~10%

やや低

×

かかる

7/10
社債

0~5%

低い

×

かかる

7/10
REIT

(不動産投資信託)

-20~20%

×

かかる

6.5/10
一棟不動産

5~20%

少しかかる

6/10
米国債権

0~2%

低い

かからない

6/10
株式投資

-100~∞%

×

高い

×

かかる

5/10
戸建て投資

-100~∞%

×

高い

×

かかる

3/10
FX

-100~∞%

×

高い

×

かかる

2/10
国債×

0.05%

低い

かからない

2/10
仮想通貨

-100~∞%

×

高い

×

かかる

2/10

資産1億円の運用のためのお勧め投資先ベスト3

15種類の投資先をご紹介しましたが、その中でも特にお勧めの投資先トップ3をランキング形式でご紹介したいと思います。

第1位 区分不動産投資(都心部)

利回り3~∞%
リスク
手間かからない
おすすめ度9/10

都心部の区分マンションに投資する方法です。マンションのオーナーになって他人に貸して家賃を得る方法です。

区分不動産のメリット、デメリット

主なメリットは、

  • 実物があり安定している
  • 毎月家賃が得られる
  • インフレに連動
  • 節税効果もある

などがあります。やはり一番の魅力は安定です。実物があるため急激な物価変動や社会情勢などでも紙切れになることがありません。インフレ対応しながら確実にお金を生んでくれます。

デメリットは以下です。

  • 利回りが低い
  • 悪徳業者がいる

手堅い投資先であるがゆえに利回りは低い傾向になります。が、実際に売却となると利回りでいうと数百%なんてこともよくあるくらい利益が出ます。しかしながら良い物件を見てけてくれて、育ててくれる良い不動産業者を見つけることが簡単ではないことはデメリットとなります。

良い業者を見つけることができれば効率的に資産を増やすことができる一方で、その業者選びが簡単ではありません。ポイントは成功者から聞くことです。ただし、良い業者が見つかれば、資産1億円を効率的に増やせる投資先になり得ることは大きな魅力です。

第2位 投資信託(インデックス型)

利回り-10~10%
リスクやや低
手間少しかかる
おすすめ度8/10

投資信託は、パッケージ化された株や債券などをファンドマネージャーが運用し、購入時より高くなった場合に売却して利益を得る仕組みです。売却益の他に、ファンドごとに配当などが出ることもあります。

投資信託には、

  • アクティブ型
  • インデックス型

の2つの種類があります。

アクティブ型はその名の通りアクティブに攻める形の運用で、インデックス型は市場の値動きに連動する運用を行います。どのようなものを選ぶかが重要で、投資信託ごとに手数料が変わってくることもあるので、その点も含めてどの投資信託を選ぶかを決めていかなくてはなりません。

投資信託(インデックス型)のメリット、デメリット

投資信託のメリットは

  • 安定した運用
  • 手数料が安い

ということがあります。アクティブ型に比べて、とにかく手数料が安く、利益が出た場合の実入りが大きくなることは大きな魅力です。資産1億円を運用する場合は、手数料が0.1%でも変わると大きな差になるので注意が必要です。

また、インデックス型のメリットは、ベンチマークに合わせて動くことから、安定した運用がしやすいことになります。値下がりがあっても、その後持ち直すことが多いからです。短期的な下落はあっても、長期的にみるとプラスになることが多いので、資産1億円を運用する上ではとても相性が良い投資先と言えるでしょう。

一方でデメリットは、

  • 大きなリターンは期待できない
  • 世界経済の動向に影響を受ける

ということがあります。

ベンチマークに合わせて動くため、安定しやすい反面、大きなリターンは望めません。資産1億円を運用するのであれば、短期的な大きなリターンを狙うより、長期的な利益を安定して狙うのが良いでしょう。少しづつでも増やしていきたい人であれば、インデックス型の投資信託を選択することはお勧めです。

第3位 投資信託(アクティブ型)

利回り-20~20%
リスク
手間少しかかる
おすすめ度8/10

第2位のインデックス型に対して、よりアクティブにリターンを狙いたい人向けなのがこのアクティブ型の投資信託です。

アクティブ型の投資信託のメリットは、

  • 高いリターンが得られる可能性
  • 個人口座なので資産が守れる

ということがあります。

アクティブ型の運用では、景気や世界情勢に左右されないように、ファンドマネージャーがアクティブに攻めた運用を行います。もちろんファンドごとにパフォーマンスは変わりますが、成績の良いファンドの場合だと、年利10~20%の配当を得られることもあります。

また、アクティブ型では資金を個人口座で管理するので、投資したファンドが倒産した場合でも口座にあるお金は守られることになります。

デメリットは、

  • 手数料が高いこと
  • ファンド選びが難しいこと

があります。

高いリターンを狙える反面、手数料は高くなります。インデックスファンドはベンチマークに連動する形で手間なく運用するのに対して、アクティブ型のファンドは、ファンドマネージャーが手間をかけて運用するため、どうしても手数料が高くなってしまうのです。

また、優秀なファンドマネージャーでも勝率は2割程度と言われることもあるほど、優秀なファンドを見つけることも簡単ではありません。良いファンドを選ぶことができれば、アクティブに資産を増やすことができますが、優秀なファンド選びは簡単ではないことを理解しておく必要があります。

資産1億円を運用する場合の投資先まとめ

資産運用でうまくいくか、失敗するかは、投資先選びがとても重要になります。その上で、この記事でご紹介しました、資産運用に必要な4つのポイントと、投資先の選び方の3つのポイントを参考にしてみてください。

資産1億円を投資するとなると、銀行などの金融機関から特別な投資先をお勧めされることもありますが、それらを鵜呑みにするのはとても危険です。金融機関は、あなたの資金を自社で運用してもらうことを目的として考えているだけなので、紹介してくれた案件が必ず利益につながるわけではないことをしっかり理解しておく必要があります。

特に営業マンが勧めてくる案件は売りたい商品であって、投資家にとって良い商品とは限りません。中には珍しいニッチな投資案件を持ち掛けてくるケースもあるかと思いますが、そういう案件は信頼性が低いものばかりです。

今回のランキングでもトップ3としてご紹介したものは王道なものばかりですが、最終的に結果を求めるとなると、そういう王道なものが最善になることを私はこれまでの投資経験から学びました。

知識不足や営業マンの話を鵜呑みにするのは、投資で失敗する人に共通する特徴です。しっかり知識を身につけ、最終的な判断は自分自身で行えるレベルで知識を身につけていくようにしましょう。